【短編】現代(白澤×鬼灯)

□こんな日も・・・
1ページ/4ページ

午前中の業務が終わり、休憩時間。

シロさんが昼食に誘ってくれたので、一緒に食堂へ向かった。

食堂に着いて早々テレビの前の席に座り、はあ、とため息を吐いた。

「鬼灯様、どうしたの?なんか顔色悪いよ?」

シロさんが心配そうに私の顔を覗き込む。

「・・・今朝から腹の調子が悪くて・・・」

今日は腹の痛みで目が覚めた。

吐き気があり、朝食は食べられなかった。

昼食の時間になっても、全く腹が減らない。

「大丈夫?あっちにお粥あったから俺、買ってくるよ。」

「いいえ、自分で行けます。すみませんね。」

ふらふらと立ち上がって配膳台に向かう。

粥を通常の半量だけ買って席に戻る。

既にシロさんはかつ丼を美味しそうに頬張っていた。

「見事な食べっぷりですね。」

「えへへ。いつも全力で折檻してるからすぐお腹空いちゃうんだ〜」

「そうですか。いつもご苦労様です。」

粥には一切手を付けずにシロさんの様子を見ていた。

胃が食べ物を受け付けようとしない。

「鬼灯様・・・本当に大丈夫ですか?」

「大丈夫ですよ・・・」

「でも、ご飯・・・お腹痛くて食べれませんか?」

「・・・ええ、少し辛いです。」

私は金棒を持って席を立った。

「今日は、半休で上がらせてもらいます・・・。悪いですが、大王が戻ったらお伝えいただけますか?」

大王は今朝から十王の会合で席を外していた。

「うん、いいよ。お大事にね・・・」

「ありがとうございます。ああ、良かったらその粥、召し上がって下さい。」

「鬼灯様・・・」

シロさんをその場に残し、食堂を後にした。

申し訳ないことをしたな・・・

体調が戻ったら何かお詫びをしなくては・・・

そんなことを考えながらふと、思い出した。

ああ。奴に頼んでいた薬、今日が期限だったか。

携帯を取り出し、できているか確認のメールを打って飛ばした。

すぐに返事が来た。

「是」のみ書かれていた。

早いところ取りに行かないと五月蝿いだろうから、これから行くか。

腹をさすりながら重い足取りで桃源郷に向かった。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ