オリジ小説

きっと君なら
気付くだろう

この大空の下で
僕らは生きている

何気なく過ごす時さえ
幸せに感じることも…

その笑みが誰かの癒しに
なることも…

どんなにちっぽけな
ことだろう?

それでも

それはとても大きな事なんだ。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ