【短編】現代(白澤×鬼灯)

□鬼の血
1ページ/9ページ

午後の昼下がり。

今日は忙しく、午前中から黙々と部屋の真ん中で薬の調合をしている。

「よし、これで最後・・・っと。」

最後の瓶に薬を詰め、栓をする。

今一度、ラベルと中身が間違っていないか確認し、紙袋に入れていく。

「終わった〜」

椅子から勢いよく立ち上がり、伸びをする。

「お疲れ様です、白澤様。」

生薬を刻んでいた桃タロー君が労りの声を掛けてくれる。

「ありがとう、このまま地獄に配達行ってきちゃうね。」

今まで作っていたものは全てあいつ、鬼灯からの依頼だった。

「あ、配達なら俺行きますよ?」

「いいの、いいの。あいつと話したいことあるし。序でだから行ってくるよ。」

腰を上げかけた桃タロー君を制す。

「分かりました、お気を付けて。」

桃タロー君はまた作業を再開した。

「うん。夜には戻るから、お留守番よろしくね〜」

鍋を片付けてから、薬袋を持って店を出た。

歩きながら携帯を取り出し、鬼灯宛てのメールを作る。

『今から薬届けに行くから部屋に居ろよ。』

と打って送信。

返事は、ない。

いつもの事だから別に良いけど。

地獄へ繋がる門が見えてきた。

相変わらず、悪趣味な造形だ。

通路を進むにつれ、濃くなる血の匂い。

あー、やだやだ。

気味が悪い。

僕は足早に通路を抜けた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ