*Short DreamT*

□【跡部/日吉】君に託したタカラモノ
1ページ/1ページ

あのテニスの特訓から数日後のある夜。
予想通りの時間に、これまた予想通りの相手から着信があり、跡部は嬉しそうに笑った。
 自分が後継に推した男の目は、やはり節穴ではなかったらしい。
 携帯の通話ボタンを押してから、いつも通りの口調で、跡部はしらじらしく彼に用件を尋ねた。
「どうしたんだよ? 日吉」
「あんなヘタクソの相手するヒマがあるんなら、俺と試合してくださいよ。跡部さん」
 挨拶抜きで本題に触れる、相変わらずの性急さに、思わず跡部は苦笑する。
「あん? 何のことだよ」
「とぼけなくていいですよ。無くて七癖って言いますよね。
あのヘタクソ、アンタがサーブ打つときのクセまで真似してましたよ。本当ムカつきました」
 確かにヘタだし、マヌケなところもあるけれど、
自分の想い人をためらいなく罵倒され、跡部はこめかみをひくつかせる。
 しかしそんなことにツッコミを入れても、逆に向こうの餌食になるだけだ。
「…それに気づけるお前も大概だな、日吉よぉ」
 そう返して、逆にささやかなお返しをする。
「そんなにお前も、俺のことが好きなのかよ」
「気色悪いこと言わないで下さいよ。ずっとアンタを見てたから、気づいただけです」
「……」
 絡みつくような嫌味を返されるかと思ったのに、
後半の告白にも似たストレートなセリフに、跡部は一瞬言葉を失う。
しかし彼は、そんな跡部のかすかな動揺にも、自分のした告白にも、
気づいた素振りは全く見せず、口調を変えずに言葉を続けた。
「それに俺は、ただアンタに手合わせしてもらいたいだけですよ。
氷帝テニス部の未来を思うなら、あんなのよりも俺の相手をするべきなんじゃないんですか?」
「…言うようになったじゃねぇかよ、お前も少しは成長したんじゃねーの?」
 いつの間にかずいぶんと図太くなった後輩に、ほんの少しだけ手こずりつつも、
水を向けられた跡部は、日吉にことのいきさつを告げた。
 軽い嫌味を込めて、自分と彼女のために言い返す。
「だがなぁ、原因の一端はテメェにもあるんだぜ? ヘタクソ呼ばわりしてからかったらしいじゃねぇか」
 涙をこぼす郁本人から、直接聞いた話を日吉に振る。しかし、日吉は平然と言い放った。
「ヘタをヘタと言って何が悪いんですか」
「…いいことを教えてやるよ、日吉よぉ。事実を指摘するだけでも、名誉毀損になることがあるんだぜ」
 まったく、この後輩のデリカシーのなさといったら。
(コイツは一度、年上のオンナにしつけられるべきだ)
 跡部は心の内でそんなことを思う。
 というかそもそも、自分たちと比べたらたいていの人はヘタクソだろうに…。
「…そりゃあ、すいませんでしたね」
 反省しているとは言い難い、ふてくされたような謝罪の言葉。
「……」
 まだ文句を言い足りない気もするが、深追いをして思わぬケガをするのも嫌なので、
跡部はこれ以上の追求をあきらめる。
 すると、唐突に口調を真面目なものに戻した日吉の、妙に切実そうな声が聞こえた。
「…でも、跡部さん」
「何だよ」
「したくなったら、いつでも来て下さいね」
 何を、なんて本当は聞かなくてもわかっていた。
 けれど跡部は、日吉の口からその言葉を聞きたくて、勿体ぶって彼に尋ねる。
「…何をだよ?」
「テニスに決まってるじゃないですか」
 ひと息ついてから、日吉は再度口を開いた。
「設備は、アンタの家の方がいいかもしれませんけどね。
でもウチのコートには、本気のアンタを満足させられるヤツがいますから」
 電話の向こうの闘志を燃やす瞳を想像し、跡部は思わず笑みを浮かべる。
自分はなんて、幸せものなんだろう。
「そーかよ」
 口の端を上げて微笑む。久しぶりの、本気を出せる闘いの予兆に胸が高鳴る。
本当に自分は、根っからのテニス好きだ。
「ま、考えといてやるよ」
 そうとだけ返して、跡部は電話を切った。
『氷帝には俺がいる。俺も、アンタのテニスが大好きです』
 日吉のその宣言は、テニスに青春を捧げた跡部にとっては、
ヘタな愛の告白なんかより、よほど嬉しいものだった。
 今年の夏こそ氷帝に、全国優勝の栄光を。


End

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ