KOOKV

□初体験
8ページ/9ページ

『ヒョン、入れますよ、力抜いてください』

「ん……はぁっ」

やっぱり苦しいし痛い。

『ヒョン、大丈夫ですか?ごめんなさい、苦しいですよね、やっぱり…』

「だめ、やめないで!だい、じょうぶだから…!」

グガを受け入れるって決めたから。

『……ヒョン、痛かったら無理しないで言ってくださいね』

「うん、」

ゆっくりと中に埋め込まれるグガのモノ。

『半分入りましたよ』

「はぁ、くるしっ、ちょっとまって」

待ってくれているグガも苦しそうな顔をしていた。

「慣れてきた、かも、」

指では届かないところに入ってきた。腸壁を擦られる感覚に息をするのも忘れていた。

『息吸って』

「は、はぁ、んっ、は、ふぅ」

グガは萎えきっている僕のモノに再び刺激を与える。

「どっちも、はだめ、も、くるしぃ、入らない」

『あと少しだから、』

腰を掴んで最後にグイっと捩じ込まれた。やっと全部入ったみたい。今更だけどグガのモノはすごく大きい。初めてで入ったのが奇跡だ。

『大丈夫ですか、ヒョン?』

「んっ、うん…大丈、夫だよ」

さっきのイイところを熱くて太いモノで押し潰される。

「あん、あ、やぁ、ん、グガぁ」

思わず締め付けてしまい、余計に快感が強くなる。僕が締め付けるタイミングでグガが肉棒を引き抜く。その感覚にゾッとして鳥肌が立つ。
また怖くなってグガに手を伸ばすとグガは優しく抱き上げて自分の上に乗せてくれた。対面座位という体勢だからグガのかっこいい顔がよく見える。僕の体重でグガのモノが奥まで食い込んでお互いに余裕がなくなる。

「ひっ、お、おくに、んあっ、あたってる」

最奥をガンガンと突き上げられ、内蔵が揺さぶられる感覚さえも快感に変わってきている。グガはまた大きくなった僕のモノを扱く。意識が遠のく程感じてしまい、どうしたらいいのか分からなくなってきた。

(こんな気持ちいの知らない、気持ちよすぎて怖い、僕どうなっちゃうんだろう。)

もうとっくに限界を超えているのにそれでもまだ快感を与え続けられる。どう足掻いても逃れられなくて苦しい。

「ひっ、あ、ぁん」

『なに?気持ちよすぎて泣いてるんですか?笑』

「お、おね、がい、、おく、やめて」

『なんで?こんなに感じてるくせに』

「あっ、もうむり!こわい、ん、こわいよぉ…」

泣きながらグガにしがみつく。それでもまだ突き上げられ、その間も僕自身への愛撫は止めない。

『そろそろ出るから、抜きますよ』

「やぁだ、中に、中にだして、」

『だめです、、!あとでお腹痛くなるかもしれないし』

「いいから、あっ、おねがいグガ…!」

『そんなに誘って…どうなっても知りませんよ』

「んっ、いいの、グガのやつ、全部ちょうだい」

グガの目の色が変わった。

「んあぁぁぁああ」

思わず仰け反る。一番強い快楽の波が押し寄せてきて、その衝撃で意識を手放した。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ