【短編】神代・黄泉(白×丁・白×子鬼灯)

□呪いの瞳と無言の願い
1ページ/4ページ















これは、私が鬼として生れ落ちてからまだ間もない頃の話。


鬼になる前は、人間として幸せとは言えない日々を送っていた。


でも、気付いたら、鬼となってこの地に足を付けていた。


そして、あの人と出会ったのだ。


あの悪夢の世界から逃げ出せた思いだった。


・・・あぁ、しまった。


また、思い出してしまった。


「・・・・・・。」






















私は生を受けて間も無く、父と母を失くした。


両親の死因は疫病だと、皆が口をそろえて言う。


・・・が、それは違った。


両親は、今まで共に暮らしていた村の仲間の手によって殺されたのだ。


その原因は、私。


私が、血のように真っ赤な瞳を持って生まれたから。


その当時、赤は災いの色だという根拠の無い風習が根付いていた。


そのせいで、両親は惨たらしい最期を迎えた。


そして、私も・・・神に呪われた子と呼ばれ、邪険に扱われてきた。


皆、私を人間として見てくれなかった。


孤独と屈辱に耐え兼ねていたその夜・・・、


『もう辰の刻を過ぎた頃だ・・・、なのに何故日が昇らないのだ・・・』


村の様子がいつもと違った。


いつもなら日の出の刻の筈なのに、未だ辺りは闇に包まれていた。


『・・・、まさか・・・』


『・・・・・・お前の仕業か?』


『両親を奪われた腹いせに、村を滅ぼそうって魂胆だろ?!』


何を言われているのか分からなかった。


夜が明けない原因が、私・・・?


村人たちの視線が私に突き刺さる。


『なにを・・・ッ?!』


頭に鋭い痛みが走った。


酷いめまいがして、そのまま地面にうずくまる。


『その穢れた目を向けるなッ!あの時・・・両親と一緒に消すべきだった・・・ッ!!』


時がいくら経っても姿を見せない太陽。


聞いたことの無い空の唸り。


この奇妙な現象の元凶が私だと思い込んでいるようだ。


そんな・・・、そんなでたらめなことがあってたまるか・・・


言葉を発したいが、唇が震えて叶わない。


『・・・・・。』


頭が不規則に脈打つのが気持ち悪かった。


このまま、死ぬんだ・・・・・・


私が消えることで皆の気が晴れるなら、もう・・・好きにすればいい。


薄れゆく景色は、どす黒く・・・赤かった。


赤・・・?


辺りに木霊する、酷い轟音・・・


きっと、嵐の前兆だったんだ。


そんなことを考えながら目を閉じた。






























-
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ