book

□大島優子 × 小嶋陽菜
1ページ/2ページ




急いで私服に着替えて楽屋を出る。
玄関を出るとタクシーが止まってて、直ぐに乗り込んで住所を伝える。


早く着かないかな …

何て考えてるとあっと言う間。


チャイムを押すと


直ぐに扉が開いて


「 こじぱー 」


と叫んで飛びついてくる


「 優ちゃん 、相変わらずうるさい 。」


と呟くと眉をハの字に下げて困った顔をする。


その顔が堪らなく好き。


なーんて 、口には出さないけどね


って 、考えてたらにやけてたみたい


「 こじぱ 、変なこと考えてるー 」


「 うるさい 。」


「 あーい … 」


だからその顔やめてよ。





.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ