*Short DreamT*

□【跡部】春の雪/前編
1ページ/2ページ

俺様を振るオンナなんていない。本気でそう思っていた時期が、確かに自分にもあった…。

 窓の外の雪景色を眺めていた跡部は、その遠慮がちなノックの音に気がついて顔を上げた。天気のいいある朝。
 休日のこんな時間に自分の私室を訪ねてくるなんて、一体誰なんだろう。
 不思議に思いながらも、跡部は声を張って返事をする。
「――景吾、入ってもいいかい?」
 穏やかなその声を聞いたのは、実に数ヶ月ぶりだった。
「…どうぞ」
 跡部は声の主を促す。
 かちゃりとドアノブの回る音がして、部屋に入ってきたのは壮年の男性だった。
「日本に戻ってらしたんですね、父さん」
 そう言って跡部は、学校では見せることのない穏やかな笑みを浮かべる。
「うん、ついさっきね。母さんも戻ってきてるよ」
 そう言いながら、跡部の父は後ろ手に部屋のドアを閉める。
「景吾、今から下でお茶にしないかい? 母さんのお土産のケーキがあるんだ。みんなで食べよう」
「わかりました。今から行きます」
 跡部はそう答えて、未だドアのそばにいる父の方に向かう。
「――そうだ、景吾。綾香さん、覚えてる?」
不意に尋ねられて、跡部の瞳はわずかに揺れる。蘇るのはある一人の、美しい年上の女性。
「…はい」
 それは、忘れられるはずのない出来事だ。
「来年の春にね、子供がうまれるそうだよ」
 跡部の父は目を細める。まるで、大切な思い出話をするかのように。
「……」
 跡部はじっと押し黙る。
「ずいぶん若いお母さんだよね、景一くんも大変だ」
 口元に手をやって、ふふっと笑う。
「それじゃあ下に行こうか、景吾」

***

 この時期は、やはり吐く息も白い。両親と数ヶ月ぶりのティータイムを楽しんでから、駅前の大通りを跡部はひとりで歩いていた。
 今日は、彼女と久しぶりのデート。ふたりで映画を見ることになっている。
 クリスマスもお正月も終わった晩冬の街は、しかしそれでも賑やかで、待ち合わせ場所についたものの、彼女の姿が見つけられない。
 跡部は周囲を見回す。しかしそのとき、人混みの向こうに懐かしい姿を見つけて、思わず跡部は声を上げていた。
「――…綾香?!」
 しかし、目を凝らせばその姿は、その彼女ではなく…。
「なんだ、郁かよ…」
 跡部はぽつりとつぶやく。
 そう、その姿は例の女性ではなく、跡部が現在つきあっている年下の彼女の郁だった。
自分を探しているのだろうか、彼女もまたきょろきょろとあたりを見回している。
 そのうち見つけるだろう。跡部はそう思い、あえて彼女を放置する。
「…何間違えてんだ、俺は」
 らしくない。昔のことを思い出すなんて、そんなガラじゃないのに。
けれど、こんなに感傷的になるのは、父のあの一言のせいだろうか。
 でも「子供が」なんて言われても、まだ高校生の自分にはちっとも想像がつかない。
「あ! 跡部先輩っ」
 雑踏の向こうから跡部の姿を見つけて、郁は嬉しそうに駆け寄ってきた。
「すみません、お待たせしちゃって」
 彼を見上げて、幸せそうに笑う。
 デートに気合いを入れているのか、今日の彼女は髪をゆるく巻いており、
着ている真っ白なコートも彼女のかわいらしさを引き立てていた。
(…アイツも、そういえばよく白い服を着てたな)
 そんなことを思い出しながらも、跡部は眼前の彼女に向かって笑顔を作った。
「いや別に、今来たとこだぜ」
「ならよかったです」
 お約束のやりとりをしてから、郁は跡部の手を握った。
「今日の映画楽しみですね」
 ニコニコと笑う彼女の頬は寒さのせいかほんのりと赤い。
「ああ、そうだな…」

映画館に向かって二人で歩く。だがやはり、跡部はどこか上の空だ。
「そういえば、今日来る途中に道聞かれたんですよ。すごく綺麗な人で…」
 久々のデートに浮かれる郁は、それでも跡部に話を振るが、なかなか相手にしてもらえない。
 寂しくなった彼女は、眉間にシワを寄せて言った。
「…先輩、聞いてますか?」
「どうでもいい。つか、お前知らないヤツについていくんじゃねーぞ」
 けれど。正直すぎる跡部の言葉に、彼女は頬を膨らませる。

 予約していたシートに腰掛けてしばらくすると、ブザーが鳴ってあたりが暗くなった。
 目の前の巨大な画面で、予告編が始まる。
 今日観るタイトルは、大正時代の華族の悲恋ものだ。原作は有名な文学作品で、今冬一押しの邦画らしい。
 スクリーンで舞い散る桜が、まるで春の雪のようにも思えた。

***

 彼女に引き合わされたのは、二年前のある花冷えの日だった。桜の美しい、高級ホテルのレストランでのこと。
「景吾、こちら綾香さん。―――のお嬢さんなんだ」
父に女性を紹介されたこと自体は、何度かあった。
自分の眼前で白いワンピース姿で佇む彼女は、歴史ある一流企業の社長令嬢だった。
「綾香です。よろしくお願いします」
 その微笑みは、儚い桜花のようだった。
「年も近いみたいだから二人仲良くしてくれたら嬉しいな」
 そう言って、父は意味ありげな視線を跡部に送る。
勘の鋭い跡部には、それだけで充分だった。今回のホテルでの会食の目的、父の意図は……。
「跡部景吾です。こちらこそよろしくお願いします」
 全てを察した跡部は、いかにも御曹司らしい柔らかな笑みを浮かべてそう応えた。

 まずは、父と自分と彼女の三人で前菜を楽しんだ。途中から彼女の父も加わって、四人になった。
 食事が終わってしばらくしたところで、跡部は綾香と二人だけにされた。
 ホテルの敷地の広大な日本庭園を散策する。柔らかな陽光の中、跡部は彼女を追うように歩く。
「…素敵ですね。まるで京都にいるみたい」
 庭の池にかかる橋の上で彼女は跡部を振り返って微笑む。
遥かには三重塔が見え、庭のそこここでは桜が今を限りと咲き乱れていた。
「そうですね、ここが都内だなんて俺も信じられません」
 跡部も微笑み返す。
 舞い散る桜を背景に佇む、彼女は完璧そのものだった。
 まさに、令嬢の名に恥じぬ一分の隙のない美しさ。
「そうだ、跡部くんはテニスをしてらっしゃるんですよね?」
 唐突に、彼女は口を開いた。
「ええ、そうですが…」
「奇遇ですね、私もなんですよ」
 といってもただの手習いなんですけどね、そう続けてから、また彼女は笑った。

 その夜、珍しく跡部は父の書斎に呼ばれた。
「綾香さん、優しそうな子だったね。テニスしてるなんて驚いたよ」
 穏やかに微笑む父に、跡部は言いようのない底知れなさを感じていた。
「そうですね」
 言葉を選び、慎重に答える。
「君とも合いそうだ」
 微笑みながら、父は続ける。
「――ここだけの話だけど、お祖父様があそこの会社との提携を考えていらっしゃるんだ」
 核心に迫る言葉をやっと父の口から聞き、跡部はようやく緊張から解き放たれる。
 しかし、今度は別の暗雲が心の中に立ちこめる。
「僕は申し分のないお嬢さんだと思っているんだけど、景吾はどうかな」
 穏やかな笑みを浮かべたまま、腹を探るような質問を父は跡部に向けてくる。
「……」
 自分の青い瞳が氷のような冷たさを帯びていくのを、跡部ははっきりと感じ取っていた。
 しかし別に何も驚くことはない。恐れることもない。いつか来るべきことが、今来たと言うだけだ。
 この家に生まれた以上は、恋愛も結婚もきっと自分の自由には出来ないと、跡部はそう覚悟して生きてきた。
そしてそれは、おそらくは彼女も同じはず。
 そこまで思いを巡らせてから、跡部は口の端に笑みを浮かべた。
「はい、俺もそう思います。父さん」
 特権は利用すべきもの。そう考える自分は、幸か不幸か超のつくほどのリアリスト。
ちょうど学校のうるさいオンナどもの相手にも、うんざりしてきたところだった。
 美人だし、他のことも完璧な年上の女性。自分に似合いの、申し分のないオンナ。
それが公認のお墨付きで差し出されるのであれば、頂かない手はないだろう。
「そうか。それは良かったよ」
 思えば父のそのセリフこそが、この恋の、跡部が恋だと思っていたものの、始まりだった……。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ