*Short DreamT*

□【跡部/日吉】暇つぶしにはなったかな
1ページ/1ページ

 はじめてマトモに関わったときのことは、ものすごくよく覚えている。
 週末の繁華街を歩いていたとき、雑踏の中にアイツの姿を見つけた。
 まるでワンピースのようなライトグレーのコートが、よく似合っていて人目を引く。
 声をかけようがかけまいか、俺は悩んだ。
 だけど、これは俺にとっては千載一遇の大チャンス。
 学校ではやはり人目が気になって、用もなく話しかけるのは難しい。
 急いで俺は彼女の方に向かった。暇つぶしくらいにはなるかもしれない。
 それに、ずっと気になっていたんだ。
 俺の尊敬する――でも、最も下克上したい相手でもある――跡部さんは、なんであんな女を選んだんだろう、って。

「――おい、結城」
 名前を呼んだらビクッと身体を震わせて、彼女はこちらを振り向いた。
「…ッ! 日吉くん」
 なぜかおびえたような目で見上げられる。声をかけただけなのに、なんなんだその反応は。
 まあいい。周囲に見知った顔がいないのを確かめてから、俺はヤツに問いかけた。
「今ひとりなのか? 今日は買い物か何かか?」
「うん。跡部先輩と約束あるけど、今はひとりだよ。本屋さんに買い物しにきたの」
「そうか」
 軽い気持ちで聞いただけなのに、真面目に答えられて軽く鼻白む。
 確かに、結城と俺が今いるこの通りには大きな本屋があった。そこに行く途中だったのか。
 口角を少し上げてから、俺はヤツに向かって言った。
「実は俺も、本屋に用があるんだよ」
「…そうなの?」
 ニヤニヤと笑う俺を不審に思ったのか、結城は疑いの眼差しでコチラを見つめる。
 だけど、そんなことは関係ない。なにせコッチには伝家の宝刀があるんだ。
「せっかくだから付き合ってやるよ。アンタひとりにしてたらまたなんかありそうだし」
「べっ、別に何もないし! だからいいよ、そんな」
 なぜか露骨にイヤがられる。仕方なく、俺は宝刀を引き抜いた。
「遠慮すんなよ。助けてやった恩を忘れたのか?」

休日の繁華街は人が多い。知り合いに出くわさないように祈りながらも、俺はヤツと並んで本屋に向かう。
「…日吉くんは、どんな本読むの?」
 見上げるように尋ねられる。当たり障りのない世間話。だが、その質問を待っていた。
「…知りたいのか?」
「え?」
 俺はまた唇の端を上げる。
「知ったら後悔するかも知れないぜ?」
「何それ! じゃあいいよも」
「オカルト本だ」
「……」
 再び、結城は黙り込む。予想通り過ぎるリアクションに満足しながらも、俺は再度口を開いた。
「ちょうどいい、とっておきのハナシをしてやるよ」
「い、イヤだよ」
 彼女は露骨に顔をしかめる。
だけどもちろん、ここでやめてやるような俺ではない。
「安心しろ。怖くないヤツだ」
 ひと息ついてから、続ける。
「知ってるか? 昔ウチの中等部の入試問題でな、カレーの作り方が出題されたことがあるんだぜ」
「ほ、ホントに?!」
 さっきまでのしかめっ面はどこへやら、結城は瞳を輝かせた。本当にコイツはチョロすぎる。
「ああ本当だ。何年か前だけどな」
「…でも日吉くん、ソレただのトリビアじゃ」
 チッ、気づきやがったか。しかし俺は平静を装うと、
「怖い方がよかったのか?」
「ッ! 怖くなくていいよ!」
「そうだよな」
 その反応に満足して、俺はまたニヤリと笑う。
「じゃあ次は、アンタが好きそうなヤツ教えてやるよ」
「…好きそうって何?」
 眉間にシワをよせたまま、だけど結城は尋ねてくる。ノリがいいのかバカなのか。
 だが、コチラには好都合だ。俺はポケットから買ったばかりのスマホを取り出した。
「犬の言葉を、人間の言葉に翻訳するアプリがあるんだぜ」
 言いながら、素早く操作してその画面を表示させる。そして彼女に差し出す。
「ホラ」
「えっ?! これホントなの?」
 キラキラとした目で俺を見上げる結城に向かって、俺は言った。
「本当だと思うか?」
「……」
 三度、結城は黙り込む。そしてしばらくしてから、口を開いた。
「日吉くん、私のことバカだと思ってるでしょ!」
「何だ、お前自分のことかしこいとでも思ってるのか?」
ニヤニヤと笑いながら、俺は彼女を挑発する。
「そ、そういうわけじゃないけど…」
 けれど、ヤツはとたんに弱気になる。ちっ、ノッてくるかと思ったのに。
 まあいい。俺は彼女に次のネタを振る。
「じゃあ、自称かしこいお前に問題だ。車にカミナリが落ちたら、車内にいる人間はどうなると思う?」
「えっ?! えーっと…」
 彼女は小首をかしげ、考えるそぶりをする。そして、得意気に言い放った。
「焼け死んじゃうとか!」
 おい、頭使って考えた結果がソレなのか。本当にコイツは面白すぎる。
「…カミナリなのに、焼け死ぬなのか?」
「あ、そか。じゃあ感電しちゃうとか!」
 俺のツッコミで結城は答えを変える。だけどそれはもちろん…。
「ハズレだ」
「え、違うの?!」
 心底びっくりした表情で、ヤツは俺を見上げる。
「アンタ理系の科目ダメだろう。冷静に考えろ。電気の性質を思い出せ」
「えっと…」
 口元に手をやって、再び彼女は首をひねる。考え込む様子は真剣そのものだ。
 こんな下らない問題に、こんなに真面目に取り組むヤツも珍しい。
 思わず俺は、彼女の脳天に軽いチョップを入れていた。
「なっ! 何するの日吉くん」
「早く答えろよ、時間切れでアウトにするぞ」
 楽しくて仕方がない。こんなにからかい甲斐のある、イイおもちゃは久しぶりだ。
「アウトになったら、チョップ五発だ」
「やっやだ! 待ってよ」
 結城はわたわたと慌てだす。
 そのリアクションに、ますます加虐心を煽られた俺は、
結城の頭のてっぺんに手をやり、ヤツの髪をわしゃわしゃにした。
「ちょっ! 日吉くん!」
「ホラホラ、早く答えろよ」
 サラサラの髪が指に絡む。後から考えれば、このときの俺はかなり調子に乗っていた。
「やめてよ、セットした髪くしゃくしゃに…」
「正解したらやめてやるよ」
「――正解は、クルマの表面を伝って電気は地面に抜ける。
ゆえに中にいるヤツは感電もせず無事、だよなぁ」
 妙に不機嫌なその声は、俺と結城の後ろから聞こえた。
 もう遅いとは理解しつつも、俺は彼女の頭から手を放す。
「ずいぶんと楽しそうだなぁ。日吉よぉ」
 どこかで聞いたようなセリフが、三センチ上から降ってくる。
 今更ながら、俺は冒頭の彼女のセリフを思い出していた。
『跡部先輩と約束あるけど、今はひとりだよ』
 結城も心なしかヤバイという顔をしている。
「お前らデキてんのか? あーん?」
 バキバキと指を鳴らす音がする。
 そういえばあの人はイケメンでモテるくせに、意外と嫉妬深いんだった。
 俺の暇つぶしの代償は、後日のガラの悪い蹴りだった…。


End

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ