book

□大島優子 × 小嶋陽菜
1ページ/2ページ






「 こじぱー!」

「 みてみてっ」

「 んー 」


「 あそこでさあ、たかみながね .. 」

「 んー 」


楽屋で雑誌を読んでる私にひたすら話し掛けて来る

私の愛しい恋人

でも、適当に返事。

すると雑誌を読んでる私の膝に乗ってきて


「 こじぱ 、いい匂い .. 」


何て言いながら私の首に腕を廻して甘えた声で呟いてくる。


もうそろそろいいかなって思って名前を呼ぶと


ぱっと顔を上げて嬉し荘にこっちを見てくる


いつもなら頬にちゅーするけど、今日は意地悪してみる






.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ