【短編】現代(白澤×鬼灯)

□私の話、聞いてます?
1ページ/3ページ

仕事が一段落した昼下がり。

今日、薬の納期だったか・・・。

立ち上がって出かける支度をする。

すかさず、一子と二子が走り寄ってくる。

「おでかけ?」

「どこ行くの?」

私の着物の裾を両方から引っ張る二人。

「薬を受け取りに桃源郷へ出掛けてきます。」

「いってらっしゃい。」

「スケコマシによろしく。」

「はいはい、行ってきますね。」

棒読みで淡々と言う一子と二子の頭を撫でる。

金棒を担いで閻魔殿を出た。






「ごめんください、お薬できてますか?」

店に入ると、気怠そうに鍋を掻き回している店主と目が合った。

「・・・これが出来たら渡せるよ。ったく、こんな複雑な調合を1週間でやれなんて無茶言いやがって。つくづく鬼だな。」

「それは大変失礼しました。ところで桃太郎さんは配達ですか?」

いつも出迎えてくれる桃太郎さんが居ないのが少し気になる。

「棒読みで言われても誠意が伝わってこねぇよ。桃タロー君は、色々手伝わせた挙句徹夜させちゃったから、今日は休ませてるよ。」

「そうですか、桃太郎さんには申し訳なかったですね。」

「僕も徹夜なんだけど?僕の心配は??」

白澤さんは自分を指差して甘えたような声で言う。

「貴方は一日中女性と遊べるほど元気なんですから、一徹くらい何ともないでしょう?」

「うわ〜容赦ないねぇ〜〜」

業とがっかりしたように肩を落として見せ、椅子から立ち上がる。

「えーと、これとこれと・・・あ、これもか。」

引き出しから生薬を次々と取り出して腕に抱える。

「大変そうですね。」

「うん、お前のおかげでね。」

厭味ったらしい声で返ってくる返事。

「今日はお店お休みにしているのですね。」

「うん、ずっと薬作ってるからね、臨時休業。」

「そうですか。」

「うん、そうだよ。」

取り出した生薬をカウンターに持って行き、刻んでいく。

「白澤さん。」

「うん、なあに?」

「今年も運動会の救護班、引き受けていただけませんかね?」

「うん、いいよ。」

「ついでに、来週の健康診断の問診票も作っていただけませんか?」

「うん、いいよ。」

生薬を手際よく刻んでいく白澤さん。

私の話を聞いているのか、いないのか、「うん、いいよ。」しか返ってこない。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ