【短編】現代(白澤×鬼灯)

□檻外の愛情
1ページ/4ページ
























『・・・・・・。』


無残な死を遂げた後、死後の世界だろうか・・・不思議な空間を彷徨っていた。


どれだけ歩いても同じ景色。


・・・私は、死んだのか。


・・・これから、どうしよう。


この先に何が待ち受けているのか・・・


この身は一体どうなるのか・・・


何も分からない儘、ただ真っ暗な空間を彷徨い歩く。


ふと、音ひとつ無かった世界に小さな声が響いた。


『いい子だね。さあ、おいで・・・。』


『だ、誰・・・?』


脳髄まで確かに届く、力強くも優しい声。


声の主を探していると、目の前に仄かな光が現れた。


『大丈夫、手を伸ばしてごらん?』


『・・・・・・。』


何故か、疑うことはしなかった。


その声に惹かれるままに手を伸ばせば、指先に温かいものが触れた。


それを掴めば、優しく握り返された。


『そう、いい子だ・・・』


私が掴んだものは、大きくて暖かい大人の手だった。


『もう大丈夫・・・さあ、行こう。』


『あの・・・貴方は・・・ッあ・・・!?』


思考がまともに働かず、己の置かれている状況が理解できない。


手を引かれた所で、何もかもが途切れた。
































-
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ