*Short DreamT*

□【跡部】DEEP NIGHT
1ページ/3ページ

「…んっ …ッ」
長いキスに郁は苦しそうな声を漏らす。
けれど跡部は容赦なく彼女の背中を壁に押しつけ、その口内に舌を差し入れる。
「…ッ」
 壁と跡部の腕の中に閉じ込められながら、郁は苦しげに呻いた。深い口づけに息ができない。
 距離を詰められて身じろぎもままならず、逃げたくても逃げられない状況に陥ってしまっていた。
求められるままに、激しいキスを受ける。
 しかし、不意に跡部の唇が彼女から離れた。今がチャンスとばかりに、郁は跡部を見上げる。
「せ、センパイ…」
 訴えかけるようにつぶやいた。けれどその続きは言葉にならない。
苦しいからやめてと言いたかったはずなのに、息が上がって声が出ない。
「…あーん?」
 そんな彼女を跡部は面白くもなさそうに見下ろす。
「テメェ、ネコは受け止められても、この俺様の愛情は受け止められねぇって言うのかよ」
「そ、そういうわけじゃ…」
「ならいいだろ」
 こともなげにそう言って、跡部は郁のトップスに手を入れる。
未だに抵抗しようとする彼女には構わず、背中に手を回して下着のホックを外した。
躊躇いなくその膨らみに顔を埋める。
「…ッ」
 郁の身体がびくりと震える。大きな瞳が一瞬だけ見開かれ、次第に羞恥に潤み始める。
 布越しの感触を堪能しつつも、跡部は彼女のブラウスのボタンを外していく。
あっという間に外し終わると、容赦なく胸元をはだけさせて、その素肌に唇を寄せた。
「せ、センパイ… ダメ…ッ」
 恥ずかしさに郁は跡部を止めようとするが、それを理解している跡部はもちろん行為をやめない。
 ふにふにとした触感を今度はじかに楽しみながら、色づいた突端に口づけた。
もう片方の膨らみは手のひらですくい上げるように刺激して、彼女をその気にさせていく。
「…ッ、せんぱい」
 苦しげな郁の声に、跡部の加虐心が頭をもたげる。
 柔らかな胸を覆う手のひらに力を込めると、跡部はずっと口に含んでいた、彼女の先端に歯を立てた。
「やッ…!」
 敏感な場所に噛みつかれ、郁は悲鳴を上げて細い身体を仰け反らせる。
ついに耐えられなくなったのか、その場にずるずるとしゃがみこんだ。
 背中を壁につけたまま、俯いて苦しそうに息をする。

 しばらくの間、跡部は両手を壁についたまま、懸命に呼吸を整える彼女を見下ろした。
着衣を乱して頬を染め、肩口を揺らしている姿を眺める。
 白く薄い肌は情欲に火照り、胸の先端は愛撫によってたちあがり、片方は自分の唾液で濡れていた。
 長い睫毛は悩ましげに伏せられ、脚の間からは白い下着が覗いている。
 そんな彼女をもっと困らせてやりたくなって、跡部は唇の端を上げると、
へたりこんでいる郁のすぐそばに片膝をついた。
顎を掴んでムリヤリ上を向かせて、先ほどよりも深く口づける。
「……ッ!」
 声にならない郁の悲鳴を聞きながら、跡部は強引に彼女の唇を開かせる。
自分の舌を押し込んで、彼女のそれを絡め取った。
 強引な跡部の愛撫に、しかし郁の下肢は熱くなる。
心の奥の被虐心が刺激されるのか、たまらなくなって、その場所が切なく疼き始める。
 跡部と唇を重ねたまま、郁は自分の身体の奥のじんわりとした熱に耐える。
 やがて、彼女の入り口から温かな蜜が溢れ出した。
 早くその場所に触れられたい。無意識に、郁はそんなことを願ってしまう。
既に理性は溶けかけて、跡部自身を求め始めてしまっていた。

 強引な口づけを気が済むまで楽しんでから。ようやく跡部は彼女から唇を離す。
その瞬間、郁は跡部に限界を訴える。
「け、景吾センパイ… もう…」
 情欲に疼く身体を持て余して頬を染め、郁は泣き出しそうな表情で跡部を見上げる。
 そんな彼女に、跡部は満足げな笑みを浮かべる。愛らしい彼女のその場所に、早く自分を与えてやりたい。
「…ベッド行くぞ」
はやる心を抑えながら、跡部は郁を抱え上げた。

***

 華奢な身体を横たえて、そのまま覆い被さる。
 トップスを下着ごと脱がせて、露わになった二つの膨らみに、跡部は改めて顔を押しつけた。
「…っ」
 何かをこらえているような可愛らしい息遣いを聞きながら、色づいた先端に舌を伸ばす。
片方の先を丁寧に舐めてやりながら、もう片方を指で摘んだ。
「んッ… あ…」
 瞳を閉じて、郁は熱っぽい息を吐く。
 それに呼応するかのように、跡部に触れられている先端が次第に固さを増していく。
 それまで軽く開かれていた彼女の脚が、不意にしっかりと閉じられた。恥じらうように、もぞもぞと動き始める。
 郁のその仕草に気がついた跡部は、片方の手を彼女の下半身に伸ばす。
どんなふうにしているのか確かめたくなり、郁の身体にまとわりついているスカートを、そっとたくし上げた。
 そのままその場所に手を這わせ、身体を撫でるようにしながら、彼女の動きを確認していく。
 自分の予想した通り、郁は内腿を擦り合わせて、その場所に刺激を与えようとしていた。
 跡部は目を眇めて笑う。こんなにも自分に正直な彼女が愛しくて仕方がない。
 軽く息を吐いて、跡部はゆっくりと身体を起こした。欲求のいいなりになっている恋人を見下ろす。
 長い睫毛を伏せて、呼吸を荒くしながら、郁はベッドの上で思うさま乱れていた。
 性感の虜になっている愛らしい姿を楽しみながら、彼女自身を煽るように、跡部は郁に囁きかけた。
「…可愛いぜ」
 吐息混じりの声でからかう。
 しかし彼女は答えない。脚をもぞもぞとさせたまま、とろんとした瞳で跡部を見上げた。
 その沈黙を催促と受け取ると、跡部は彼女のスカートに手をかけた。
「…脱がすぞ」
 そう言って優しく引き下ろす。次いで下着も取り去って、跡部は郁を一糸纏わぬ姿にする。
 ずっと邪魔に感じていた衣服をようやく全て除かれて、郁は喜びに息を吐いた。
 我慢できなくなったのか、たまらない様子で跡部を強請る。
彼女のその求めに応じて、跡部は露わになった郁のその場所に、そっと指を這わせていった。

 彼の指先が、彼女のそこにわずかに触れる。
「あ…ッ」
 喜びに掠れた声を漏らして、郁はうっとりと身体を震わせた。
さらなる悦楽を求めて自分から脚を広げ、跡部にその場所を差し出す。
 差し出されたその場所に、跡部はぴったりと長い指を沿わせていく。
 既に蜜の滲んでいる、いやらしい割れ目の真ん中に指を置き、跡部は少しずつその中に、自分の指先を沈めはじめた。
 あまりの良さに郁は切なげに喘ぎ、さらなる挿入を跡部に求める。
 彼女の可愛らしいおねだりに、跡部の機嫌はさらに上向く。
もっとたくさん強請って欲しくて、じりじりとした挿入をわざと止めた。
「せん… ぱい…ッ」
 困ったような郁の声を聞きながら、途中までそこに差し入れた指を、跡部はゆるゆると動かし始める。
 ぬるついた割れ目の浅い場所だけを刺激して、彼女をじらして困らせる。
「…ほら、もっと強請ってみせろよ」
 その吐息混じりの囁きは、まるで悪い魔法のようで。
 逆らうことなんてできない郁は、跡部に求められるまま、はしたない言葉を口にする。
 その場所を優しくかき混ぜられながら、郁は潤んだ瞳で跡部を見つめ、彼の長い指と彼自身を何度も欲しがった。
 跡部は小さく息を吐く。
「…仕方ねぇな」
「あ…ッ」
 待ち焦がれた刺激に目を見開いて、郁は甘やかな声を上げる。
ようやく、跡部の長い指が自分自身の一番奥まで入れられたのだ。
 欲しかったものがようやく与えられた喜びに、郁は身体の内側をさらに濡らす。
 眉をわずかに寄せながらも、彼の腕の中で、郁はうっとりと跡部からの愛撫を楽しんだ。
 緩やかな抜き差しに、割れ目から蜜を滴らせ、華奢な身体をくねらせて、自分自身を高めていく。
 跡部の指が増やされた。狭いその場所を広げるように、何本もの指が彼女の中で意志をもってばらばらと動く。
 たまらずに、郁は切なげな喘ぎを漏らす。容赦なくそこが広げられていく感覚。
 興奮に、彼女の身体から水のような蜜が溢れ出す。純白のシーツが汚れていく。
 もう無理と、耐えられなくなった彼女が限界を口にしようとしたそのとき。跡部の指が引き抜かれた。
 郁が訝った瞬間、彼女の一番弱い突起に電流のような刺激が走った。
 ひときわ甘やかな、郁の嬌声が寝室に響く。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ