神をも狂わすもの

□7. 心を蝕む何か
2ページ/2ページ


____シャリ...シャリ...

転がる林檎の芯は増えていく。

「随分と俺の林檎を食ってくれたな」

「遅いエネル!!どこ行ってたの!!」

私はドアの前に立つエネルに駆け寄った。

「どうしたんだキルラ、待っていたのか?」

「え、いや...そんなんじゃない」

確かに、こんな発言をしたら待っていたみたいじゃない...!!
何やってるの私...

私がエネルから離れようとすると、エネルは腕を掴んだ。

「可愛がって欲しかったんじゃないのか?」

「そんなこと思ってない!!///」

私はエネルの手を振り払い、距離を置いた。

「そう離れるな」

「だって...」

エネルは私に歩み寄る。私は退くがすぐに背中が壁に当たってしまった。私は壁に追い込まれ、エネルから逃げられなくなる。

エネルは私の手から食べかけの林檎を取ると一口かじった。

私の...食べかけ...

エネルは私に見せ付けるように私のかじった林檎を舐める。

何この感じ...

「エネル...やめて...」

「こうやって舐められたいんじゃないのか?」

「ち、ちが...っ」

なんてこと言うのよ...!!でも、どうして...はっきり否定の言葉を言えない。

「ひゃぁっ!!」

エネルは私の首に触れると、顔を近づけ首筋に沿って舐め始めた。

「やはり抵抗しない...されたかったのだろう?」

私は何も答えられなかった。エネルは意地悪だ...
心臓がうるさい。

「エネルっ...ゃぁんっ...」

私は堪えたがやっぱり声が出てしまう...
足の力が抜け、エネルの方に倒れると私を抱きしめた。

...何だか...嫌じゃない...

どうして...?

エネルは私の頭を優しく撫でる。私は何も抵抗しなかった。

「ねぇ...どうしてそんなに優しくされなきゃならないの?私は...あんたを殺したいのに」

「キルラが好きだからに決まっているだろう」

...どうして心臓がうるさいの。ただ、エネルは私を好きって言っただけじゃない...!!

「顔が赤いぞ」

「えっ、そんなことっ!!」

エネルは嬉しそうに私の頬を撫でた。

本当はわかってる。顔が赤いこと...こんなに体が熱いんだもの...

私の頬を撫でていたエネルの手は私の唇に触れる。

「ぁ...エネル...」

「して欲しいんじゃあないのか?」

「そんな...こと....っ」

やっぱりダメだ...
私は狂ってしまったの?

エネルの言葉に行動にはっきり反抗できなくなっている。

少しずつわかりはじめた。私の心を蝕んでいく何かを...
エネルの色に染められる前に消さなきゃ。

エネルと舌を絡めながら私はそう誓った。


次の章へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ