*Short DreamT*

□【跡部】春のあしおと
1ページ/1ページ

「これかわいいです!」
ネコのキャラクターがデザインされた、ピンクのペンケースを手に取って、郁は機嫌良く笑う。
 おなじみの頭にリボンをつけた白い子ネコが、
たくさんのハートマークに囲まれて、薄ピンクの背景の中にちょこんと座っている。
エナメルのつやつやした素材で汚れにくそうなのだが、少しだけ値段はお高めだ。
 そんな彼女のチョイスに、しかし跡部はあからさまに嫌そうな顔をする。
「やめとけよ、ガキくせぇな」
「えー!」
「つか、なんでペンケースにネコがいるんだよ。いらねえだろネコ。うっとおしい」
「いいじゃないですか。ネコかわいいじゃないですか!」
「却下だ。ガキじゃねぇんだからよぉ」
 そう言って、跡部は彼女の手からペンケースを奪い取り、売り場に戻した。
「あ!」
「あ、じゃねえよ。どうせならネコいないやつ買え、ホラ」
 そして、似たようなサイズのペン入れで、何の絵もついていないシンプルなものを、彼女に持たせる。
 同じエナメル素材だけど、真っ黒で英字のブランドタグだけがついている、オトナっぽいデザインのものだ。
「…はぁい」
 不満げな表情で、しかし郁は一人レジに向かう。そんな彼女の背中を見送って、跡部は眉間にシワを寄せた。
「…ったく、もうすぐ高三だっていうのに、しょうがねぇヤツだぜ」
 季節は、ひなまつりも終わった三月。吹く風ももう暖かく、マフラーも手袋もいらない時期だ。
 今日は郁のリクエストで、彼女の家の近くのショッピングモールに、ふたりで買い物にきていた。
そして、彼女の好きな雑貨屋で一緒に文房具を選んでいたのだが。
彼女の年相応の女のコらしい趣味に、さっそく跡部はウンザリとさせられていた。
 これがカワイくて、あれはカワイくないだの言われても、
興味のない自分には、その違いがサッパリわからないのだ。
 疲れを感じた跡部は、何気なく雑貨屋の向かいのカフェに目をやった。
しかし、その店頭の看板の文字に、また考え込んでしまう。
『期間限定 SAKURAラテ 好評発売中!』
 店先に置かれている、イーゼルに乗せられたブラックボードには、温かみのある手書き文字でそう書かれていたのだが。
「…………」
 サクラ味の飲み物というのは、はたして美味しいのだろうか。そもそも、どんな味なんだろう。
 手持ちぶさたなこともあり、跡部は思わず考え込む。すると、タイミング良く彼女が戻ってきた。
「…お待たせしました、先輩!」
 ちょうどよかったと、跡部は彼女に尋ねる。
「なぁ郁、サクララテってどんな味がするんだ?」
「桜餅みたいな味ですよ。ホワイトチョコがベースで、意外とおいしいんですよ」
「へぇ…」
 跡部は改めてカフェのボードに視線を戻す。
 あと一ヶ月もすれば、今年も美しく咲くんだろう。自分の通う学園にある立派な並木を、跡部は思い浮かべる。
 満開になる頃にはいつも、部のメンバーに連れられて見に行っていたんだけど。
 しかし今年は、残念ながら自分はその美しい景色を見ることは出来ない。
その頃にはもう、留学先に行っているはずだからだ。
 数日後に迫った出発の日を思い出し、跡部はわずかに表情を曇らせる。
「…跡部先輩? どうかしたんですか」
 そんな自分の変化に気がついたのか、郁は心配そうに声を掛けてきた。
 しかし、感傷を気取られたくない跡部は、いつも通りに振る舞った。
「…なんでもねぇ。用が済んだなら行くぞ」
 ペンケース以外にも色々と必要なものを買い込んで、二人は彼女の家に戻った。

「…今お茶の用意しますから、待っててくださいね」
 そう言い残して、郁はパタパタと台所に行ってしまった。リビングに残された跡部は、ソファーに腰をおろした。
 脚を組んで、改めて部屋の中を眺める。
もう何度も来ている見慣れたリビングなんだけど、しばらくは来られないのだと思うと、やはり寂しくなってくる。
 長期休暇の時はもちろん日本に戻ってくるつもりで、
これが最後というわけではもちろんないけど、寂しいものは寂しいのだ。
それは、跡部といえども同じだった。
 けれど、そんな自分をらしくないと切り捨てて、跡部は何とか気持ちを浮上させる手がかりを探す。
 ふと、テーブルの上に油性ペンが置かれているのに気がついて、跡部はそれを手に取った。
口の端だけで笑って、ソファーから立ち上がり、本棚の上の氷帝ジャージ姿のクマのぬいぐるみに手を伸ばす。
 以前は郁の部屋のベッドサイドに置かれていた、左手にバラの花が縫い付けられている、あのクマだ。
 左手でペンのキャップを開け、跡部はためらいなく、クマの右目の下に泣きボクロを書き込む。
 しっかりと目立つようにグリグリと描いて、そしてキャップを閉めたペンと一緒に、
リビングの机の上にポイと投げ置いた。
そして、自分は改めてソファーに腰を下ろす。
 ここに置いておけば、郁は必ず気がつくはずだ。まだ見ぬ彼女のリアクションを想像し、跡部は口角をわずかに上げる。
 そのとき、ちょうど彼女が戻ってきた。両手でお盆を持って、その上には湯気の立つカップが二つ。
「先輩、紅茶どうぞ。 …って、あっ!」
早速テーブルの上のクマに気づいて、郁は声を上げる。
「もうっ! ちゃんと元の場所に戻しといてくださいよ」
 お盆とカップを置いてから、大事そうにぬいぐるみを拾い上げる。しかしその瞬間、彼女は思い切り青ざめた。
「って、何ですかこの泣きボクロ!!」
 予想以上のリアクションに、跡部は得意気に笑う。
「ますます俺様らしくなっただろ?」
「俺様って、え、何コレこすっても消えない?!」
「油性だからな」
「えっ?!」
 跡部にそう言われてようやく、郁はテーブルの上に転がる油性ペンに気がついた。
「あっ! もう何てことするんですか!!」
 ペンとクマを交互に見つめて、改めてクマの右目の下をこすって、郁は非難がましい声を上げる。
 しかし、彼女のあまりの焦りぶりに跡部の機嫌は悪くなった。
「…つか、そんなクマ別にどうだっていいだろ。お前の隣にはホンモノがいるんだから」
 例えぬいぐるみのクマであっても、愛しのカノジョが自分以外に愛情を向けるのが許せずに、跡部は郁に突っかかる。
「そ、それは…」
「だいたいテメェはなあ、クマだのネコだのに愛情を注ぎすぎなんだよ」
「そっ、そんなことないですよ!」
「そんなことあるぜ。大体テーブルの上のカレンダーだって、そのクマじゃねぇか」
 憮然とした表情で、跡部は机の上の小さなカレンダーを指さす。そして、うっかり本音をこぼしてしまう。
「…クマより俺に愛情をそそげっての」
「え?」
「なんでもねーよ、バーカ!」
 照れ隠しで子供のように彼女を罵ると、跡部はカレンダーのそばに置かれていた、
小さなこげ茶色のマスコットに、やつあたりの標的を移した。
「それと、あのキノコみたいなのは何なんだよ。前はあんなの無かったよなぁ?」
 微妙にヒワイなフォルムの、シュールな目鼻立ちのそれを軽く睨みつけながら、
ほとんど言いがかりのような内容で彼女を責める。
「あれは… この前日吉くんにもらったんです」
 その返答を聞くと同時に、跡部はそのキノコを掴み取った。
「没収」
 自分のズボンのポケットにムリヤリ押し込む。
「なんでですか?!」
 跡部の予想だにしない行動に、郁は目を丸くする。
「なんでもだバカ! 大体これ以上ぬいぐるみなんて増やすんじゃねぇよ!」
 ぬいぐるみが増えることなんてどうでもよくて、本当は郁が他のオトコからのもらい物を、
部屋に置いているのが気に入らないんだけど。
もちろんそんなこと言えるはずもなく、改めて跡部は自分の独占欲の強さを自覚する。
 しかし、跡部のそんな本心が鈍感な郁に伝わるはずもなく、二人は不毛なケンカを繰り広げる。
「いいじゃないですか! 返して下さいよ!」
「ダメだ! 大体あんなキモいもん部屋に置いてんじゃねぇよ。ふざけんな!」
「キモくないです! それに、あのキノコだってすごく流行ってるんですっ! とにかく返して下さい!」
 本当に困った様子で、郁は必死に跡部に頼み込む。
「ダメだッ!」
 しかし頑なに撥ねつけられて、彼女はしぶしぶキノコの奪還を諦めたのだった。

「…もう、信じらんないっ!」
 ふくれっ面で、郁は跡部のとなりに腰掛ける。
(この鈍感ッ!)
 跡部は黙り込んだまま、心の中でだけそう言い返す。
 面倒くさいと思われようとも、しかし大好きな彼女にだけは、自分の気持ちは言わなくても分かってもらいたい。
 ワガママな恋心を、無意識に跡部は持てあましていた。
 といっても、言わせんな恥ずかしいと相手に甘えているだけなのだが、今の彼がそれに気がつくことはない。
 キングの愛情表現は、いつだって難儀なのだ。
 しかし、テーブルの上に置かれている、紅茶の注がれた桜柄のカップを見て、跡部は大切なことを思い出した。
 数日後の、自分が留学先に出発する日のことだ。
 本当はもっと早く伝えなければならなかったのに、ガラにもなく言い出せずに、ズルズルきてしまっていた。
 本当はこんなケンカしている場合ではなかったのだ。
「…そうだ郁、卒業式の日のことなんだけどな」
 いつも通りの口調で切り出したつもりだったのに、声がわずかに上擦った。
内心で舌打ちをしながら、しかし跡部は言葉を継いだ。
「出発の飛行機は――時だから。――時までには空港に来いよ」
「あ… ハイ」
 けれど、心なしか彼女も動揺しているようだ。
色々と感傷的になっていたのは自分だけではなかったと思い、跡部は少しだけホッとする。
「遅刻すんじゃねぇぞ」
 しかし、そう念を押した瞬間、急に横から抱きつかれた。
「オイ、郁…」
 正面から抱きしめ直したくて、跡部は自分に抱きつく郁を一旦引きはがそうとしたのだが、
彼女のあまりにも辛そうなすすり泣きに断念する。
 机の上のカレンダーに目をやると卒業式は明後日だった。
 桜の木の下で“spring has come!”と無邪気に喜ぶクマを見つめながら、跡部は無意識につぶやいた。
「…春なんて来なければいいのにな」


End
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ