【短編】現代(白澤×鬼灯)

□鬼灯の簪
1ページ/3ページ

昼下がりの桃源郷。

今日は午前中でお店はおしまい。

桃タローくんが地獄へ薬剤師の研修に講師として出掛けるんだ。

地獄で薬剤師を目指す獄卒が居ると鬼灯から聞いていた。

僕が行っても良かったんだけど、桃タロー君が行ってみたいと言っていたので、お願いすることにした。

この数年で桃タロー君は驚くほど腕を上げた。

僕の弟子も大したものだ。

何の心配も無く、講師として送り出せる。

そんな事を考えながら、カウンターの引き出しから古い箱を取り出して蓋を開ける。

「白澤様・・・それ、何ですか・・・?」

出掛ける支度の手を止めた桃タロー君が箱の中身を凝視している。

「んー?今まで貰った簪だよ。処分しようと思ってね・・・」

「簪・・・?」

「昔、付き合ってた女の子から貰ってたんだよ。」

数ある簪から1つを適当に摘み上げて眺める。

「はあ・・・でも、何故急に?」

桃タロー君が不思議そうに首を傾げている。

「僕が女遊びをきっぱり止めた理由、知ってるでしょう?」

「え?ああ・・・鬼灯さんですか?」

「そう、別に処分しろって言われた訳じゃないけど・・・鬼灯が居るのに、過去の恋愛の痕なんて残していたら、あいつに失礼だろ?」

桃タロー君は驚いた様子だったが、すぐにいつもの優しい顔に戻った。

「白澤様・・・本当に鬼灯さんの事、大事にしてるんですね・・・」

「当たり前だよ。何千年も想い続けてたんだ、あいつが大人になるまで・・・」

そっと箱の蓋を閉じる。

「その想いが、やっと届いたんだ・・・決して無駄には出来ない・・・」

「白澤様・・・」

「ってことで、これ任せちゃっていい?」

桃タロー君に箱を手渡す。

「ええ・・・白澤様・・・」

「ん?」

「俺、白澤様のそういう所、本当に尊敬してます。」

少し照れくさそうな桃タロー君。

「ふふふ。ありがとう。」

「いえ・・・では、そろそろ行ってきますね。」

「うん、いってらっしゃい。」

桃タロー君は、からからと扉を開けて出て行った。

ひらひらと手を振って彼を見送る。

さて、注文が入っている薬でも作るか。

束になりつつある注文書にざっと目を通し、必要な材料を薬棚から取っていく。

たまには、こうして黙々と薬を作るのも悪くない。

注文は簡単な薬ばかりなので、生薬を刻んでは煮ての繰り返しだった。

2時間ほどで全ての薬を作り終えてしまった。

注文書を見ながら袋詰めしてはまた薬棚に戻していく。

「ふう〜」

伸びをしながら、カウンター横の椅子に腰掛ける。

少し間を置いて、店の扉が静かに開かれた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ