*Short DreamT*

□【跡部】キミと読書!/週に二度永遠に
1ページ/1ページ

もう数十分も待っている。我慢できなくなった跡部は、心の中でつぶやいた。
(ヒマだ…)
 読み終わった洋書をパタンと閉じる。
 自分の家のそれと比べれば狭いベッドの上に寝そべったまま、ちらりと部屋の主に視線をやる。
 小さなセンターテーブルで、相変わらず郁は英語の課題に取り組んでいた。
真剣な表情で、もくもくとノートにペンを走らせている。
 けれど、そんなもん自分がいないときに終わらせておけよと思いつつ、跡部はベッドから身体を起こす。
 手に持っていた洋書を投げ置いて、部屋の中をぐるりと見渡した。何か面白いモノがあればいいんだけど。
 しかし、カノジョの部屋ということもあってか、目につくのはぬいぐるみにファッション誌、
かわいらしいパッケージのコスメなど、跡部にとっては全く興味の持てないものばかりだった。
(…つか、ロクなもんがねぇな)
 小さく舌打ちをして視線を手元に戻す。けれどそのとき。
跡部はベッドサイドのテーブルに、無造作に本が積まれているのに気がついた。
 背景に意味もなくバラが飛び、キラキラした女の子のイラストが表紙のそれは、どうやら少女マンガのようだ。
 自分で読んだことはないけれど、その内容は知っている。確か、女のコの憧れる恋。
 気になって、跡部はそれを手に取った。愛しい彼女の憧れる恋とは、一体どんなものなんだろう。
 しかしその内容に、跡部は軽くない衝撃を受けたのだった…。

「あ! ちょっと、景吾先輩なに勝手に見てるんですか!」
 それから数分が経ってから。ようやく郁は異変に気がつき声を上げた。
慌てて立ち上がり、跡部のいるベッドのところまでやってくる。
 持ち主なので当然、そのマンガの内容は把握している。心なしか郁の頬は赤かった。
「あーん? 別にいいだろ」
 目線は本から離さずに、跡部は彼女をすげなくあしらう。
 しかし次の瞬間。郁の瞳の奥を見つめて、跡部はからかうような笑みを浮かべた。
「しかし、知らなかったぜ」
 わたわたと何か言い返そうとしている彼女を遮って、妙に感慨深そうに言う。
「お前がこんなに欲求不満だったとはな」
 いよいよ郁の頬は赤くなる。
「しかし少女マンガってすげーんだな、マジでただのエロ本じゃねーか」
 ほら、とばかりに跡部は郁にそのシーンが描かれているページを見せつけた。
 俺様なヒーローに強引に行為に持ち込まれて、いやがりながらも感じてしまっているヒロインの図だ。
「ちょ…ッ! もう返して下さいッ!」
 よほど恥ずかしかったのか、郁は頬を染めたままマンガ本に手を伸ばす。どうやら強奪するつもりのようだ。
 しかしもちろん、ここで大人しく取り返されるような跡部ではない。
 彼女の追撃を華麗にかわし、エロマンガをキープしつつ不躾なことを問いかける。
「お前もホントはこういうことされたいって思ってんのかよ?」
「べっ、別に思ってないです!!」
 反射的な叫び声は、間を置かずに部屋に響いた。彼女は相当焦っているらしい。
 しかし跡部は容赦なく、そんな郁を追い詰めていく。
「ウソついてんじゃねーよ、ならなんでこんなモン持ってるんだよ」
「な、内容知らずに買っちゃっただけです!」
 かわいい彼女のかわいくない反論に、跡部の眉は跳ね上がる。
どうして素直に認めないのか。無意識に声が低くなる。
「…全三巻しっかり揃えといて何言ってんだテメーは」
「し、知らずにまとめて買っちゃっただけですし!!」
「…チッ」
 珍しくカマ掛けをかわされた。つい舌打ちをしてしまう。
(いらねぇところで智恵の働くヤツだぜ)
 つまらないと思った跡部は最終手段に打って出た。
「うるせぇ、ここはされたいです景吾先輩って言うところだろーが!」
「えー!」
 横暴と言われようが、これで許されてしまうのが跡部なのである。

 少し大きめのシングル。とはいえ二人で寝そべるには狭いベッドで、郁は自然と跡部に添い寝する。
 ベッドに寝転がったまま、彼女のすぐ隣で、跡部は優雅にエロマンガのページをめくっていた。
(なんか、すごいシュールだな…)
 あの跡部様が少女マンガを読んでいるのだ。しかも、ものすごくマジメな表情で。
 マンガにはもちろんカバーがかかったままで、キラキラとした瞳の女の子が描かれた表紙が激しく浮いている。
 あまりの似合わなさとおかしさに、郁は妙な気分になる。
(…いつもは難しい本ばっか読んでるのに)
 でも、マジメな顔でそんなものを読んでいるところすらも、カッコいいと思ってしまう自分に呆れて、
彼女はこっそりと息をついた。
 悔しいことに元がかなりのイケメンなので、何をしていてもサマになってしまうのだ。
 しかし、気を取り直して、郁はおそるおそる跡部に尋ねかけた。
「…面白いですか?」
 この内容を跡部がどう感じるのか気になったのだ。
 ありがちな安いストーリーだけど、それでも自分は面白いと思ってしまった。
 ところどころでムリヤリ差し挟まれるラブシーンにも、ドキドキしてしまって何度も読み返していたのだ。
「ギャグマンガとしてなら、アリなんじゃねぇの?」
 横目で笑って、跡部はそんな言葉を返す。けれど。
「…だが恋愛マンガとしては最悪だな。こんな展開じゃあ相手の男が哀れでならねぇぜ」
 そう続けてから、跡部はおもむろに本を閉じた。ちょうど三冊目の最終巻。
「でもまあ、そんなことよりもだ」
「え?」
 ぐるり、と郁の視界が回転する。ベッドのきしむ音が聞こえて、背中にシーツの感触を覚える。
 至近距離でニヤリと笑う跡部と、その向こうにはなぜか部屋の天井。
「…あの、先輩?」
 ちょうど押し倒されているような格好だ。危うい気配に郁の胸の鼓動は早くなる。
「アレ読んでたらしたくなったんだよ」
「ッ!」
 予想通りすぎるセリフを返されて、郁は固まる。
 彼女にとっては残念なことに、ここはベッドの上だ。おあつらえ向きすぎる。
「――いいだろ?」
 彼女の頬に跡部はそっと手を添える。氷の欠片のような青い瞳が、愛しげに細められる。
 獰猛で美しい獣に囚われる、そんな錯覚を郁は覚える。ドキドキが止まらなくなって、また頬が熱くなった。
 どうしていいのか分からなくなって、
「な、何言ってるんですか! 冗談言わないでください!」
 思わず、郁は跡部に食ってかかっていた。彼女なりの精一杯の強がりと照れ隠し。
しかしこれも、逆に跡部を煽ってしまう。
 バレバレの虚勢に、跡部の本能が焚きつけられる。
負けず嫌いで意地っ張りな彼女を、今日はどうやって可愛がってあげようか。
「冗談じゃねぇよ、俺様はいつだって本気だぜ?」
 いたぶり甲斐のある愛らしい獲物を見下ろしながら、跡部は喉を鳴らして笑う。


***

疲れて眠っている郁の横で、跡部は再び例のマンガを手に取った。
最終巻の最後のページを探して開く。
 全体のストーリーはご都合主義で微妙だったが、ラストだけは良かったと思う。
「…ネタはパクリだけどな」
 ラストシーン。自分を置いて若くして亡くなってしまったヒロインの墓に、
ヒーローは自分が死ぬまでの間ずっと週に二度永遠に、バラの花を贈り続けるのだ。
 三十年以上もの間、ヒロインの墓所には彼女を象徴する美しいバラが、彼によって手向けられる。
 その花言葉は、情熱と愛情。
 元々は往年のハリウッド女優と野球選手の話だ。
 そこまで思い出してから、跡部は本を静かに閉じて、ベッドサイドのテーブルに戻した。
 可愛らしくて奔放なその女優は、生き急いでしまったけれど。
「…お前は長生きしてくれよ」
 ブランケットにくるまって眠る彼女を見つめながら、ガラにもないことをつぶやいて。
 知らず跡部は、そんな自分に苦笑したのだった。


End
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ