【短編】現代(白澤×鬼灯)

□秘密を秘蜜に
1ページ/1ページ

夜が更けて、静まり返った閻魔殿を当てもなく歩く鬼神。

暗い闇の様な影を背負って、冷たい床を裸足で歩く。

「・・・はぁ。」

随分前から頭が痛い。

この頭の痛みの原因は彼だ。

私が想いを寄せる唯一の存在。

神でありながら、女癖が悪くだらしないことこの上ないあの人。

足を止めて空を見やると、綺麗な星空に大きな月が浮かんでいた。

でも、どんなに美しい月を前にしても・・・

「・・・・・・はぁ。」

重いため息をまた一つ。

『・・・なに、何の用?』

『さっさと帰ってくれる?』

昼間、彼の店を訪れたときに浴びせられた言葉が蘇る。

「・・・・・・。」

以前は何ともなかった冷たい言葉たちが、今はとても痛い。

胸の奥の奥まで突き刺さってくる。

あの醜いものを見るような切れ長な目が、酷く冷たい。

いくら私が彼のことを想ったところで、それが叶うことが無いことくらい分かっている。

分かっているけれど・・・

この想いを伝えたら、もしかしたら・・・なんていう甘えが芽生えてしまうのも事実。

何とも言えない葛藤が頭の中を駆け巡り、耐えがたい痛みとなって襲い掛かる。

私のこの想い・・・気付かないで、でも、気付いてほしい。

自分の女々しさに嫌気が差す。

「貴方は、私がこんなに思い悩んでいるなんて、思ってもいないのでしょうね。」

男は『居る』としか認識していないのなら尚更のこと。

私の秘密・・・

・・・この想いを抱き続けても、苦しいだけなら・・・

もう、いっそのこと・・・・・・

「無かったことに・・・」

もし・・・私のこの想いが、目に見えるものとして形を変えるのならば、きっとそれは闇の様な黒色をしたもの。

指の間をさらりと滑り落ちていくもの。

まるで、蜜の様な・・・

「秘密を、秘蜜に・・・。」

そう、誰にも知られることのないそれは、私にしか見えない蜜へと姿を変える。

その蜜を両手で掬って、一息に飲み干してしまえば良い。

「・・・ごめんなさい。」

貴方を、好きになってしまって・・・

でも、今日で最後にします。

両手の中でなみなみと揺れる黒い蜜を一気に飲み干す。

酷く、苦かった。

私のたった一つの秘密は、私の中の奥深くに堕ちていった。











「白澤さん・・・貴方を、お慕いしておりました。」














やっぱり続き物にしてみました。
次で完結させます。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ