*Short DreamT*

□【忍足】最高の家庭教師
1ページ/2ページ

自分の向かいで、眉間にシワを寄せながら、
一生懸命ノートに何かを書き込んでいる彼女に向かって、忍足は声をかけた。
「…なぁ郁、その数学の課題まだ終わらへんの?」
退屈でしょうがないといった彼の声に対して、
返ってきたのは、どうしようもなく切羽詰まった様子の彼女の声だった。
「……あ、あと七ページなんで、もうちょっとで終わります」

今日は学校のない土曜日で、忍足は郁の家にやってきていた。
だけど当の彼女は、まだ学校の課題が終わっていなかったらしく、
忍足が来てからもずっと、彼のことはほったらかしで問題集とにらめっこをしている。
「もうちょっと言うて、さっきそう言ってから十五分は経っとるで?」
不満げに忍足は郁を見つめる。
せっかく部屋で二人きりなのに放置されるというのは、やっぱり気に入らない。
「すみません! ホントにあとちょっとなんで!」
同じテーブルをはさんだ向かい側に座っているにもかかわらず、
自分と目も合わせずに、彼女はペンを動かし続ける。
ムッとしつつも、ヒマをもてあました忍足は部屋の中を見回した。
シンプルな内装と家具に、暖色のファブリック。
キャラクターものの雑貨がさりげなく置かれているのも、なんとなく彼女らしい。
ふと目に入った本棚の上のクマのぬいぐるみが、なぜかメガネをかけていて、
思わずツッコミを入れたくなったけれど、忍足はなんとか我慢した。
(…あ)
カラーボックスの上に、ファッション雑誌が数冊置かれているのに気がついて、
忍足は立ち上がった。
どうせヒマだしと、近づいて手に取る。
表紙のビジュアルから適当に選んで、郁はどんなのを読むんだろうと、パラパラとページをめくる。
…キレイなんだけどそそらない、似たような容姿のモデルたちと、
似たようなテイストの洋服たち。
紙面を飾るモデルの華やかで自信たっぷりの笑顔を見て、自分の姉を思い出し、
なんとなくイヤな気持ちになって、忍足は小さくため息をついた。
(…なんかエエわ。やっぱこういうのは)
心の中でぽつりとつぶやく。
だけど、そんなことをしていたら彼女に見とがめられてしまった。

「あれっ忍足先輩、雑誌なんて見てどうしたんですか?」

しかし、その無神経な言い方にムッとして、忍足は郁の方を振り返った。
「どうしたも、お前が俺ンこと放置するからやろ!」
「す、すみません!」
忍足に睨まれて、郁は身体をすくませる。
「それより終わったんか?」
「…あと六ページです」
「終わっとらんのかい! しかも進んどらんし!」
「ごめんなさい!!」
怒られた郁は、慌てて問題集とノートに視線を戻す。
だけどどうしても気になることがあるらしく、忍足を再度見上げて、郁はおずおずと問いかけた。
「…先輩は女の子のファッションだと、どんなのが好みなんですか?」
課題はいいのかと思いつつもそれにはあえて触れず、忍足は彼女の質問に答える。
「…別になんでもええで、本人に似合うてれば」
「えー、そんな答えじゃつまんないです」
甘えるようにゴネられて、忍足は小さくため息をつく。
「そんなこと言われたかてなぁ…」
今までに何度も聞かれたことのある質問に、内心ウンザリしつつも、
そういえば郁に聞かれたことはなかったと、思い直して真面目に考える。
けれどすぐにいい答えを思いついて、忍足は笑みを浮かべた。

「ああ、そういえばこないだ映画見に行ったときの黒いワンピース、大人っぽくて新鮮やったで」
「っ!!」

その瞬間、彼女の表情がまともに変わった。
そのあまりにも分かりやすい反応に、忍足の笑顔はひきつる。
「…なんやねんそのリアクションは」
ずっと手に持ったままだった雑誌を置いて、忍足は彼女につめよる。
「いえ別になんでも」
言いながら、しかし彼女は冷や汗をかきながら後ずさる。
「なんでもないわけあらへんやろ」
――ガシッ
なんとか逃げようとする郁をつかまえて、忍足は彼女にヘッドロックをお見舞いする。
痛くはない程度に、だけど彼女の腕力では逃げられない程度に、
チカラを加減しながら、ひきつり笑顔で尋問する。
「そういやぁ、アレはいつものお前の格好とは結構違うてたなァ。どこのオトコに買うてもろたん?」
女子の好みとはちょっと違う、いかにも男好きする清楚なデザインの、
そのワンピ姿の彼女を思い出しながら、忍足は郁をしめあげる。
(…跡部ゆうたらホンマにこの場で“オシオキ”したるわ)
なんてことを考えながら。
「せっセンパイ離してくださいっ」
ムダな抵抗とわかっていながらも、郁はなんとか忍足から逃れようとする。
忍足はそんな彼女を見下ろしながら、若干声にドスをきかせて、
「…正直に答えるまで離さへんよ。どこのオトコや?」
その声に、彼女は観念したように叫んだ。

「…お、お父さんですよ!」
「……オトン?」

意外な答えに、忍足は郁から腕を放した。
彼女はこのスキにとばかりに、忍足の腕の中から逃げ出す。
「そうです。お父さんが去年のクリスマスに贈ってくれたやつなんです。
たまにはこういうのも着なさいって」
他のオトコでなかったことに安心しつつも、せっかくの機会なので、忍足は郁に言いがかりをつける。
「オトンか… でもダメや他のオトコやろ」
自分をあせらせたお返しだ。
「えー!」
涙目で抗議する、彼女の反応に満足して忍足は口の端を上げた。
我ながら、泣きボクロの彼のような横暴さと思いつつも、
部屋にいるのも飽きたのであえてムチャを言った。
「そや! 今から買い物行くか。俺が他のヤツ買うたるわ。誕生日のお礼に」
「別にいいですよ! 何言ってるんですか!」
案の定、イヤがられるがそんなことは知ったことじゃない。
「課題のことなら心配せんでエエで。どうせUBやろ、んなモン俺が一瞬で終わらせたるわ」
あえて成績を鼻にかけて、彼女の抗議を封殺する。
「さっきは自分でやれって言ったのに!」
「そんな昔のことなん忘れたわ。ほら、やったるから貸し」
もう逆らってもムダだとあきらめたのか、郁は素直に忍足に問題集を差し出した。


***

自分の代わりに数学の問題を解く忍足の横顔を、郁はじっと見つめる。
自分は分からなくなったり悩んだりで、すぐ止まってしまうのに、
忍足はさっきからずっとサラサラとペンを走らせ続けている。
普段なかなか見られない真剣な表情も、カッコよくて見とれてしまう。
(やっぱり、カッコイイな)
そんなことを郁が思ったそのとき、
「…そんなに俺カッコええ?」
口角を上げてニヤリとそう言ってから、忍足は郁の方に向き直る。
「べっ別にそんなこと思ってません!!」
心の中を言い当てられて、思わず郁は叫んで後ずさる。
「テンプレみたいな反応やね。素直なお前が好きやで」
シャーペンを放り出し、楽しそうに忍足は郁ににじり寄る。
「だからそんなこと思ってませんてばっ!!」
バレバレなのにも関わらず、それでも意地を張る彼女に、忍足は笑顔を崩さずにまた声を低くした。
「…そんなに課題自分でやりたいん?」
「ウソですごめんなさい!」
「今さらそんなこと言ったって遅いで」
予想通りの反応に笑いをこらえつつも、わざと彼女から距離をとる。
「そんなぁ! イジワル言わないでくださいよ」
「…ほんなら、キスしてくれたらやったるわ」
冗談とも本気ともつかない表情で、恋人らしい条件を吹っかける。
だけど、顔を赤くして本当に困った様子で郁にうつむかれて、忍足は苦笑した。
本音を言えば、ちょっとくらい勇気を出してほしかったけど、
なんだかもうその反応で充分かもしれない。
かわいいカノジョにキスされて、うっかり歯止めがきかなくなってしまったら、
それこそ困るのは自分の方だ。
「…冗談やで」
クスリと笑って、忍足は郁の頭をなでた。小さく息を吐いて問題集に向き直る。
我ながら、なんて健全なお付き合いなんだろうと呆れつつも、
自分と彼女のためと思い直して、忍足は再びペンを取った。

「…終わったで」
数分も経たないうちに忍足にそう言われて、郁は驚いて声をあげた。
「もうですか?!」
キラキラと輝く瞳で、うっとりと郁は忍足を見上げる。
「先輩スゴイです! ありがとうございます」
けれど忍足は、ちょっと困ったような様子で眉間にシワをよせた。
「…それはええんやけどな、郁」
「……なんですか?」
何かの予感を察知したのか、彼女の表情はこわばる。
「お前が解いたヤツちょっと見たんやけど、結構間違うとるで。ツッコミどころ満載や」
「え?!」
「あと字な。丸文字すぎやで、キチンと書き」
「…ハイ」
ちょっと注意しただけなのに、あからさまに落ち込む彼女を見て忍足は苦笑する。
その素直なところも、やっぱり愛しい。
「まぁ、数学くらいなら今度教えたるわ」
「…すみません」
「元気出し。お前なら頑張れば出来るで」
本心から励まして、そして立ち上がって彼女に手を伸ばす。
「ほな、買い物行くで」


***

休日の街はやはり人が多い。
はぐれてしまわないように、忍足は郁と手をつないで歩く。
思えば、こうやってふたりで出かけるのも久しぶりかもしれない。
しかも、彼女の服を選ぶだなんてなんてデートらしいんだろう。
だが、忍足のその気分をぶち壊しにする声は、うしろから唐突に聞こえた。

「――おや、君は氷帝の…」

聞き覚えのあるボソッとした声に、
忍足はわずかに身体を震わせ、郁はあわてて彼の手を離す。
「やぁ奇遇だな。こんなところで」
四角いフレームのメガネが、逆光でキラリと輝く。
声をかけてきたのは、忍足たちの通う氷帝のライバル校、
青春学園の“データーマン”乾だった。
今年は準決勝で対戦し、精密機械のようなテニスで自分たちを苦しめた彼の登場に、
忍足は露骨にイヤそうな顔をする。
「…奇遇やね、ホンマに」
乾は軽く微笑むと、忍足の隣の郁にも声をかけた。
「結城さんも久しぶり。やはり“ここたん”そのものだね」
「え?」
男子限定の有名“女優”の愛称など知るはずもない、郁はキョトンとする。
すかさず忍足は乾にクギを刺す。
「…乾、いらんこと言うなや」
純粋な彼女に余計なことを吹き込まれては堪らない。
「そうカリカリしないでくれ。ただの感想だ」
「だからソレがイヤなんやけどな」
どことなく剣呑な雰囲気の忍足に郁は戸惑うが、ふたりの間に割り込む勇気もなく黙り込む。
「まあ忍足。そんなことよりお前のところは、この間のセンタープレは返ってきたのか?」
だが、乾は平然と話題を変える。本当にあの件は“ただの感想”だったらしい。
「ああ… 返ってきたで」
憮然とした表情で、忍足は答える。
まだちょっとムカムカするが、さすがに彼女の前ではこれ以上はツッコめない。
「そうか。俺はIAは満点だったんだが…」
数学のTAは当然満点、UBと英語はジャスト九割…。
医学部ではないにせよ、乾も国立の一流どころを目指しているらしく、
忍足と二人でハイレベルなトークを繰り広げる。
難易がどうの、配点がどうのといった具体的な話についていけず、
ぽつんと取り残された郁は、忍足の横顔を眺めながら、ふたりの会話が終わるのを待つ。
だけど、肌寒い気候と忍足たちの真剣さに気づかされる。
もう秋も終わりだから、センターまであと数ヶ月しかない。
そしてそのあとの二次試験が終わったら、もうあっという間に卒業式…。
「――ありがとう、参考になった。お互い頑張ろう」
そう言って乾は会話を打ち切った。そして郁に向き直ると、
「結城さんも、また」
急に名前を呼ばれて、郁は現実に引き戻される。
「っ! ハイ、また…」
乾は郁と忍足に会釈をすると、雑踏の中に消えていった。

「はーびっくりした。こんなトコでアイツに会うなん思わんかったわ」
乾の後ろ姿を見送ってから、忍足は大げさに息を吐く。
そしてさびしい思いをさせてしまっただろう、彼女に詫びた。
「ゴメンな」
「いえ…」
「それじゃ、行くか」
改めて忍足は郁の手を取った。
とんだ邪魔が入ったけど、めげてはいけない。
しかし最近、やたら青春学園の男と関わり合いになるのは気のせいだろうか。
一瞬イヤな予感を覚えるが、ただの偶然だと思い込む。
「あっあの! 忍足先輩!」
忍足の手をぎゅっと握り返して、郁は忍足を見上げた。
「どしたん?」
いつもと違う調子で呼びかけられて、忍足は不思議そうに彼女を見つめる。
「買い物終わったら、おうちで勉強教えてください!」
妙に必死な表情で、ちっとも甘くない“おねだり”をする郁に、忍足は思わず吹き出した。
なんて清らかなお付き合いなんだろう。本当にこんなハズじゃなかった。
でもまあいいか、彼女とだったら…。

「…ええよ。お前のためなら、イヤってくらい教えたるわ」

彼女にとっての最高の家庭教師は、間違いなくこの自分だと確信しながら、
つないでいない方の手で、忍足はメガネを押し上げた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ