ひらりと舞散るその様は

可憐で美しく
………そして切なく

一瞬の時を
永遠の未来を

それでも信じたいと願った

いつの世も
いつの時代も

あなたと共に……

いざ、彼のもとへ──


ブックマーク|教える




©フォレストページ