*Short DreamT*

□【忍足】全てを奪う嵐のように/前編
1ページ/2ページ

それはまるで、全てを奪う嵐のように。


***

「…だから“xは0でない”言うことは、xで割り算せぇ言うことなんや、わかるか?」
そう言って、忍足先輩は問題文の“x≠0”にマルをつける。
「…そ、それはわかるんですけど」
買い物から戻って来てから、約束通り先輩はずっと私に勉強を教えてくれている。
まずは、出かける前にもやってた数学だ。
得意科目なだけあって、先輩の解説は先生よりもずっとわかりやすい。
だけど、中身の詰まった授業がぶっ通しで一時間半…。
先輩の表情を伺いながら、私は遠慮がちにきりだした。
「せ、先輩、そろそろ休憩しませんか?」
「休憩?」
イヤそうな顔で、でも先輩は壁の時計を見る。
「…まあ、しゃあないな」
不満げにそう言って、だけど先輩は私をやっと離してくれた。

逃げるようにキッチンに駆け込んで、いそいそとコーヒーの準備をはじめる。
お湯が沸くのを待っていたら不意に、
さっきまでの…勉強を教わっていたときのことが蘇った。
ずっとくっついてたから、なんだか緊張したな。
あの優しい声も、ペンを持つキレイな指先も、全部大好きだ。
…あんな鬼コーチだとは思わなかったけど。

コーヒーを淹れ終わって、お茶うけのクッキーと一緒にリビングのテーブルに持って行く。
先輩はソファーに座って足を組んで、新聞を読んでいた。
新聞を読む先輩の表情が珍しく真剣だったから、つい気になって、
お菓子とコーヒーを置いてから、私は横からのぞき込んだ。
「何の記事読んでるんですか?」
「…ああ、経済面やで」
ちょっと気まずそうな先輩の声が聞こえたのと、
紙面の大きなリードが目に飛び込んできたのは、ほとんど同時だった。
“――社、イギリス事業のさらなる拡大へ”
針か何かで刺されたように、胸がチクリと痛む。
自分のお父さんの勤め先がニュースになると、それが例えいいことでも、やっぱりなんだか落ち着かない。
…事業拡大ということは、すでに向こうに行っているお父さんたちは、
やっぱりまだしばらく、こっちには帰ってこれないのかな。
当初の予定では、帰国時期は未定だけど、三年を目処に日本に戻ってくるはずだった。
「…郁のオヤジさんとこの会社はスゴイな」
気遣うような先輩の声が聞こえる。
「別にすごくなんてないです」
新聞から離れてそっぽを向いた。
こんな気持ちになるんなら、あんなもの見なければよかった。
どうせいつも、ほとんど読まずに捨てているのに。
先輩の小さなため息が聞こえて、新聞をテーブルの上に置く音が聞こえた。
急に、うしろからぎゅっと抱きしめられる。
「俺は、ずっとお前のそばにいるから」
マジメな声で言われて、涙が出そうになる。
「…大学は関西戻るのに」
わざと揚げ足をとったら、キツイ口調で言い返された。
「お前も関西来ればええやろ」
「でも」
「別にお前は、大学東京やのうてもええんやろ。ならええやん」
私を抱きしめる先輩の腕に、わずかに力がこもる。
「楽しいで、関西。イトコとか向こうの友達にも、お前のこと会わせたいし会ってほしいし。
道頓堀のネオンもなんばのデパートも、見せてやりたいし」
明るい言葉とは裏腹に、先輩の声は少し震えていた。
「それに、やっぱり離れんのイヤやねん。
医学部六年もあるんやで。その間ずっと遠距離なんて俺はイヤや」
…先輩の言う通り、東京と大阪の遠距離恋愛はタイヘンだ。
一緒にいられる時間もぐっと減って、色んなコトが今までと同じってわけにはいかなくなる。
それが六年。耐えられるのかな。
「だから、お前も」
先輩がそうつぶやいた、そのとき

ピンポ――ン

玄関のチャイムが鳴った。
先輩の腕が緩む。
今日は来客の心当たりなんてなかった。
妙な不安で心がざわめく。
嵐の前ぶれみたいな、この予感は何なんだろう。
軽い動悸を覚えながら、
それでも私は先輩の腕の中から抜け出して、インターホンを取った。
「…ハイ、結城です」
『――郁か?』
受話器から聞こえたのは、低い男の人の声。
忘れるはずのないその声に、全身から血の気が引いた。
「なんで…」
漏れた声に、だけど玄関口のその人は、いたって簡潔に理由を説明してくれた。
『急に東京の本社に呼ばれてね。近くを通ったから寄ったんだ』
インターホンの受話器を置いて、私はあわてて先輩に告げた。
「…せ、先輩隠れてください! お父さんが来ちゃった!」
「はァ?!」
先輩もビックリしたのか、ソファーから立ち上がった。
「どうしよう」
忍足先輩とはいえ、部屋に男の子とふたりきりなんてマズすぎる。
しかも、お父さんは家の合いカギを持っている。
そして今日に限って、ドアチェーンはしていなかった。
――ガチャガチャッ
そうこうしてる間に、玄関のカギを開ける音が聞こえてきた。
「ちょお待ち、オカンと一緒にイギリスちゃうん」
「そのハズなんですけど… 先輩荷物もってクローゼットに」
「ムチャ言うなや! ムリやで!」
「どうしよう、玄関に先輩のクツ出しっぱなしだ」
「もう腹くくって挨拶するしかないやろ。って、聞いとるんか郁」
先輩の言葉は聞こえていた。
だけど、これからの事態への恐怖心が先に立って、私は先輩の顔を見れなかった。
玄関の方から足音が近づいてきて、そして、すぐそばで止まった。

「――久しぶりだな、郁」

おそるおそる、私は部屋の入り口の方を見た。
一年半ぶりに見るお父さんは、いつもと同じ真っ黒なスーツを着ていた。
襟元には、見覚えのあるロゴマーク入りの社章がついている。
視線だけを先輩の方に向けて、しらじらしくお父さんは言った。
「…そちらは、忍足くんだったかな」
明らかに、お父さんの機嫌は悪い。
一人暮らしの家に、男の子を上げていたんだから当たり前なんだけど…。
「はい、お久しぶりです。お邪魔しとります。」
だけど先輩はしっかりした口調で、お父さんに挨拶してくれた。
「…お、お父さん! あのね、今日ちょっと先輩に勉強教えてもらってて」
ムダなことと理解しつつも、私は必死に言い訳をする。
「勉強?」
「そうなの! 先輩すごく成績よくて、――の医学部目指してて」
「ほう」
大学名を告げた瞬間、お父さんの表情がわずかに変わった。かすかな希望を感じる。
だけど次の瞬間、それはあっさりと打ち砕かれた。
「だが、一人暮らしの部屋でふたりだけでとは、非常識なんじゃないのか」
不機嫌を露わにして、お父さんは私たちを見下ろすように腕を組んだ。
「近所には喫茶店も図書館もあるだろう」
こんなにロコツな言い方をされるなんて思わなかった。
それでも私は言葉を続ける。
「…うちの方が近かったから」
「――すいません、ご挨拶が遅れて。秋の初めから、お付き合いさせてもろてます」
これ以上の言い訳はムリだと思ったのか、先輩が助け船を出してくれた。
お父さんの目がすっと細くなる。
「それは初耳だな、郁」
睨むような目で視線を送られる。
「ごめんなさい」
「…だが申し訳ないが、それももう“終わり”だ」
「えっ?」
耳を疑うような単語がお父さんの口から飛び出して、私は顔を上げた。
「毎日きちんと新聞を読んでいるお前なら知っていると思うが、
社の方針でイギリス事業を継続して強化していくことになった。
少なくともまだ数年は、日本には戻れないだろう」
腕を組んだまま、お父さんは静かに続ける。
「郁、来年の春になったら、お前も“こちら”に来なさい」
その言葉は、まるで青天の霹靂みたいだった。
「聞けば最近は、日本もずいぶんと危ないらしいじゃないか。
元々私は、お前をひとりでここに置いて行くのは反対だったんだ」
淡々とお父さんは続ける。
だけど『今度は残るなんて許さない』という、言外の強い意志を感じて身体が震えた。
「いっ、イヤだよ! だいたい日本よりむこうの方が危ないじゃん! それに私、英語だって」
「語学は努力で済む話だろう。治安についても、むこうの住居は大使館のはす向かいだ。
ガードマンも雇用する。お前を危険な目には遭わせない。この家も、もう引き払うつもりだ」
「そんな…」
断定的な口調で言われて、目の前が暗くなる。
何も言い返すことが出来ずに、私は押し黙った。
忍足先輩も何も言わずに、部屋に重い沈黙が落ちる。

――ピリリリリッ

突然、誰かの携帯電話が鳴った。
おもむろに、お父さんはズボンのポケットに手を入れる。
発信者名をチラリと見て、お父さんは電話に出た。
仕事関係だったのか、腕時計を見ながら早口で英語を喋って、お父さんは電話を切った。
そして私に向き直る。
「…まだ話し足りない気もするが、会議があるからもう出るぞ。
今回は数週間日本にいるから、続きはまたにしよう。
会社の近くのホテルにいるから、用があれば連絡してきなさい」
言いながらお父さんは、携帯をポケットに戻した。
「郁」
改まって名前を呼ばれて、私はお父さんを見上げた。
「…今度は残るなんて認めない。必ずお前を連れていく。だからお前もそのつもりでいろ。わかったな」
とどめを刺すようにそう告げて、お父さんは踵を返した。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ