時を駆ける思い





俺はもうあんな苦しい想いは嫌だと思ってた。



何も護れない己が憎かった。



もうぜってぇそんな重いもんしょいこまねぇって決めたのに……








でも、それでもまだ間に合うなら
俺にもう一度…………

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ