*Short DreamT*

□【忍足】かわいいキミを泣かせたい
1ページ/2ページ

「郁、郁! ホラ、起き?」
何度もそんなふうに声を掛けながら、
忍足はまだベッドで眠っている彼女をゆさゆさと揺する。
カーテンの隙間からは、もう朝の日差しが差し込んでいる。
しかし、彼女――郁は、全く起きようとしない。
目は覚めているようなのだが、まだ寝ていたいらしく、
何事かをつぶやきながら、掛け布団をかぶり直して抵抗している。
「…ホンマ、しょうがないやっちゃなあ」
忍足は苦笑して、昨夜のことを思い出した。
自分が満足するまで付き合わせてしまったから、その疲れが残っているのだろう。
彼女の寝姿をじっと見つめる。
「…でも、お前が起きてくれんと、俺ヒマなんやけどな」
忍足のいるここは、一人暮らしの郁の部屋だった。
「んっ…」
不意に、郁が寝返りを打った。
今まではずっと背中を向けていたのが、こちらの方を向く。
その幸せそうな寝顔に、忍足は思わず笑みをこぼした。
「…俺も寝よ」
トップスを脱いで、上半身だけ裸になる。
彼女を起こしてしまわないように気をつけながら、
そろりとベッドの上に乗って、布団にすべり込んだ。
後ろからギュッと抱きしめる。
すっぽりと自分の腕の中におさまるサイズの、柔らかな身体が愛しい。
首筋に顔を埋めたら、ほのかに甘い匂いがした。
ベルガモットのような爽やかな香りだ。
『…何やろコレ。香水なんかな』
今度お気に入りの香りを贈ろう。そうすれば自分も楽しいし…。
ぬくぬくとした布団の中で、忍足は機嫌良くそんなことを妄想する。
しかしそんなことを考えていたら、昨夜の続きがしたくなってきた。
「…………」
何となく郁に悪い気もするが、生理現象はどうにも出来ない。
「…でもまぁ、そのうち起きるやろ」
自分に都合良く結論を出すと、忍足は身体を起こして、
コトを致すにはジャマな布団をはぎ取った。


***

郁をそっと仰向けにして、キャミソールの上から胸に触れる。
何度も先端をかすめるようにしてから、
包むように手を置いて柔らかな感触を楽しむ。
「っ、先輩…?」
ようやく彼女が目を覚ます。
ぼんやりとした表情で、忍足に定まらない視線を投げかける。
「やっと起きたん?」
そんな彼女を見おろしながら微笑んで、
けれど、どうしても続きがしたい忍足はキャミソールの中に手を入れた。
何もつけていない身体に突然触られて、郁は驚いたような声を出す。
ダメと言いながら、なんとか止めてもらおうともがくが、
「アカンで」
あっさりと忍足に押さえ込まれて、唇を塞がれてしまう。
「っ…!」
ベッドに押しつけられるようにキスされて、
ようやく郁は、忍足にやめる気がないことに気がついた。
強引に口を開かされて、温かな舌がねじ込まれる。
舌先が触れ合ったと思ったら、すぐに全体を絡め取られて、執拗に侵食され始めた。 
自然と息は上がり、郁の目尻に生理的な涙が浮かぶ。 
なかなか離してもらえないのはイヤなのに、
それでも、忍足に慣らされた身体は素直に反応を示し出す。
意識は次第に濁り始めて、下肢の奥まった部分がじんわりと熱を帯びていく。
「…俺のこと放っといて寝とった、悪いコにはオシオキ」
そう言って忍足は、郁に唾液を注ぎ込む。
突然のことになすすべもなく、郁はそれを懸命に飲み干す。
ヒドイことをされているはずなのに、熱くなった彼女の身体は心地よさに疼き始めた。
イヤだったはずなのに、ほんの少し可愛がられただけで、
あっさりとその気にさせられてしまう自分が悔しい。
けれどその場所は、もう自分でもわかるくらいに潤ってしまっていた。
彼女の脳裏に浅ましい願いがよぎる。
「…腰、少し浮かせて?」
早く直接触って欲しくて、郁は忍足の言う通りに腰を浮かした。
ショートパンツごと下着をおろされて、キャミソールも脱がされて、
一糸纏わぬ姿にされる。
そのまま膝を割り入れて、忍足は郁の脚を大きく広げる。
膝の裏に手を入れて、彼女の下肢を上半身に向けて倒した。
今は朝で、部屋は明るい。
電気をつけていなくても、お互いの身体や表情はよく見える。
はずかしさに怯んだような声を漏らして、郁は瞳を伏せる。
本能では忍足を求めていても、理性の全てがなくなってしまったわけではないのだ。
「…明るいところでするのもエエかもな」
そんな彼女を、忍足は楽しそうに見下ろす。
自分の下で脚を開いて濡れた入り口を見せながら、
はずかしそうにしている彼女が可愛くて仕方がない。
脚の間に指を伸ばす。
もの欲しそうに透明な体液を溢れさせているそこに、中指だけでそっと触れた。
わずかに身体を震わせて、郁は小さな悲鳴を上げる。
彼女の可愛らしい声を聞きながら、
忍足は、トロトロになっているその場所をゆっくりとなぞっていく。
まだ指は入れずに、表面を優しく押すようにしながら、じっくり刺激を与えていく。
やがて、郁は腰を揺らし始めた。
最初はあんなにぐずっていたくせに、
こんなにも簡単に自分に搦め取られてくれる、欲求に素直な彼女が愛しい。
彼女の体液で指先をしっかり濡らしてから、忍足は郁の突起に触れた。
一番感じるところを刺激され、ひときわ高い声を上げて、郁は涙をこぼす。

口角を引き上げて笑みを作って、忍足は彼女に尋ねる。
「…そんなに気持ちええん?」
濡れた瞳で郁は忍足を見上げると、頬を染めてこくりと頷く。
その答えを聞いて満足げに微笑むと、
忍足は彼女の突起に触れながら、入り口の浅い部分をかき混ぜ始めた。
「…ッ、んっ…」
我慢しきれず声を漏らして、羞恥に郁は頬を染める。
けれど快楽には抗えず、脚を大きく開いたまま、
朝の日差しが差し込む室内で、郁は腰を揺らし始めた。
いじられているその場所を、忍足に見せつけるように腰を振る。
…早く指を入れてほしいのに、なかなかそうしてもらえないのがもどかしい。
いつもならすぐに奥まで入れてくれるのに、
なぜか今日の忍足は、入り口の浅いところばかりを刺激する。
切なさに苦しくなって郁は忍足を呼ぶが、逆にクスリと笑われてしまった。
意地悪に尋ねられる。
「――どうして欲しいん?」
「…っ!」
お約束の展開に、また涙をこぼしてしまいそうになる。
けれど、どうしても我慢できずに、郁はおねだりをしてしまった。
疼いて仕方がないその場所を自分で広げて、忍足に見せながら、
ずっとして欲しかったことを口にする。
…わずかに笑みを深くして、忍足は彼女の中に長い指をさし入れた。
「あ…んッ」
待ち焦がれていたものをようやく与えられ、郁はうっとりと息を吐く。
ずっと焦らされていたせいか、それだけで満足してしまいそうになる。
幸せそうに恍惚に浸る郁を眺めながら、忍足は彼女の中に埋めた指を動かし始める。
それを自分自身に見立ててゆっくりと、何度も出し入れを繰り返す。
「あッ… あ」
心地よさそうな声を漏らしながら、彼女の身体は昂ぶり始める。
忍足の動きにあわせて腰を揺らしながら、郁はふと嬉しそうな表情を浮かべた。
背徳感にも似た快感が忍足の背筋を駆け抜ける。
乱れる姿をもっと見たい。
抜き差しする指を増やして、忍足は彼女の脚の間に顔を近づけて、
先端の突起に舌を伸ばした。

突起を舐められるたびに、郁の腰はびくびくと跳ね、甘く高い声が漏れる。
彼女の先端を舌で刺激している間にも、忍足は郁の内側を指でくちゅくちゅと可愛がる。
そして、郁は一瞬だけ息を詰まらすと、白い身体をのけぞらせた。
甲高い悲鳴を上げて、全身を痙攣させる。
あまりの快感に、彼女の目尻をまた涙が伝う。


***

肩を上下させながら、懸命に息を整える彼女のとなりで、
忍足は自分のボトムを引き下ろした。
ベッドの上に座り、仰向けに寝ている郁を引っ張り起こして、
自分の脚の間に顔を埋めさせる。
そして彼女の口元に、張りつめた自分自身を差し出して促した。
郁は僅かにためらうが、拒めないと悟ったのか、観念したように睫毛を伏せた。
自分から忍足のモノに顔を寄せて、懸命に舌を遣って裏側の線条を舐め上げていく。
先端まで舐め終えて、口に含んだ。
幼さの残る清楚な彼女が、たちあがった男のモノを愛しげに咥える姿は倒錯的だ。
またあの背徳感にも似た情動が呼び起こされて、忍足は呼吸を浅くする。
自分の中の何かが煽られて、もっと酷いことをさせたくなる。
忍足は郁の後頭部に手をやった。
ぐっと引き寄せて、自分のモノをさらに奥まで咥えこませる。
「…んっ …っ」
苦しそうにしながらも、郁は瞳を閉じたまま忍足自身を咥え続ける。
教え込まれた通りに強く吸いながら、
口の中で舌を使って上端の首の段差の部分を舐めていく。
忍足は声を堪えながら、郁の頭を慈しむように優しく撫でる。
それが嬉しかったのか、
彼女は不意に忍足を見上げると、はにかんだような笑顔を見せた。
改めて忍足自身を咥え直して、さらにきつく吸い上げる。
心地よさに耐えきれず、忍足は吐息混じりの声を漏らした。
…もう我慢できない。

もうしなくていいと告げて、忍足は彼女の身体を起こした。
そのままベッドに沈めるように押し倒す。
手の届くところに用意していた薄い膜を手早く着けると、
細い腰を押さえつけて、容赦なく貫いた。
潤った狭い場所に滾った自身を埋めていく。
眉根を寄せて、郁は辛そうな声を漏らす。
さすがに痛いらしく、華奢な身体がこわばり固くなる。
奥まで自身を埋め込んでから、忍足は郁の唇に触れるだけのキスを落とした。
目尻ににじむ涙を舐め取って、首筋や胸元にも唇を寄せていく。
しばらくの間そうやって郁をなだめていたら、
ようやく彼女の身体から余計な力が抜け始めた。
息遣いに、先ほどまでの甘さが戻り始める。

郁の両腕が自分の首の後ろに回されて、白く細い脚が胴回りに緩やかに絡む。
この瞬間がたまらなく好きだ。愛されて、求められているような気がして。
…彼女には申し訳ないけれど、今日は優しくしてやれそうにない。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ