*Short DreamT*

□【跡部】ROSE THE ONE
1ページ/2ページ

お風呂に入って髪を乾かしたら、あとは眠るだけだ。
二人でベッドに入ったら、まずはギュッと抱きしめて…。
 跡部はそんなことを妄想しながら、椅子に腰掛けて、
この部屋の主にして自分のカノジョの郁の支度が終わるのを、さっきからずっと待っているのだが。
 しかし郁は、そんな跡部の目論見などはつゆ知らず、
ベッドの上で楽しそうに、お風呂上がりの身体にボディーローションを伸ばしている。
 以前跡部にもらった、甘いバラの香りのする海外ブランドのものだ。
 機嫌良く郁はローションを手に取り、左の足先に伸ばす。  
つま先からふくらはぎ、そして太ももへと、脚を伸ばしながら塗っていく。
 そんな彼女を、跡部は手持ちぶさたに眺める。
 ベビードールのようなデザインの、丈の短いキャミワンピから伸びる脚は、
膝から下は細いのに、太ももは意外と肉感的で、腰まわりのラインは丸みを帯びて女性らしい。
 初めて身体を重ねた今日の昼間のことを、思わず跡部は回想する。
 その時は、ガラにもなく余裕がなくて気がつかなかった。
(…まぁ、そんなこともたまにはあるよな)
 心の中でそうつぶやいて、跡部は郁から視線を外す。
 しかしそのとき、ふわりとした花の香りが跡部のもとに届いた。
「…………」
 一度は外した視線を、跡部は戻す。
 郁は相変わらず、楽しそうにローションを塗っている。今は左腕に伸ばしているところだ。
 まだ終わっていないようだったけど、ふにふにと柔らかそうな二の腕につい誘惑されてしまって、
跡部は彼女にちょっかいを出した。ベッドの上に乗って後ろから抱きつく。
「ひゃっ! どうしたんですか、先輩っ」
 その問いかけには答えずに、跡部は郁のワンピースの細い肩紐を落として、強引に脱がそうとする。
「ちょっ! ダメですって!」 
 当然のように、郁は慌てた様子で抵抗するが、しかし、どう見てもそれは本気ではないことは明らかで、
気をよくした跡部はそのまま、彼女を押し倒した。
「きゃっ!」
 可愛らしい悲鳴が上がると同時にベッドがきしみ、ベッドサイドに置かれたローションのボトルが揺れる。
 郁におおいかぶさった跡部は、彼女の首筋に顔を埋めた。自分の見立て通りの、いい匂いだ。
 フレグランスなら香りの源はせいぜい数カ所だけど、
ローションを全身に塗っているから、比喩でなく本当に体中から甘い香りが匂い立っている。
 可憐な花の香りの奥に潜むムスクを嗅ぎ取って、跡部は海外のとある有名デザイナーの名言を思い出していた。
『女はキスされたい場所の全てに香りを纏っておくべきよ』

「も〜! 景吾先輩っ!」 
 不意に下から不満げな声が聞こえて、跡部は我に返る。
「どいてくださいよぉ、まだ終わってないのに…」
 しかし、相も変わらず鈍感な郁の言葉に、跡部の眉はぴくりと跳ねた。
「…あぁん?」
 思わず不機嫌な声が出る。その声に、郁はびくりと肩をすくませる。
「…なんでそんなイヤそうなんですか」
「――イヤだからに決まってんだろ?」
 そう答えると同時に、跡部は郁のワンピースの裾に手をかけた。そのまま一気にめくり上げる。
「…っ!」
 郁は驚きに息を呑む。何もつけていない彼女のふたつの膨らみと、
サイドがリボンで結ばれたひらひらとした下着が、跡部の眼前に晒される。
「せ、せんぱい…っ」
 恋人のか細い抗議は無視をして、跡部は彼女の胸元に唇を這わせた。白く滑らかな、吸い付くような肌だ。
 跡部はその質感を味わいながら、未だに恥じらう彼女の身体を煽っていく。
 鎖骨を舐め上げて、デコルテにキスをして、柔らかな胸の先端を口に含む。
 そんな跡部の行為に、郁は緊張に息をつめて、固く瞳を閉じた。
 けれど跡部は、行為をやめようとはしない。
 口内の小さな突端を舌で可愛がりながら、もう片方の膨らみを片手で包むように持ち上げて、
指先で先端を摘むように刺激する。
「…ッ」
 やがて、郁の口から甘やかな吐息が漏れはじめた。
 最初は強張っていた身体からも次第に力が抜けはじめる。
 跡部の口角がわずかに上がる。もっと良くしてやりたくて、跡部は彼女の下腹部に指を伸ばした。
「…!」
 薄いシフォンの生地越しに触れられて、郁はびくりと身体を震わせる。
 跡部に贈られたその下着は、デザインはとてもかわいいけれど、とても無防備で、指先の感触をほとんどそのまま伝えてくる。
 割れ目を優しくなぞられて、郁の身体にじわじわとした波のような快感が広がっていく。
 身体の奥が熱くなって、その熱が全身に広がって、郁の意識は濁りはじめる。
「…あっ …ん」
 心地よさに切なげな喘ぎを漏らすと、郁のその場所をなぞる跡部の指にわずかに力が込められた。
 快感がさらに高まって、郁は瞳を潤ませる。
「…きもち…いい…」
 無意識に、そんな言葉を口にしていた。
 跡部は満足そうな笑みを浮かべると、ご褒美とばかりに、彼女の下肢の突起をつま先で掠めた。
「あッ…」
 布越しの刺激に、郁は小さな声をあげる。そのはしたない声に、彼女は自分でも驚いてしまう。
恥ずかしさと同時に、形容しがたい心地よさが押し寄せてきて、郁はぎゅっと瞳を閉じた。
「…っ」
 最初は、こうやって布越しに触れられるのが一番好きだ。
 強すぎず弱すぎない刺激がちょうどよくて、もっと欲しくなってしまう。
 けれど、そんないやらしいことを口にできるはずもなく、郁は必死に唇を噛んで、声と心地よさとを我慢する。
 しかし、そんな彼女を跡部は容赦なく追い詰めていく。
 すっかり抵抗できなくなった白い身体を開かせて、彼女の柔らかな場所をさらに攻める。
 先端を執拗に刺激しながら、潤んだ割れ目を擦り上げて、彼女の身体を興奮させていく。
 ついにこらえられなくなった郁は、ようやく声を漏らしはじめた。
さらなる快楽を求めて、自分から跡部の愛撫をねだる。
 彼女の媚態を楽しみながら、跡部は郁の求めに応じる。
 そして、そこが布越しでもわかるくらいに熱く潤ったのを確かめてから、跡部は部屋の電気を落とした。
 ワンピースを脱がせて、下着の両サイドのリボンをほどいて、彼女を一糸纏わぬ姿にする。
露わになった郁の濡れた入り口に、優しく指を差し入れた。
「…っ …あっ、ん」
 大きく脚を開いたまま、郁は心地よさに声を漏らして涙をこぼす。
 粘性の水音とともに、跡部の指先が、彼女の中に呑みこまれていく。
 奥までしっかりと埋めてから、彼女の様子を確認して、跡部は指先を動かしはじめた。

「…ッ、は …あん」
 常夜灯の淡いオレンジの光の中で、安心しきって乱れる郁の姿に、跡部は情欲をそそられる。
 彼女の身体がさらに高まっていくように、跡部は郁の内側を丹念に可愛がる。
 入念に中を探りながら、ときおり内壁を擦り上げて、彼女自身を追い上げていく。
跡部に指の動きにあわせて、郁は恍惚に浸った吐息を漏らす。
 彼女がうっとりと身体をよじるたびに、甘やかなバラとムスクの香りがたちのぼる。
 そのかぐわしい香りにどうしようもなく誘惑されて。
我慢しきれなくなった跡部は、郁の身体から指を抜いた。
荒々しい手つきでシャツを脱ぎ捨て、裸の彼女に覆い被さった。
 芳香を楽しみながら、真っ白な身体を貪るように味わっていく。
 首筋からデコルテへ唇を滑らせて、ときおり赤いアザを残しながら、どんどん下に降りていく。
 膨らみの頂も味わって、腹部にも痕をつけて、ついに跡部は、先ほど指先で執拗に愛した、彼女のその場所にたどりついた。
「や…っ、そんなとこ…」
 恥じらいにやめさせようとしてくる郁に構わず、跡部はその場所に唇を寄せる。
「…ッ!」
 敏感な突起に舌を伸ばされて、彼女の身体が大きく跳ねた。
感じたことのないしびれるような快感が、郁の背筋を駆け抜ける。
 そこに舌で触れられるだけで、郁の身体はビクビクと跳ねて、自分の意志とは無関係に、甘やかな悲鳴を上げてしまう。
 しかし跡部は、郁の下半身を押さえつけながら、容赦なくその場所を可愛がる。
 包皮を除いて剥き出しにして、舌先で間断なく刺激する。
「あッ… や…あッ」
 電流を流されているような感覚に抗えず、郁は切なげな喘ぎを漏らしながら、うっとりと全身をくねらせる。
 羞恥と快楽に、彼女の瞳が潤みはじめる。
 こんなところまで間近で見られて、そして愛されてしまうなんて。
 あまりの恥ずかしさに、郁は涙をこぼして瞳を閉じる。
 そうこうしているうちに、熱く濡れた内側に跡部の指が入ってきた。
 先端を舌先で愛されながら、内壁の感じるところばかりを擦られる。
 か細い声を漏らしながら、あまりの気持ちよさに耐えきれず、郁は無意識に、跡部から逃げ出そうとしてしまう。
 けれど、その仕草に彼女の限界の近さを感じ取った跡部は、郁が逃げられないように彼女の腰を押さえ込んだ。
 そして躊躇いなく、内側の一番弱いところを刺激する。
「…や、そこ、ダメ…っ」
 全身を震えさせながら、郁は跡部を止めようとするが、それをおねだりと受け取った跡部は、その場所をさらに刺激した。
同時に下肢の突起を舐め上げる。
 ひときわ甘い声を上げて、泣きながら、郁はあっさりと達してしまった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ