【短編】現代(白澤×鬼灯)

□添い寝
1ページ/2ページ

今日は久しぶりのお休み〜!

最近は風邪が流行っているようで、僕の店は毎日大盛況だった。

かれこれ、10日連続で店を開けて今日やっと休めるのだ。

かと言ってだらける訳に行かず、風邪薬を黙々と調合する。

流行り病は決して良いものじゃないけど、こういう時期は薬局側からしたら好都合だ。

「白澤様〜」

からからと倉庫の扉が開けられる。。

「あ、桃タロー君おはよ〜。ごめんね、休みなのに早起きさせて。」

桃タロー君も10日働き詰めで碌に休めていない。

本当はゆっくり休ませてあげたいけど、配達が溜まってしまっている。

僕は明日分の薬のストックを作らなきゃいけないし、彼にお願いするしかないのだ。

「気にしないでください。白澤様こそ、少し休んだらどうです?昨日の夜から薬作ってばっかりじゃないですか。寝ていないんでしょう?」

徹夜で薬を作り続けている僕を気遣ってくれる桃タロー君。

「うーん、でも今作っとかなきゃ明日の分が間に合いそうにないから、もう少しやらせて。」

「はぁ、終わったらちゃんと寝て下さいよ。白澤様に倒れられたら話にならないんですから。」

「ありがとう、桃タロー君。それじゃあ、これだけお願いできるかな?」

昨日の夜作った薬を桃タロー君に手渡す。

「かなり感染力が強い風邪だから、貰って来ないように気を付けてね。」

「分かりました。では、行ってきますね。」

僕の言葉に頷いた桃タロー君は、薬箱を背負って出掛けて行った。

静かになった店内。

さて、もう一頑張りするか。

・・・それにしても、眠いなぁ〜

意気込むと同時に、目を擦る。

徹夜なんて殆どしないからな〜

いかんいかん。

ここで怠けたら明日店が開けられなくなる。

これが済んだらちょっと寝よう。

材料を刻んでは鍋に放り込んで煮詰める。

この繰り返しだ。

しかし、睡魔と闘いながらの作業は、いくら単純なものでも少々きつい。

煮詰まる鍋を見つめていると、店の扉が開く音がした。

「お邪魔します。」

「あれ、いらっしゃい。どうしたの、薬の注文あったっけ?」

内心、ちょっと焦る。

なんせ先週は風邪薬を作るだけで手一杯で、納期付きの薬の調合は一切していない。

近い納期のものは無かったはずだが・・・

見落としか・・・?

一人でぐるぐると考えていると、右耳のピアスを引っ張られる。

「いてっ」

「何一人でぶつぶつ言ってるんですか。薬の注文は無いですよ。」

「へ?」

ぽかんとする僕を余所にカウンターの椅子に座って側に居たうさぎを膝に乗せる鬼灯。

「貴方の店がてんてこ舞いだって聞きましてね、様子を見に来たんですよ。」

「え、それって・・・」

ぷい、とそっぽを向いてしまう鬼灯に口元が緩んでいく。

その耳はほんのり朱が差していた。

「僕のこと心配して来てくれたの?」

鍋の火を止めて、目線を合わせない鬼灯の元へ行く。

「・・・いけないですか?」

「まさか。嬉しいよ、ありがとう。」

ちゅっと赤く染まる耳先にキスをする。

ぴくりと震える耳が可愛らしい。

「っ・・・からかうのなら帰りますよ。」

「からかってないよ。優しい恋人にキスのご褒美♪」

言いながら額に生える角にもキスを落とす。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ