*Short DreamT*

□【忍足/白石】王子様とデート!ナニワ編
1ページ/2ページ

関西で一、二を争う繁華街で観光地。夏休みのせいか、いつも以上に混み合っている。
堀にかかる橋の上もその向こうのアーケードの商店街も、人で溢れてとても賑やかだ。
下町然としたごみごみとした雰囲気も、この地域らしい。

実はナンパの名所でもある橋の手すり付近では、
観光客とおぼしき人々がわいわいと、有名なネオン看板の写真を撮っていた。
初めてココに来た彼女もテンション高く、他の人に混じってその看板を携帯カメラで撮影していた。
パシャパシャという特有の大きなシャッター音。
さまざまなアングルで撮影したあと、なぜか頬を染めて、彼女…郁は感動の面持ちで言った。
「ホントにテレビで見た通りです!」
当たり前だろうと思いつつも、忍足は穏やかに微笑む。
「…良かったな。ちゃんとセンパイに感謝するんやで」
彼女の頭をぽんぽんとなでる。
センパイとは忍足自身のことだ。
しかしそんな微妙にツッコミどころのあるセリフにも、郁は突っ込まない。
ニコニコと笑って返事をする。
「ハイッ! ありがとうございます。侑士先輩!」
忍足もつられてクスリと笑った。
自分にとっては見慣れた地元の風景でしかないけど、彼女が喜んでくれたなら連れてきた甲斐があった。
「看板と一緒の写真撮ったるわ、携帯貸し?」
「やったあ、ありがとうございます!」
そのときだった。
「――おっ、忍足クンと郁ちゃん!」
唐突に聞こえた明るい声。
「ッ!」
「…え?」
二人は声の方を振り向く。近づいてきたのは、見知った顔だった。
「今日は買い物しにきたん? 相変わらず仲良さそうやなぁ」
「…白石先輩」
驚いたような表情で、郁はポツリとつぶやく。
地元は油断ならない。
人混みの中から目ざとく二人を見つけて声を掛けてきたのは、忍足と同じ大学に通う白石だった。
といっても、忍足は医学部で相手は薬学部だからそこまでの接点はないけれど。
さっきまでのやりとりを聞いていたのか、
白石は人の良さそうな笑みを浮かべて、小さく手を差し出した。
「写メなら俺が撮ったるで? せっかくのデートなんやし、ツーショットのがエエやろ」
一見、親切な申し出だ。けれど赤の他人ならともかく、
未だに微妙な距離感の相手にそんなことを言われて、忍足はわずかにたじろぐ。けれど。
「ホントですか! お願いします!」
あまりにも嬉しそうな郁にほだされて、忍足は言いかけた断りの台詞をグッとのみ込んだのだった。


***

「もっとピッタリくっついてくれな収まりきらんで〜」
郁の携帯を構える白石はニコニコだ。
彼のこんな笑顔を見たのは初めてのような気さえする。
からかわれていることを確信しつつも忍足は渋々と白石に従う。
もしかしたら全国で一番有名なネオン看板。
自分たち以外にも写真を撮ろうとしている人たちは大勢いるし、夏休み中でいつも以上に人が多い。
自分がゴネて撮影に時間がかかれば、他の人の迷惑になってしまう。
「忍足クン表情固いで〜 もっとスマイル! オープンハート!」
いつか跳び蹴りを入れてやる。
明るい冗談とはいえ、思考を読まれて足元を見られるのは軽く屈辱だ。
忍足は仏頂面を崩さずに固く拳を握りしめる。ここに郁さえいなければ。
けれど、スマイルのくだりはさすがの白石も本気ではなかったようで、楽しげな笑みを崩さずに声を張った。
「ほんなら行くで〜 ハイ、ジョーズ!」
カシャリというシャッター音。
撮影終了。白石はカメラの構えを解き、忍足と郁はすぐに橋の欄干から離れる。
すぐにその場所は、待ち構えていた他のグループに奪われた。そして始まる撮影会。

「なんでジョーズなんですか?」
写真を撮ってから、そのまま自分の携帯をいじっている白石に、郁は尋ねた。
「こないだ後輩と遊園地行ったとき、係のお姉さんがそうやって写真撮ってくれたんや」
白石のセリフを聞きながら、忍足は昔の記憶を辿る。
子供の頃、家族と行ったテーマパーク。たしかサメの模型の前。
そういえばそんなこともあったような。
「面白いですね!」
そこにはまだ行ったことのない、郁は瞳を輝かせる。とてもうらやましそうだ。
「オモロイやろ。ネズミの国より楽しいで。今度“侑士先輩”に連れてってもらい」
そう言い終わってすぐ。白石は含みのある笑顔で忍足にチラリと視線を投げかけた。
『余計なお世話や!』
と叫びたい衝動を、忍足は必死に押さえ込む。
けれど。忍足はふと白石が郁の携帯をいつまでもいじっていることに気がついた。
写真の保存にそんなに操作は必要ないハズなんだけど。
「つか、早よ携帯返したれや」
「今保存しとるとこやねん。そう焦らせんといて」
けれど、白石は平然とそんな言葉を口にして。それからさらに数秒後、ようやく郁に携帯を返した。
「保存終わったで、ハイ郁ちゃん」
「ありがとうございます」
「…そういえば、白石、お前ひとりなんか?」
ずっと気になっていたことを、忍足は白石に尋ねる。
彼の性格から考えても、休みの日にこんなところで一人の方が違和感がある。
「っ、それは…」
白石はガラにもなく呻くような声をもらすと、気まずそうな表情を浮かべた。
そのときだった。
「…白石部長、スイマセンっス、なんかレジ混んでて」
気怠げな声とともに、あまりにもタイミングよく。
現れたのは、忍足も知っている白石のひとつ下の後輩だった。
相変わらずトレードマークのピアスは健在で、夏だというのにごついヘッドホンを首にかけている。
手にはドラッグストアの黄色い袋。
「…ッッ!!」
忍足は顔を引きつらせる。
いつぞやのブログ事件でさんざん迷惑をかけられたことを思い出す。
「あ」
向こうも忍足に気づいたらしく、小さく声を漏らす。
ただならぬ気配。というか、忍足が一方的に相手の彼を睨みつけている。
「郁ちゃん、ちょお場所変えような…」
さすがにマズイと思ったのか、白石は郁を二人から離した。


***

「侑士先輩、何かあったんでしょうか…」
「ああ、ちょっと前イロイロな」
不安げに尋ねる郁に、白石はぼかした返事をする。
『ウチの財前がな、忍足クンとキミが道端で抱き合うてるとこ写メってブログに』
なんて言えるわけもなく。
「キミは気にせんでエエで」
白石はそうとだけ言って苦笑する。
離れたところで何やらやりとりをしている、二人に一瞬だけ視線を送った。
後輩が一応謝っているらしいことを確認すると、話題を変える。
「それより、今日はこれからどこ行くん?」
「えっと、浴衣を買いに行こうと思ってて…」
白石の質問に、郁は何の疑問も持たずに答える。
「へえ、キミの?」
意外に面白そうな話題。白石は重ねて尋ねた。
「ハイ」
郁ははにかんだ笑みを浮かべる。
妹の友香里とはタイプは違うけど、いかにもな年下系の従順な可愛らしさに、白石の機嫌は上向く。
逆ナンしてくるような積極的すぎるコは苦手だけど、
女の子の他愛ないおしゃべりに付き合うこと自体は、わりと好きだ。
それは無駄とは思わない。
「どんなん買うん?」
「それが、まだ決めれてないんです」
雑誌や通販サイトを見ても、どれもかわいくて決められない。郁は照れたようにそんなふうに言う。
彼女が髪を揺らした瞬間、シャンプーのほのかなフローラルが香った。
「…なら、ライムグリーンとかエエんちゃう? 爽やかでかわええし、誰ともカブらんでええで」
思わず、そんなことを言っていた。グリーンは自分が一番好きな色。
侑士の好きな色も緑だったことを思い出し、郁は微笑む。
「いいですね」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ