【短編】現代(白澤×鬼灯)

□禁忌術
1ページ/4ページ

今日は珍しく定時で上がれたので、部屋で書を読んだり、金魚草の研究をしたりして、趣味に時間を費やし、早めに床に就いた。

明日は早朝から会議があるから、早く休むに越したことはない。

そう思って、目を閉じた。

しかし、

真夜中、異常な寒気で目が覚める。

「・・・?」

身体を起こした途端、激しい眩暈に襲われる。

視界が揺れ動き、咄嗟に目を閉じる。

「ッ・・・!」

何だ、これは・・・

眩暈が治まりかけた頃、恐る恐る目を開ける。

「・・・寒い・・・」

全身に悪寒が走る。

過労・・・だろうか?

思い返せば、一昨日まで3徹だった。

その疲れが出てきているのだろう。

1人でそう解釈し、再び布団に潜り込む。

「・・・・・・・・」

でも、

身体の中で熱い何かが暴れている気がする。

胸の辺りだけが熱い。

一晩眠れば良くなるだろうか?

あれこれ考えるのは止めにして、悪寒に耐えつつ眠りに就こうと目を閉じた。








朝、起床時間に目覚ましが鳴る。

それを止めて身を起こす。

眩暈は無くなっていたが、悪寒はまだ若干する・・・。

胸の熱さも、今は落ち着いているが、どこか燻っている感覚がある。

とにかく、支度をしなければ・・・

黒の着物を羽織りながら洗面台に向かった。

いつも通り、顔を洗って歯を磨く。

ふと、鏡を見ると驚いた。

瞳の色が変わっている。

闇のような漆黒の瞳が、今はくすんだ灰色に変色している。

痛みは特にないのだが、非常に気味が悪い。

昨日の眩暈といい、悪寒といい、只事ではないことは確かだ。

「・・・」

会議場に行く前に大王の所へ寄ろう。

自分の瞳の変化に焦りつつ、足早に閻魔大王の元へ向かった。







「大王、おはようございます。」

裁判台で書類に目を通している大王を見つけると、挨拶をする。

「!!」

私を一目見た大王は血相を変えて、こちらへ走ってきた。

「鬼灯君・・・君・・・・・・」

大王の目が驚きと焦燥に見開かれている。

「・・・?」

大王の焦り様に首を傾げる。

「君の鬼火が、身体から滲み出てるよ・・・見えない・・・?それに、その目・・・」

「え・・・?」

鬼火が、身体の外に・・・・?

唖然としている私の目の前に大王の手が伸びる。

「ちょっと触るよ・・・痛みは?」

「・・・いえ、特にはありません」

「そう・・・・・・」

「大王・・・私の鬼火が、何ですって・・・?」

思わず聞き返してしまう。

「君の鬼火が身体の中で揺れてるんだ・・・。揺れては弾けて、その飛沫が身体から抜け出している・・・。
その目も、君の中の鬼火が弱まっている証拠だよ。」

「・・・・・・」

私は、人間として死に、鬼火によって再び鬼として存在している。

要は鬼火によって私は生かされている。

その鬼火が身体から出て行って弱まりつつある。

それが示す意味とは・・・

昨晩、胸が熱かったのは鬼火が揺れていたからというのか・・・?

「病、ですか・・・?」

私の言葉に大王は考え込む。

「君は生まれつきの鬼じゃないから、生粋の鬼よりは鬼火が不安定なんだ。人間から鬼になったのは君だけだから、前例がない。
ワシじゃ病かどうかの判別は付けられないから、白澤君に来てもらおう。」

白澤、という名に少しだけ安心する。

あ・・・

また眩暈が・・・

「待ってて、今連絡を・・・」

ぐらぐらする・・・頭が、痛い・・・

胸の奥が熱い・・・痛い・・・

もう、だめだ・・・

足が縺れ、床に倒れる。

「鬼灯君?!・・・白澤君!急いで来て!鬼灯君が!!」

大王の悲痛な声が遠くで聞こえる。

白澤さん、来てくれるのですね・・・

そこで意識が途絶えた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ