神をも狂わすもの

□3. 月女神の復活
1ページ/2ページ


スカイピアに着いたのはいいが何か様子がおかしかった。
何だかスカイピアの住人の元気がないというか...怯えている感じだ。

私は不思議に思い、目の前を通り過ぎようとしていた女に声をかけた。

「スカイピアに何かあったの?」

「え...?何を言っているんですか?あなたはここの住人では...」

「いや、私の出身はビルカ」

「え...ビルカはもう」

「無くなったわよね」

女は突然震え出した。何故...?

「どうかしたの?そうだ、エネルのこと知っているかしら?」

「はっ!!そ、それは」

女は恐怖に怯えたような顔になり私から退いた。明らかに知っているって言う顔ね...でもどうしてそこまで怖がるのか...

「はっきり教えて!!」

____ドカーンッ!!!

「は...?」

私は目の前で何が起きたのかすぐには理解出来なかった。

煙の中から出てきたのはさっきの女とは思えない死体...
誰!?何故この女を...!!

まさか...エネル!?

私は空を見渡したが何もいない。
だけど...こんな姿の死体にできるのはエネルしか知らない!!


次へ
前の章へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ