短編



一度、手放した手は掴むものを見失いさまよい


最後は掴めないまま間違いを犯し続ける


何時になったらこの思いは救われる?





表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ