【短編】神代・黄泉(白×丁・白×子鬼灯)

□地獄の小さな鬼
2ページ/3ページ

日が暮れる頃には、門の周りにいた亡者の数は格段に減り、最初に感じた圧迫感は無くなった。

まあ、今日はこんなもんか。

大きく伸びをすると体中の関節が悲鳴を上げる。

ずっと座ってたからなぁ〜

立ち上がって、門前広場を後にする。

明日のことも考えて、天界に戻らずにこの辺りの森で夜を明かすことにした。

木々をかき分けて森の奥へと入って行く。

途中、地獄にしては比較的風通しの良い場所を見つけた。

「この辺でいっか。」

そこへ腰を下ろして、また伸びをする。

こめかみの辺りが少し痛む。

普段は滅多に使わない額の目で数え切れないほどの亡者を視れば、まあ当然だろう。

「早く寝よ。」

腹も減っていなかったので、そのまま眠ろうと人間の姿から本来の獣の姿へと戻る。

ひんやりした草に伏せ、そのまま目を閉じる。

疲れが出ていたのか、直ぐに睡魔がやって来た。

うとうとと微睡み始めた頃、遠くの方で小さな音がした。

「・・・?」

目をうっすらと開けて音の正体を探る。

だんだん近づく音。

どうやら足音のようだ。

首を上げて辺りを見渡してみる。

視界の端に小さな何かが映った。

亡者だろうか?

暗闇ではっきりとは見えないが、子どものようだ。

僕の視線に気付いたのか、小さな影は木に隠れてしまった。

「ねえ、どうして隠れるの?」

影が隠れた方に向かって声を掛ける。

僕の声に反応したのか、小さな頭を恐る恐る覗かせる。

「出ておいでよ。何も怖いことはしないよ。」

木から離れてゆっくりこちらに近づいてくる。

月明かりが差し込み、漸く姿を見ることが出来た。

影の正体は、小さくて幼い鬼の子だった。

「こんばんは、こんな所でどうしたの?迷子かな?」

鬼の子は酷く怯えているようだった。

ああ、この姿だからか。

人の姿になろうと思った時、鬼の子が口を開いた。

「牛、さん・・・?」

不思議そうな顔で僕を見ているが、一定の距離を保ってなかなか近づいて来ない。

「牛ではないなぁ。うーん、何て言ったらいいだろうね。」

ますます怪訝そうな顔をする。

そりゃあ、怖いだろう。

人の言葉を話す獣など、現世にはいない。

「大丈夫だよ、お前を食おうなんて考えてないから。こっちにおいで。」

出来るだけ優しい声音で幼子を呼んでみる。

「・・・・・・」

少しずつ少しずつ近づいて来た。

「・・・見たことない姿ですね。貴方は・・・?」

首をこてんと傾げている。

「怖がらせてごめんね。僕は中国神獣の白澤。お前が見たことないのも無理ないよ。」

「神獣さま?」

「うん、本来は天国に住んでいるけど訳あって地獄に来ているんだ。」

正体を知ったことで少し安心したのか、幼子は僕の前に座り込んだ。

「真っ白で綺麗ですね。ふわふわしてる・・・」

小さな手が僕の毛を撫でる。

少しこそばゆいが、とても心地良い。

「ふふふっ。ねえ、お前の名前は何ていうの?」

「私は鬼灯と申します。50年ほど前に死んでから直ぐに鬼になりました。」

「鬼灯、か・・・綺麗な名前だね。」

「閻魔様が名付けて下さったのです。」

「そっか、閻魔大王が・・・それは良かったね。・・・ねえ、もう少しお前のこと聞いても良い?」

「ええ、良いですよ。」

それから、鬼灯は僕に色々なことを話してくれた。

物心つく前に両親に捨てられ、見知らぬ村に預けられたこと。

その村で毎日過酷な労働生活を強いられてきたこと。

雨乞いの儀式の生贄になって、その幼い命を失ったこと・・・

人間への恨みが強すぎた故に、鬼火に魅入られ鬼になったこと。

独りぼっちで行く当ても無く彷徨っていた所、閻魔大王に出会い新しい名を貰ったこと。

「よく話してくれたね、もう十分だよ・・・」

鼻先で鬼灯の頬を撫でる。

しかし、何か妙だ。

この子、自分の辛い過去を顔色一つ変えずに淡々と話していく。

まるで、何とも思っていないかのように。

辛くて苦しい筈だったのに・・・

「・・・おいで。」

優しく呼んでやると素直に身を寄せ、毛皮に顔を埋めた。

「よしよし、よく一人で耐えたね。辛かっただろう・・・?」

小さな身体を包み込むように抱いてやる。

「辛いなんて・・・それが当たり前だと思っていましたから・・・」

とても幼子が言うこととは思えなかった。

胸が締め付けられる。

「・・・そう・・・今はお眠り。疲れただろう?」

「ん・・・」

それ以上は何も言わずに、鬼灯を眠りに誘う。

瞼がゆっくり降り、やがて小さな寝息が聞こえてきた。

「おやすみ、鬼灯。」

無感情な鬼灯が気に掛かったが、あまり詮索しない方がいいだろう。

うっすらと隈ができている目元にキスをして、僕も眠りに就いた。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ