【短編】現代(白澤×鬼灯)

□鬼灯さん宅でお夕飯
1ページ/4ページ

昼時前の閻魔殿。

今日は非番だが、特に予定がないので、食堂でテレビを見ながら茶を啜る。

あの音楽と共に、『キュー○ー3分クッキング』が始まった。

ふくよかな女性講師と、男性アナウンサーが映る。

『夏にぴったり!みかんゼリーをご紹介しま〜す』

淡々と調理が進められていく。

「・・・。」

『キュー○ー3分クッキング』

不思議な番組だ。

どこが3分だよ。

調理時間か?

冷蔵庫で2時間冷やしてる時点でアウトだろ。

放送時間か?

もう5分30秒過ぎてるぞ。

極めつけは次々と登場する「○○したもの」

「○○したもの」が出てくる前に、ちょっと切られたり、ちょっと煮られたりしてる食材たちって、一体。

下らないことを考えながらテレビ画面を見つめる。

『大切な人に作って贈るのも素敵ですね〜』

男性アナウンサーの言葉であることを思い出した。

「鬼灯の手料理が食べたいな〜」

そんなことをあの豚が言っていたような気がする。

「・・・」

おもむろに携帯を取り出していじる。

「すみません、営業後に厨房を借りる事できますか?」

料理長に声を掛ける。

「20時以降なら構いませんよ。」

「ありがとうございます。」

また携帯をいじる。

「よし。」

携帯を閉じ、テレビを消す。

そろそろ昼時なので混雑してくる。

20時までだいぶ時間がある。

現世に買い出しでも行くか。

大王の許可を取り、支度の為に自室へ戻る。

「地図と、財布と、携帯と、おやつのピーナッツ(舞浜冒険と想像の海某アトラクションネタ)っと・・・」

鞄に荷物を詰めていく。

「さて、行きますか。」

帽子をしっかり被って、閻魔殿を後にした。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ