*Short DreamT*

□【忍足】雨の夜には
1ページ/1ページ

今日は金曜。そして今は夕方だ。
降り出したばかりの強い雨にウンザリとしながらも、忍足は一人で家路を急いでいた。

カサはさしてはいるものの、
時折吹く風のせいで既に制服は濡れていて、不快指数はかなり高い。
せめて土日に降ってくれたなら引きこもってやりすごせるのに、どうして平日なんだろう。
そんなことを思いながら、ちょっとだけユウウツな気分で、忍足は駅から自宅までの道を歩いていた。
しかし、その時。
「ああっ! 忍足先輩ッ!」
心地よいソプラノで妙に必死に名前を呼ばれる。
間違えようのないその声に、驚いて振り向くと、
偶然通りかかった本屋の軒先に、忍足の可愛いカノジョが立っていた。
どう見てもカサを忘れて雨宿り中という体で。
「…郁、もしかしてカサ忘れたんか? お前」
予報では夕方から雨だって言っていたのに。
忍足は心の中でそっと、彼女のマヌケさに感謝した。


***

彼女を自分のカサに入れ、二人仲良く家に向かう。
郁の家は、忍足のマンションと同じ方向にあった。
彼女にチラリと視線を送って、小さくため息をついてから、忍足は口を開いた。
「…ホンマにアホやな。夕方から雨や言うとったやん」
「大丈夫だと思ったんですよ〜」
予想通りの脳天気な返答が帰ってくる。
「全く、お前は…」
忍足は呆れるが、彼女はニコニコだ。機嫌良く忍足の方に身体を寄せる。
「でも、今日はカサ忘れて良かったです」
そんな彼女に、忍足もまた目を細める。
「…そういえば、相合い傘なんて初めてやね」
郁と相合い傘をするのは、そういえば初めてだった。ぴったりと密着されて、久しぶりの役得を実感する。
(相合い傘ってやっぱエエなぁ。堂々とくっつけるし)
だが忍足のさしていたカサは、二人で入るにはやや小さく…。
(でも、郁が濡れんように傘寄せとるから、俺の反対側の肩はびしょ濡れなんやけどな…)
でもまあコレはコレで、あとで使わせてもらおう。
歩きながらも、小さな温もりを歩道側に感じる。
雨なんてイヤなものでしかなかったけど、たまにはいいかもしれない。
ふと、彼女が持っている本屋のビニール袋が気になって、忍足は郁に話を振った。
「…そういえば、お前本屋で何買ったん?」
「今日発売の雑誌です」
改めて視線をやると、彼女が手に提げている袋はA4サイズくらいだった。忍足は何の気なしに尋ねる。
「ああ、あの付録ついとるヤツか?」
「っ! 私はちゃんと雑誌目的ですよっ」
そんなつもりじゃなかったのに、なぜか斜め上の反論をされて思わず吹き出す。
クスクスと笑いながら、だけど不意に思い出した家族の話題を口にする。
「…そう言えば、ウチの姉貴もそういうんよう買っとったで。付録はみんな捨てとったけどな」
「え〜!」
「そんな驚くとこでもないやろ」
「まあ、そうですけれども…」
そんなことを話しながら歩いているうちに、いつの間にか二人は忍足のマンションの近くまでやってきた。
郁の家はまだ先だが、ごく自然な口調で忍足は彼女に尋ねた。
「そや、郁。ウチに寄りたいんやけどええ?」
「あっハイ、大丈夫ですけど」
忍足は彼女の返事に満足すると、わずかに口角を上げた。
「すまんな。ずっとお前の方にカサ寄せとったら、逆側の肩ズブ濡れんなってもうてな」
「えっウソ!」
忍足の右肩の惨状にようやく気がついて、郁はまた焦って謝るが、忍足はこともなげに笑った。
「ほんなら、ちょっとだけ待っとってな」


***

忍足の部屋で、リビングのソファーに座って、郁は買ったばかりの雑誌を読みながら待つ。
もう何度も来たことはあるけど、それでも他人の部屋に自分一人というのは、緊張するシチュエーションだ。
しかも、となりのバスルームからはシャワーの音が聞こえてきている。
(でも、別にヘンな意味はないんだから…)
郁はかぶりを振って、つきまとってくる妄想を振り払う。
しばらくすると、脱衣所の扉を開ける音がして忍足が出てきた。
「っ! 先輩!」
彼女は思わず忍足の方を見るが、ジャージの下にシャツを羽織っただけの彼の姿に、思わず目をそらす。
そんな郁の手元に視線をやって、忍足は言う。
「なんや、お前ずっと雑誌見とったん?」
「だって、買ったばっかだったし…」
「ま、ええけどな」
首に掛けたタオルで髪を拭きながら、忍足は彼女のすぐ横に腰掛けた。
シャンプーの匂いがふわりと香り、ドキッとした郁は手元の雑誌に視線を落とす。
そんな、ちょっと緊張している様子の彼女に気がついて、忍足は唇の端に笑みを浮かべた。
だけどそれには触れずに、優しい声で問いかける。
「そういえば… 郁、今日は金曜で明日は休みやけど、これからどないする?」
「えっ?! あっそっか」
忍足にそんなことを訊かれて、彼女は弾かれたように顔を上げた。
「何や忘れとったん?」
「…忘れてました」
照れ隠しなのか、郁は忍足からほんの少し視線を外して笑う。
「どうせ外は雨やし、帰るん面倒やろ。ウチでメシでも食ってく?」
彼女のすぐ隣、手を出そうと思えばいつでも出せる距離で、忍足はそんな風に郁を誘う。
「うーん、でもあんまりお腹すいてないんですよね…」
しかし彼女は妙に歯切れの悪い返答をする。けれど、不意に忍足の方に視線を戻すと言った。
「先輩、まだ髪の毛濡れてますっ」
「…は?」
唐突にそんなことを言われて、忍足はきょとんとする。
「ちゃんと乾かした方がいいですよ!」
「…別にええやん。めんどくさいし」
(そんなことより、大切なのは今晩ナニするかやろッ)
忍足は思うが、口には出さない。
「ダメですよ、自然乾燥は痛むんですよ!」
「そうなん?」
確かにその通りではあるけれど、自分にとっては、そんなことは心の底からどうだっていい。
だってオトコだし。
「そうなんですよっ! 先輩がめんどくさいなら、私が乾かします!」
なぜかそう言って、彼女はドライヤーを取りに洗面所の方に行ってしまった。
パタパタという足音が遠くなる。
「…何や、かわされた気ィするわ」
忍足はポツリとつぶやいた。しかし壁の時計に視線をやって、ニヤリと笑った。
「ま、別にええけどな」
時計は夕刻をさしている。そう、まだ焦るような時間じゃない。


***

「わ〜い、先輩の髪の毛サラサラ〜」
そんな忍足の心中を知ってか知らずか、郁は上機嫌で忍足の髪を乾かす。
ちょっと呆れながらも、忍足は彼女に問いかけた。
「…お前、俺の髪さわりたかっただけちゃうん?」
「いいじゃないですか!」
さわりたかっただけらしい。忍足は目を伏せて笑った。
「ま、お前ならええけどな」
ドライヤーなんて面倒なだけだったけど、
カノジョが上機嫌でやってくれるなら、これはこれでいいかもしれない。
「先輩、髪の毛みつあみにしてもいいですか?」
「…ソレはアカンで」
「は〜い」
残念そうに唇を尖らせるが、彼女はそのままブローを続ける。
そして忍足の髪を乾かし終わってから、ドライヤーのスイッチを切った。
パタパタと小走りで洗面台の方に戻しに行く。

小さな背中を見送ってから、忍足はソファーに座り直すと改めて今夜の予定を考える。
(メシは後にするとして、ほんなら…)
しばらくぼんやりとしていたら、郁が戻ってきた。
忍足の横にちょこんと座り、相合い傘をしていた時のように彼にぴったりとくっついてくる。
「…どしたん?」
さっきは妙なことを言って逃げたくせに、今度は自分に身体を寄せてきた郁に、忍足は問いかけた。
「…なんかね、先輩とこうやって毎日過ごせたらいいなって思って」
急に可愛いことを言い出した恋人に、忍足は笑みをこぼす。
「ほんなら、お前も努力せんといかんな」
そして、部屋の隅の本棚に突っ込んである問題集を見つめて言った。
「今日は英語教えたるわ。お前にも現役で受かってもらわんと困るし」
「えー!!!」
ものすごくイヤそうに声を上げて、郁は忍足を見つめた。
「何でそんなイヤがんねん」
「だって、先輩鬼コーチ」
そんなことを言われて、でも何かを思いついたらしい忍足は再び口角を上げた。
「なら、お前でも興味持てそうな科目教えたるわ」
「…何ですか?」
「保健体育」
「よっ、余計いりません!」
郁はまた焦りだす。その反応に気を良くした忍足は、ニヤリと笑った。
「なんで慌てるん? 雑誌のモデルに憧れるお前に、
過度なダイエットの危険性について、講義したろ思うたんやけどな〜」
「せ、先輩のバカっ!!」
学年首席の医学部志望なのに、愛しのカノジョにバカよばわりされて、
だけど、忍足はうれしそうに笑った。

壁の時計はまだ夜の八時にもなっていない。そう、楽しい金曜の夜はこれからだ。


End

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ