*Short DreamT*

□【跡部】春の雪/後編
1ページ/2ページ

「――ねぇ景吾、綾香さんとは順調?」
 出し抜けにそんなことを訊かれて、跡部はわずかに眉を動かす。
短かった秋も終わり、年の瀬も押し迫ったある日のこと。
「…順調だと思いますが。どうしたんですか? 父さん」
「だって、気になるんだもの」
 ふふ、と笑ってから、跡部の父は温かなダージリンの注がれたカップを傾けた。
 薄い磁肌に精緻なバラの装飾の施されたそれは、跡部の母のお気に入りのものだった。
「…………」
 父の真意をはかりかねて、跡部は押し黙る。そして自分もまた、ティーカップに口を付けた。
 父と二人でお茶を飲むなんて、本当に久しぶりだ。
 何を話せばよいのかも分からずに、跡部は窓の外の景色に視線を送った。
父の後ろには、ちょうど大きな窓があった。
 季節柄もあり、屋敷の庭園のバラは全て葉を落として、そこにあったのは芝生と常緑樹の緑だけだった。
 寒々しい庭の様子に、これからはもっと寒くなるんだろうと、跡部が思ったそのとき。
「――景吾、君は綾香さんのどこが好きなの?」
 急に尋ねられて、ほんの一瞬だけ、しかし確かに跡部は答えに詰まった。
 だってそんなこと、考えたこともない。
「…どうして、そんなことお聞きになるんですか」
 質問を質問で返す。その声は、自分でも驚くほどに苦しげだった。
「さぁ、どうしてかな」
 いつも通りの柔和な笑みを浮かべながら、父はつかみどころのない答えを返す。
 からかわれただけなのだろうか。しかし…。
気詰まりな空気に耐えかねて、跡部はカップをソーサーの上に置く。自分の父ながら、底の見えない人だ。
「そうだ、そういえば綾香さんのお誕生日がね、今週の土曜日なんだよ」
「…っ!!」
 跡部は息を詰まらせる。数日前に会ったとき、本人はそんなこと、一言も言ってこなかった。
「せっかくだから二人で食事にでも行ってきたら? うちの系列なら、今からでもいいレストランが押さえられるよ」
 息子の不手際を叱ることもせず、父は何でもない口ぶりでそんなアドバイスをする。
「そうですね」
 跡部は目を伏せた。自分は本当に彼女のことを何も知らないんだと思い知る。
そして、好かれてなどいないということも。
 けれど。だからこそ、自分はもっと彼女のことを知っていかなくてはいけない。
そして、好きにならなければならないのだ。
無意識に、跡部はそんなことを考える。
「どこで食事するか決めたら、教えてね」
 穏やかな笑みを浮かべたまま、父は立ち上がる。
「それじゃあ、僕は書斎に戻るよ」
 椅子に腰を下ろしたまま父の背中を見送って、跡部はまた視線を落とした。
 心の中にまた鉛色の雲が立ちこめる。
 父に彼女のどこが好きかと訊かれたとき、自分はこう言ってしまいそうになったのだ。
 断る余地のない話を、持ってきたのはあなたじゃないですか、と。

 自分が目を覚ましたとき、彼はもう既にスーツを着込んだ後だった。
ベッドから起きあがり、綾香は目元をこする。手近な時計で時間を確かめる。
幸いにも、まだそんなに経っていないようだった。
 よかったと息を吐いて、綾香はベッドサイドに丁寧にたたんで置かれていた白いワンピースを手に取った。
袖を通して、寝乱れた髪を整える。
そしてリビングにいるであろう、彼のもとに向かった。
「…もう起きてたのね」
「ええ」
 一分の隙もないスーツ姿で、運転手の景一は綾香に向かって微笑みかける。
ここは、彼のマンションだった。
「それでは戻りましょうか、お嬢様」
 二人きりでいるのに、ベッドの外では他人行儀な呼び方を決して崩そうとはしない景一に、
綾香は悔しさと悲しみを覚える。
しかし、そんなことで彼を責めても、困らせてしまうだけだ。
その程度の分別は、綾香にもあるつもりだった。
 人目につかないように、二人は別々にマンションの玄関を出た。
車の中で落ち合って、揃って屋敷に戻る。運転はもちろん景一だ。
 最低のことをしている自覚はあった。けれどずっと、もう何年も前から、綾香は彼のことが好きだったのだ。
 今はまだ誰にも言えない関係だけど、いつかきっと皆に認めてもらえるようになろうねと、
二人で約束した矢先の、跡部家の令息との縁談だった。
 後部座席に座り、バックミラー越しに綾香は景一の表情を盗み見る。すがるような思いで、嫌いになれそうなところを探す。
 こっそりと見ていたつもりだったのに、鏡越しに目が合ってそっと微笑まれた。
 愛する彼から視線を外して、綾香は俯いた。
(…やっぱり嫌いになんてなれない)
 彼女がそう確信したそのすぐあと、車は屋敷にたどり着いた。

「――遅かったじゃないか、綾香」
 二人が戻って来てすぐ、朗らかな笑みを浮かべながら、近づいてきたのは彼女の父だった。
 大柄で恰幅の良い身体に、明るい笑顔はよく似合っている。
何も知らなければ、どこにでもいる快活な父にしか見えないだろう。
「…お父様」
「申し訳ございません、道が混んでおりまして」
 すかさず、景一は彼女をフォローする。
「そうかぁ、この時期は仕方がないなぁ」
 はっはっは、と綾香の父は声を立てて笑う。
「そうだ綾香、さっき跡部くんから連絡があったぞ。誕生日のお誘いだ、良かったじゃないか」
 たいそうご機嫌な父に、綾香は返す言葉もない。消え入りそうな声で、はいとだけ返事をする。
 景一はポーカーフェイスのまま、しかし彼女とその父の様子を心配そうに伺う。
 けれど、幸いにも父はそんな娘の様子は気にもせずに、
自分の言いたいことだけを言い終わると、またどこかへ行ってしまった。
 そしてついに、そのときがやって来る。

「…うわっ、マジで降ってきやがった」
 傘を持っていなかった跡部は、小さく舌打ちをして空を仰いだ。
 濃紺の空にはおぼろげながら星が瞬き、週末の雑踏に微かな光を届けている。
 そして綿のようにふわりとした雪が降り出したのは、いましがたのことだ。
 今日は許嫁の綾香の誕生日。しかし跡部はひとりで、夜の繁華街を歩いていた。
 もっと長い間一緒にいられるかと思ったのに、
ディナーを楽しんで早々に、彼女は例の運転手に連れられて屋敷に戻ってしまったのだ。
 しかし「父に呼ばれている」のであれば、跡部は何も言えない。
 形容しがたいうら寂しさを覚えながらも、跡部はコートの襟を立てて歩く。
ぽっかりと時間が空いてしまった。けれど、まっすぐ家に帰りたくはなかった。
 氷帝の仲間に連絡をとってみようか、跡部はらしくないことを考える。
寒さに凍えた手で、ポケットから携帯電話を取りだした。
そしてふと顔を上げたそのときに、跡部は見てしまったのだ。
足早に行き交う人々の向こうで、手をつないで歩きながら幸せそうに笑いあう、綾香と例の運転手の姿を。
 恋人の裏切りにも関わらず、仲むつまじい二人の姿を見て、しかし跡部は、ホッとしたような気持ちになったのだった。

『最後の思い出に、手をつないで街を歩きたい』
 そう言い出したのは彼女の方だった。
けれど、それを了承してしまった自分も、もしかしたら心のどこかで、この展開を望んでいたのかもしれない。
 目の前には不機嫌に煙草をくゆらせる綾香の父がいる。
 彼が煙草を吸うのは、決まって何か許せない出来事があったときだけだ。
 長年仕えてきた景一は、誰よりもそれをわかっている。それこそ、娘の綾香よりもずっと。
「まさかお前に、恩を仇で返されるとは思わなかったよ」
 激しい憎しみのこもった低い声でなじられる。
 そこにいるのは陽気な父ではなく、辣腕で名高いコンツェルンの総帥だ。
「…許されるなら今ここで、お前を殺してやりたいよ」
 彼の胸ぐらを乱暴に掴み、まるで唾でも吐きかけるように、綾香の父はそう言った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ