花一輪の愛し方
一輪の花の愛し方は文豪によって様々。
他の者に取られないように独占したり、愛おしげに抱きしめたり、印を付けたり、ぐちゃぐちゃにして食べてしまったり...。



夜に咲く一輪の花の甘く切ない恋心
獣と化した双方は嘗ての友と火花を散らす


奪われるのは心か、其れとも躰か____








文豪達に愛されるpink・激裏アリの
短篇小説です。
健全な淡いものもあればR指定ありのため
閲覧は自己責任となります。

原則として18歳未満の方は閲覧しないようにしてください。





2018.6.16/更新
落ちキャラ選択
更新履歴

またのお越しをお待ちしております


ブックマーク|教える
訪問者2157人目
最終更新日 2018/12/10




©フォレストページ