【短編】神代・黄泉(白×丁・白×子鬼灯)

□おまえは賢い子だね
1ページ/3ページ

あれ・・・?

何時の間に寝たんだろう?

あ、そうか。

丁を寝かしつけていて一緒に寝ちゃったんだ。

ん〜

暖かくて気持ちいいな〜

「・・・さま!」

ん・・・?

「はくたくさま!」

ああ、丁の声だ。

お昼寝から目覚めたんだね。

「起きてください、はくたくさま!」

丁の高めの声で意識が覚醒しはじめる。




「やあ、丁。もう起きたのかい?」

僕は身を起こして伸びをした。

「はい、早く木の実を採りにいきましょう?」

「そうだね。良い子でお昼寝できたから、約束通り連れてってあげるよ。」

僕は少し前にした丁との約束を思い出した。

昼寝のために寝室に連れて行ったところ、眠くないとぐずったので、

「お昼寝から起きたら、木の実を採りに森へ行こう」

と持ちかけた。

すると丁は嬉しそうに布団に入ったのだ。

全く純粋で可愛らしいものだ。

「さあ、行こうか」

「はい」

僕は丁の手を引いて家を出た。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ