*Short DreamT*

□【忍足/一族】君とまたテニスを
1ページ/3ページ

石畳の美しいプロムナード。それはふたりが通う大学の名前が冠された長い坂道だ。
路傍には青いアジサイが綺麗に咲いている。
「なぁええやろユーシ! ホラこの通り! ホンマに一生のお願いっちゅー話や」
「…しつこいで、ケンヤ」
衣替えも終わった梅雨のある日。
大学の授業を終えて早々に帰路についていた忍足は、イトコの謙也に絡まれていた。
「前にも言うたやろ。テニスはもうやらん。高校まででオシマイや」
「そんな固いこと言わんと、な? 
インハイ準優勝のお前さえ来てくれれば、ウチのテニス部の全医体連覇は間違いなしやで! 
今度は俺とお前で医学部テニス界のてっぺん狙おうや!」
全医体とは“全日本医科学生体育大会王座決定戦”の略称で、
日本全国の医学部の運動部が参加する、医学生スポーツ界では最も重要な大会だ。
話の内容からいって、どうやら忍足は自分のイトコに、
大学のサークルに勧誘されているようなのだが…。
「うっさいわ! そんなてっぺん興味あらへんわ。
とにかく俺はもうテニスはやらんのや。わかったらどっかいけ! うっとおしい」
大学の最寄り駅まで続く長い坂道を、半ば駆け下りるようにしながら、
忍足は妙に必死に自分のイトコを追い払おうとする。
「“そんなてっぺん”て失礼なこと言うなや! 
大体俺かて家コッチなんやから仕方あらへんやろ。ガキみたいなこと言うな」
「…………」
しかし、張り合うようにまとわりつかれながら、
もっともな反論をされてしまい、忍足は閉口する。
今日がなんでもない日なら、一緒に帰るくらい別にいいんだけど…。
実は今日、忍足には大事な予定があったのだ。
だから何としてでも、ここで謙也を追い払わなくてはならない。
なんとか彼を撒こうと忍足は策を巡らすが、次の瞬間の謙也のセリフに息を詰めた。

「おッ! 郁ちゃん!」
「…ッ!!」

なんたる不覚。
現在遠距離恋愛中の愛しのカノジョを、イトコに先に見つけられてしまい、
忍足は悔しさに唇を噛む。
不毛な口ゲンカにエキサイトしていたら、いつの間にか坂道を下りきって、
大学の最寄り駅のところまできてしまっていた。
左腕の時計を見る。
いつの間にかその針は、彼女との待ち合わせ時間ちょうどを指していた。
さっきまで青かった空も、既に薄暮れのオレンジに染まっている。
「お久しぶりです、謙也先輩。 …侑士先輩も」
旅行用のボストンバッグを肩にかけた郁は、二人に向かって微笑みかけた。
そのふんわりとした笑顔に、忍足の胸は高鳴る。
標準語が、この関西の地ではとても新鮮に聞こえる。
一ヶ月ぶりに見る彼女は相変わらず可愛くて、真っ白なワンピースもすごく似合っていて、
本当はすぐにでも抱きしめたいくらいなんだけど、
うっとおしい邪魔者がいるせいで、忍足のその願いは叶わない。
「郁ちゃん! 長旅お疲れさん!」
しかしその邪魔者は遠慮なく、忍足の郁に絡んだ。
彼女の両肩をがしっと掴んで、さっきまでのやりとりを告げ口する。
「聞いたってくれや〜 ユーシがホンマわがままなんやで〜 
もうテニスなんやらん言うてな、俺ンこと困らせるんや!」
「え?」
謙也のその言葉に、郁は戸惑った表情を浮かべ、忍足に助けを求めるような視線を送る。
立ち位置的にも性格的にも、どちらの味方もしづらいのだ。
「ケンヤ、郁に気安くさわんなや」
彼女の視線を受けて、忍足は不機嫌さを隠そうともせずに、謙也に文句を付ける。
「ええやん別に。とって食うんちゃうし。な、郁ちゃん」
しかし、謙也はあっけらかんと郁に笑いかける。
「え、でも、あの」
まさに関西ノリの気さくな謙也に、郁はやはり困った様子で忍足を見つめる。
「郁、こんなアホの相手せんでええで。時間のムダや」
謙也と郁の間にようやく出来た隙を見逃さず、忍足は二人の間に割り込んで彼女の手を取った。
「…とにかく、お前に何て言われようが俺はもうテニスはやらんのや。
わかったら、邪魔者はどっかいけや」
そして、さりげなく彼女の旅行カバンを持ってやりながら、
忍足は露骨に自分のイトコを追い出しにかかる。これ以上つきまとわれてはたまらない。
「しゃーないなあ。ほな、郁ちゃんまたな」
しかし一応気を遣ってくれたのか、謙也はあっさりと引き下がった。
郁にだけ手を振って、賑やかな休前日の学生街に消えていく。
郁は律儀に手を振り返すが、無言で謙也の背中を見送る忍足は、やはり機嫌が悪そうだった。


***

「ゴールデンウィーク以来やね。みんな元気しとる?」
ソファーに腰掛けてお茶を飲みながら、忍足は郁に友人たちの近況を尋ねる。
ここは忍足の部屋だ。
駅からも大学からもほど近い、東京時代と同じような小綺麗なマンションで、
家具も内装もほとんど変わっていないのだが、
壁際の本棚の中身は、大学入試の参考書から医学書になっていた。
「はい、元気ですよ」
忍足の質問に、郁は明るく答える。
「この間の都大会で、青学に勝って…」
やはり二人の話題に上るのは、氷帝のテニス部みんなの話だ。
「ああ、日吉に聞いたで。今年は…」
後輩の活躍に、忍足は嬉しそうに微笑む。
殊更に愛校心を誇示するようなタイプではないけど、でもそれがないわけではない。
忍足のその笑顔に、郁は少しだけ悲しい気持ちになる。
蘇るのは「テニスなんてもうしない」と言ったときの忍足だ。
勇気を出して、郁は忍足に問いかけた。
「…侑士先輩。テニス、やっぱりもうしないんですか?」
彼女らしくない立ち入った質問に、忍足はわずかに目を見開くが、
その問いかけには答えずに、黙ったまま彼女から視線を逸らす。
「…変なこと聞いてすみません。でも、なんだかもったいないような気がして」
中学の頃からずっと取り組んでいて、高校二年と三年の時はインターハイで準優勝。
勝ちきれなかったのは残念だけど、それでもすごい成績だ。
しかし、忍足はどこか気まずそうに笑う。
「…んーまあなぁ。でも、やっぱアイツら以外とは、なんかヤル気せぇへんねん」
改まって忍足にそう言われて、
アイスブルーのジャージを翻す、絶対的なカリスマとチームメイトたちの姿を、
郁は脳裏に蘇らせる。
それは彼女にとっても、きっと一生忘れることのできない大切な思い出だ。
「…………」
郁もまた黙り込む。まぶしすぎる思い出に思わず涙腺が緩んでしまう。
「…それに、ただでさえ勉強とかせなアカンのに、テニスまでしとったら、お前と遊ぶ時間減るやろ?」
しかし、あからさまに落ち込む郁を励ますように、忍足はあえて脳天気な言葉を口にした。
そして、強引に話題を変える。
「そんなことより、今日の晩メシ何がええ?」
けれど、忍足のその気遣いに郁はまた、何だか釈然としないような、憂鬱な気持ちに囚われたのだった。


***

『…やっぱり私も寂しいっていうか、もったいない気がするんです』
『せやろ? 俺もそう思うてずっと誘っててん』
侑士がキッチンに立っている間、郁はこっそりと謙也とメールのやり取りをしていた。
ソファーの上で体育座りをしながら、カチカチと携帯のボタンを押す。
しかし、メールといっても謙也のレスはとても速く、送信して一分以内に返事がくるからほとんどチャットだ。
浪速のスピードスターはこんなところまで速いのだ。
『中高のチームに思い入れあるんは分かるんやけど、
だからって大学はテニスやらんゆうんも、俺は違う思うんやけどな』
なぜか文末にヒヨコの絵文字がついている、真面目なメールを読みながら、郁は謙也の高校時代に思いを馳せた。
関西でも有名なインハイ上位の強豪校で、詳しく知っているわけではないけど、
氷帝とはまた違った良さの、魅力的なチームだったと聞いたことがある。
そして今、謙也は新しいチームで、大学一回生ながら、部の中心メンバーとして頑張っているという。
「……」
謙也のメールを見返しながら、郁は再び考え込む。
(このまま辞めちゃっていいのかな…。せっかくテニス部強い大学なのに…)
以前案内してもらった、キャンパスのテニスコートはすごく立派で、
忍足の選んだ大学らしくて、何だか嬉しく思ったのに…。
(…こんなときって、どうしたらいいんだろう)
郁が小さなため息をついたその時、キッチンから忍足の声が聞こえてきた。
「郁〜 出来たで〜」
「あっ、ハイっ!」
慌てて返事をして、郁は携帯をカバンにしまって、忍足のもとに向かった。

しかし。
「…ずっと携帯いじっとったみたいやけど、誰かとメールでもしとったん?」
キッチンに入った瞬間、出し抜けにそんな質問を投げかけられて、郁はびくりと肩を震わせる。
「ち、違いますよ。ちょっとゲームにハマってて…」
まさか謙也とメールしていたとは言えず、郁はとっさに嘘をついた。
ずっとキッチンにいたと思っていたのに、いつ見られてたんだろう。
テーブルの上の美味しそうなパスタに気を取られつつも、郁は忍足の鋭さに舌を巻く。
「そうなん?」
けれど忍足は、あからさまに不自然な郁のリアクションはスルーして、翌日の予定を彼女に尋ねた。
「明日はどないする? 何かしたいことがあれば、何でも言うて?」
忍足のその言葉に、郁は勇気を振り絞る。
結果として騙すことになるのは気が引けたが、
けれどそれ以上に、このまま何もせずに終わってしまうのがイヤだったのだ。
「あ、あのね…」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ