三月

□歯車
1ページ/21ページ

きっかけは、ささいな出来事から。


学校の昼休み、一角はいつものように屋上で昼寝をしていた。

学校はかったるいという理由で授業も特に受ける気もなく、特に進学も決まっているわけでもなく、先生からはもう問題児(児?)として見放されていた。

「眠ぃ…」
もうすぐ授業が始まるが、やはりやる気が無かったのでまた寝直そうと目を閉じた。

すぐあとに

―ガッ!

と勢いよく足に何かがぶつかった。

―ドテッ!ゴロゴロゴロガッシャァァァン!!
「痛ぁっ!」
誰かがつまづいたのはいいとして、どれだけすごい転び方をすればここまでいくのだろう…。

目を開けて誰かが転んだ方をみるとその姿はなく、はるか遠くにはぶつかった物の跡が見えた。

その中から足発見。

恐る恐る近寄って見ると騒音の犯人が現れた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ