【短編】現代(白澤×鬼灯)

□月のような貴方。
1ページ/2ページ

「はぁ、頭が痛い・・・」

残業もほどほどに仕事を切り上げてから、ずっと執務室に籠っている。

月末はいつもこうだ。

仕事をいくら片づけても、机の上が綺麗にならない。

書の項を忙しなくめくっては、紙にペンを走らせていると、突然室内に明かりが灯った。

「!」

「鬼灯君、こんな暗い中で読んでると目を悪くするよ。」

声の主は、我が主の閻魔大王のもの。

彼は穏やかな笑みを浮かべて立っていた。

「あぁ、つい夢中になってしまいました。ありがとうございます。」

「あんまり根を詰めなくていいからね。明日に回せるものは明日やりなさい。」

「はい。」

「じゃあ、また明日ね。」

「お疲れ様です。」

大王が部屋を出て行った後、椅子から立ち上がって伸びをする。

随分長い時間同じ姿勢を取っていたので、関節が悲鳴を上げている。

ふと、窓から月の光が差し込んでいることに気付いた。

窓に近づき、空を見上げると満ちた月が闇の中で輝いていた。

「もう、満月の時期ですか・・・」

そう一人ごちながら月を眺めていると、机の隅に置かれた携帯が震えた。

その内容は、先日依頼した薬の完成を告げるものだった。

送り主は、桃源郷に棲む白澤だ。

幼い私を拾ってくれて、側に居てくれた人。

たくさんの知識を与えてくれた。

たくさん触れてくれた。

そんな彼をいつしか、師のように、兄のように慕うようになった。

しかし、私が成人して地獄で住み込みで働き始めてから、彼は住んでいた家を改築して漢方薬局を開いた。

昔のように頻繁に会うことは無くなったが、今でも取引相手として関係は続いている。

あくまで、取引相手として・・・

本当は、昔みたいにずっと一緒に居たい。

本当は、もっともっとたくさんの事を教えてほしい。

そんな思いをひた隠しにして、ひたすら仕事に明け暮れる日々。

どうして、こんなにも彼のことが気になるのだろう・・・?

こんなに会いたくなるのは、何故・・・?

私はまだ、この胸を痛く、甘く締め付ける感覚の正体に気付いていなかった。

「・・・・・・散歩ついでに取りに行くか。」

そう一人ごちて、出掛ける支度を始めるのだった。
















































「ごめんください。」

「あれ、返事がなかったから今日は来ないかと思ってたよ。」

扉を開けてすぐに些か驚いた表情の店主と目が合う。

彼は大きな鍋の前に座り、薬湯を作っていた。

店内に漢方薬独特の香りが立ち込めている。

「仕事の息抜きにと思いましてね。」

「そっか。もうすぐ終わるから座って待ってて。」

彼の言うとおりにカウンターの前に座り、薬湯作りに集中する白澤の背中を見つめる。

「よしよし、良い感じ。」

鍋の中身を見て満足げに呟き、火を止めて薬匙を傍らに置く。

「お待たせ。外、寒くなかった?」

机の端に置かれていた閻魔庁宛ての薬袋を私の前に並べていく。

「いいえ、昼間よりは肌寒いですけど。」

「なら良いけど。中身、念の為確認してくれる?」

「ええ。」

袋を開けて、丁寧に分包されている薬の数を数えていく。

この人が数を間違えることなどないと分かっているので、形だけの確認だ。

「大丈夫です。お代、これで足りますか?」

「ん、謝謝。お茶飲んでく?」

「ええ、いただきます。」

「是〜」

茶器を広げて手際よく茶を淹れる姿を眺める。

昔と何も変わらない姿に安心する。

この穏やかな雰囲気、とても懐かしい。

「・・・貴方の店に来るのは随分久しぶりな気がします。」

「そう言えばそうだね。この前は桃タロー君に配達してもらったし、その前は茄子君が取りに来てくれたし・・・」

差し出された湯呑に入ったお茶を啜り、一息つく。

「ここに来ると昔を思い出します。すごく、安心できるんです。」

「そ、そっか・・・」

「・・・。」

「・・・。」

「ね、ねぇ・・・そんなに寒くないならさ、少し外行かない?・・・月、綺麗だし。」

沈黙を破った白澤の言葉に、また鼓動が高鳴る。

あぁ、本当に・・・あの頃に戻ったようだ。

「・・・もちろん、ご一緒します。」

躊躇いがちに差し出された手を迷わず握った。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ