【短編】現代(白澤×鬼灯)

□秘密のひとつやふたつ
1ページ/1ページ

「ごめんくださ・・・」

薬局の扉を開けた瞬間、顔が引き攣る。

目の前には変態薬剤師と若い女性。

その変態は女性を舐めるように見つめ、鼻の下を伸ばしている。

いつものことながら溜め息が出る。

奴は私の姿を捉えると、心底嫌そうな顔をした。

「お楽しみの所を申し訳ないのですが、今日が納期の薬を頂けませんかね?」

「・・・ちぇっ、ホントお前って間が悪いよな〜」

悪態を吐きながら薬棚へ向かう。

「貴方の都合など知りません。」

「一言多いんだよ。あー、苛々する。」

棚から薬を引っ張り出しては乱雑に机へ放っていく。

室内には重苦しい空気が流れる。

「あ、あの・・・白澤様・・・私、そろそろ失礼しますわ。」

沈黙と圧迫感に耐えきれなかったのか、女性が荷物を持って足早に店を出て行った。

「え?!あ、ちょ・・・行っちゃった・・・」

がっくりと項垂れる白澤さん。

「ったく、お前の所為でデートが台無しだよ。あーあ、可愛い子だったのに。」

「そんなの知りませんよ。」

どこまでも醜い駄獣を鼻で笑って一蹴する。

「お前ほど冷たい奴、どこ探しても居ないんだろうな。」

「褒め言葉と取っておきましょう。どうってことないでしょう?貴方の周りには女性で溢れているのですから。」

目の前の男を嘲る度に、胸の真ん中が酷く痛む。

何かで突かれるような、そんな痛み。

「ま、それもそうだ。また違う子と遊ぼーっと♪」

「貴方、女性を弄んで楽しいですか?」

「人聞きが悪いな。弄んでいるんじゃない、本気で恋愛しないって合意の上で付き合ってるんだよ。」

それを弄んでいるということに、この馬鹿は気付いていない。

ああ、胸が痛い。

「貴方、一体何人の女性とそのように遊んでいるんです?」

「んー?そうだなぁ・・・って、何でお前なんかに教えなきゃいけないんだよ。」

長い人差し指を唇に当てる。

「秘密、だよ。」

薄い唇が綺麗な孤を描く。

「そうですか。」

「お前には秘密なんて無縁だろ?仕事上はともかく、プライベートでなんてさ。」

「・・・」

白澤さんの言葉が突き刺さる。

私だって・・・

そう、

私はこの男に恋をしている。

女たらしでだらしのないこの男が好きなのだ。

でも、この恋が実ることは万が一にも無い。

白澤さんは私のことを毛嫌いしている。

血を吐くほどに。

これは、一方通行な片思いだ・・・・・・

あの男を取り巻く女性が羨ましくて仕方ない。

彼女たちに向けられる優しい瞳や声。

壊れ物を扱うような手つき。

それらが私に向けられることは決してないことくらい知っている。

でも、一度で良いから・・・

そんな叶いもしないことを願っている自分が居る。

何て女々しいのだろう。

「ほら、薬。金払ってさっさと帰れ。」

目の前に差し出された紙袋。

ああ、やっぱり・・・

代金をカウンターに置いて薬を受け取る。

「ありがとうございま・・・」

「あっ、妲己ちゃ〜ん?今から遊びに行っても良い〜?♪」

礼を言おうとした瞬間、携帯で話し出した白澤さん。

私のことなど視界に入っていないかのような態度。

痛い、痛い・・・

胸がこれでもかと言うほど締め付けられる。

「・・・・・・。」

冷たい瞳を向けられても、無視されても、存在を否定されても・・・

それでも良い。

楽しそうに話す彼の後姿をちらりと見てから店を後にした。

私にだって、秘密のひとつやふたつくらいあるのですよ?

誰にも知られてはいけない私のたった一つの秘密。


















「白澤さん・・・貴方を、お慕いしております。」

彼への想いを乗せた言葉は高い空に儚く消えて行った。



















いっっつもイチャイチャラブラブしてるので、偶には切ない話を作ってみました。
作ってる最中、超切なくなりました(笑)
続きものにしようか、1話完結にしようか悩み中・・・

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ