【短編】現代(白澤×鬼灯)

□鬼の血
2ページ/9ページ

閻魔殿に着くと、真っ直ぐ閻魔大王の元へ向かう。

「おや、白澤君。君がこっちに来るなんて珍しいね。」

大王は僕を見つけると、裁判台から降りて歩み寄って来た。

「薬を届けに来たんです。あいつは部屋ですか?」

薬袋を大王に見せて言う。

「鬼灯君なら、少し前に書庫の整理をするって言って出て行ったよ。」

「そうですか。じゃあ、そっちに行ってみます。」

「うん。あ、第二書庫の方ね。」

「分かりました。」

手を振る大王に会釈して、その場を後にする。

「返事がないわけだ。」

一人ごちて書庫を目指す。

薄暗い廊下を黙々と進む。

この閻魔殿には二つの書庫がある。

第一書庫は地獄の獄卒なら誰でも出入りでき、貸出も行っている。

しかし、僕が目指している第二書庫は出入りできる者が限られている。

地獄の重要機密を知る者、つまり十王やその補佐官、あとは神の類いだ。

書庫の場所も非常に入り組んでおり、ただの獄卒ではまず辿り着けないだろう。

そうこうしている間に書庫に着いた。

厳重に閉じられている扉をゆっくり開く。

素早く中に入り、扉を閉める。

「鬼灯ー?」

僕は鬼灯の姿を探した。

灯りが僅かしか灯っていない為、中は薄暗い。

「白澤さん・・・?」

鬼灯の声がした。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ