*Short DreamT*

□【跡部】2月13日23時45分の攻防
1ページ/1ページ

ソファーに寝そべって洋書を読む彼に向かって、郁はおずおずと声を掛けた。
今は二月で、十三日の金曜日の夜。外はとても寒いけれど、二人のいるここはエアコンが効いて暖かだ。
「あっあの、跡部先輩」
「あ〜ん? 何だよ」
 視線は本に向けたまま、彼――跡部はぶっきらぼうにそう答える。
カノジョの郁の部屋にいるときは、こうやって好きな本をゆったりと読むのが、跡部のお決まりだった。
無愛想な返事にめげそうになりながらも、郁は自分を鼓舞して話を続ける。
「英語で分からないところがあって」
「……」
「教えてほしいんですけど…」
 跡部が横になっているソファーのそばのテーブルで、郁は必死に英語の宿題と格闘していた。
 そしてどうにも勝機が見いだせず、彼に助けを求めたのだったが。
「…テメーでなんとかしろ。俺様は甘やかさねぇぞ」
 けんもほろろに断られ、郁は少しだけ涙ぐむ。
 実はストイックで、ものすごく努力家なところも大好きなんだけど、
カノジョなのに甘やかしてもらえないのは、ちょっと切ない。
「そ、そんなこと言わないでくださいよ〜 もう二十分自分で考えて分からなかったんですよぅ…」
 厳しいことを言われてヘコみながらも、郁は必死に跡部に頼み込む。
「…ちっ、仕方ねぇな」
「わーい! ありがとうございます」
 しかし、なんとか承諾を取り付けて郁は安堵する。
けれど、跡部の表情は微妙だ。何か言いたげな顔をしている。
不安になった郁は、遠慮がちに跡部に尋ねた。
「…どうかしたんですか?」
「腹減った」
「……えっ?」
 返ってきた答えは、あまりにもらしくないもので、郁は唖然とする。
「教える前になんか食わせろ。郁、何か持ってこいよ」
 しかし、跡部はいたって真面目そうだ。郁は心の中で慌てる。
(いつもはそんなこと言わないのに、なんで急に…!!)
 夜食自体は簡単に用意できるのだが、今は困るのだ。
「そ、そんなこと急に言われましても…」
「あん? 何だよそのリアクションは」
 彼女の妙な言い回しに、跡部の眉が跳ね上がる。
「つか、台所にポッキーが山ほどしまってあったじゃねぇか。あれでいいから持ってこいよ」
 よほど口寂しいのか、ちょっとだけイライラとした様子で跡部は言う。
 読んでいた本をテーブルの上に置き、身体を起こす。
「ッ! アレですか?! ダ、ダメですよ!」
焦った郁は、思わずそう叫んでしまう。
「あぁん?! 何でだよ」
「だ、だってチョコ…じゃない! えっと、あれはジロー先輩に…」
「はァ?! なんでそこでジローが出てくるんだよ!」
 空腹な上に、愛しの彼女に他の男の名前を出され、跡部の機嫌は一気に悪くなる。
「…ふざけるなよ! 全部持ってこい、俺様が一つ残らず食ってやる!」
「えー!!」
 人一倍モテるけど、独占欲はさらに強いキングにヘソを曲げられ、郁の焦りは倍加する。
 他の日なら別にポッキーくらいいくらでも献上できる。でも今この瞬間だけはイヤなのだ。
「つか、お前が持ってこねぇなら俺が…」
 その場を動こうとしない郁に業を煮やしたのか、跡部はソファーから腰を浮かせる。
「ちょっ、ちょっと待って下さい! 先輩ッ!」
 いよいよ慌てた、郁は跡部にしがみつく。身動きがとれないように抱きついて、彼を制止しようとする。
「あぁ?! 離せよ!」
「ちょッ! もう… だからッ!」
 何を言っても諦めてもらえないせいだろうか。このときの郁は明らかに、冷静さを失っていた。
 そして彼女はうっかりと叫んでしまった。
「日付変わるまで、ガマンしてください!!」
 繰り返しとなるが、現在は二月十三日の夜である。
「「…………」」
 リビングになんともいえない沈黙が落ちる。
 しかしその一瞬あと、跡部は盛大に吹き出していた。
 目尻に涙を浮かべながら爆笑する跡部の横で、郁は頬を染めて悔しそうに俯く。
「…わかったよ。お前がそこまで言うなら我慢してやるよ」
 笑いをこらえながら、この上もなく嬉しそうに言われてしまって、郁はますます顔を赤くする。
「あ〜 早く日付変わんねぇかな〜〜」
「っ! 跡部先輩のバカっ!!」
 わざとらしいセリフにムッとして、郁は跡部を睨みつけるが。
「バカはお前だろーが」
 もっともなことを言い返されて目を逸らす。

 そう。バカなのは本当に自分の方なのだ。せっかく驚かそうと思っていたのに、もう全てが台無しだ。
 気がつくと、ソファーに腰を下ろした跡部に抱きついたまま、郁は涙をこぼしていた。
ぐずぐずと、小さな子供のようにしゃくりあげる。
「…つーかお前といると、ホント退屈しねぇよな」
 めそめそとする彼女の頭を優しくなでながら、どこかしみじみとした口調で跡部は言う。
 郁は黙ったまま、跡部の肩口に顔をうずめる。
「サーブも空振りするし」
 穏やかにそう言って、跡部は郁を抱きしめ返す。
「い、今はちゃんとできますしっ」
「…そうだな、頑張ったもんな」
 心なしか最近泣きべそをかいてばかりいるような気のする、かわいい年下の彼女を、跡部は精一杯甘やかす。
 身体の重みと温もりをしっかりと受け止めながら、さらさらの髪の毛を優しく梳く。
 たまにはアメを与えておかないと。逃げ出されたら困るのは、むしろ自分の方なのだから。
 髪に触れられるのが気持ちいいのか、郁はさらに、跡部に身体を押しつけてくる。
 しばらくの間そうしてから、郁は跡部の表情をのぞき込むようにして尋ねてきた。
「…たくらみが失敗するのも、カワイイですか?」
 拗ねたような顔で、こうやって上目遣いで甘えられるのも、たまらなく心地いい。
「…カワイイよ」
 彼女の求める答えを、穏やかな笑顔とともに差し出してから、跡部は不意に、唇の端を上げた。
「つーか、こないだからいやに積極的じゃねぇか」
 ことさらに扇情的な言い回しで、郁をからかう。
「…っ!」
 彼女はハッとする。ソファーに座る跡部にずっと抱きついていた自分にやっと気がつき、慌てて離れようとするが、
「逃がさねーぜ?」
「ッきゃ!」
 とても器用に、跡部は郁をソファーの上に押し倒した。
「教えてくれよ。どういう心境の変化なんだ?」
 ニヤニヤと楽しそうに、跡部は彼女を見下ろす。
顔をそむけられないように、郁の顎に強引に掴んで自分を向かせて固定した。
「……ッ!!」
 視線だけを跡部から逸らして、彼女は恥ずかしそうに瞳を伏せる。
「…まぁ別に、俺はお前とイチャつけるならそれでいいんだけどな」
 顎を掴んでいる手の親指で、跡部は彼女の唇にそっと触れる。柔らかな感触を楽しむように、指をすべらせる。
とたんに甘くなる雰囲気に、郁は戸惑う。

 指先でなぞられているだけなのに、頭の中がぼうっとする。
ふわふわした心地よさに、思わず自分から求めてしまいそうになる。
 無意識に甘い吐息を漏らして、郁は跡部の服の裾を掴んでいた。
「…目ェ閉じろよ」
 青い瞳が切なげに細められる。それは二人だけの合図だ。
『ハイ』と答えるかわりに、彼女はそっと瞳を閉じた。


End
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ