*Short DreamT*

□【忍足】ロマンチックには程遠い
1ページ/1ページ

…空の色は、すでにもう真っ暗だ。
自分の通う氷帝学園の高等部の近くにある予備校の校舎から出て、忍足はふぅと息を吐いた。
今日は自分の誕生日でもあり、予備校主催の医学部模試の日。
誕生日くらい、大好きな彼女とゆっくりしたかったけど
大事な模試があるなら、やはりそちらを優先しなくてはならない。
(ホンマにストレスフルやわ… 受かったら絶対ハメ外したる)
まずはカワイイ彼女の“はじめて”を頂いて、それから…。
そんなことを考えながらも、忍足は帰途につく。
駅への道のりを早足で歩きながら、携帯を取り出してメールを打つ。
『模試終わったで。今からそっちいくわ』
送信ボタンを押して、ポケットにしまった。

にぎやかな大通りを早足で歩く。
ザワザワとした街の声や、クルマのクラクションの音、
ビラ配りの「お願いしまーす」という声が耳に届く。
あと、アミューズメントスポットのうるさいくらいの音響も。
(コッチはずいぶん賑やかなんやな)
そんなことを思いながらも、歩みを進める速度は早くなる。
今日は彼女とケーキが自分を待っているから、やっぱり急いで帰りたい。
だけど自分を呼び止めるその声は、真横から聞こえた。
「――あれっ、忍足…だよね?」
名前を呼ばれては無視できない。忍足は声の方に視線をやる。
そこには今年の準決勝で対戦した、ライバル校の“天才”テニスプレイヤーがいた。
「久しぶりだね。キミも模試の帰り?」
穏やかな笑みを浮かべながら、彼は忍足に近づいてくる。
男性にしてはやや華奢で小柄な体格に、サラサラの金茶色のボブ。
声をかけてきたその彼は、青春学園テニス部のナンバーツー・不二周助だった。
「…そうやで。つかお前いつから医学部志望になったんや」
関わりたくなくて、忍足はつとめて無愛想に答える。
早く帰りたいときに限って、なぜ知り合いに出くわすんだろうか。
「そんなに機嫌悪そうにしないでよ。先生にね、受けてくれって頼まれたんだ」
「…ああ、お前も成績よかったもんな」
「ふふ、キミほどじゃないよ。ボクは学年トップなんて取ったことないもの」
不二は、口許に手をやりクスリと微笑む。
「……」
なんで他校生の成績知っとんねん、と思いつつも、忍足はそれには触れない。
「…がむしゃらに努力するようになったのは、かわいいカノジョができたから?」
だが、スルーできない言い方をされて仕方なく口を開いた。
「浪人がイヤなだけやで。努力せんと受からんアタマなもんでな」
イヤミを込めて言い返す。
「…ずいぶん情報早いんやね」
眉間にシワを寄せる忍足に、不二は笑顔のまま絡みつくような言葉を投げかけた。
「部活の後輩が話してたんだよ。知らずにメモ渡したら、キミに破り捨てられて睨まれたって」
「…ああ、あんときの」
その時のことを思い出して、忍足は心の中で舌打ちをした。
言われてみれば、あのときの男は青学の生徒だった。まさかテニス部だったとは。
「そっち方面も情熱的だったんだね。意外だったな」
「…なんやねん自分、さっきから」
普段の不二は、こんなことで絡んできたりなんて絶対にしない。
不機嫌な表情のまま、忍足は不二に視線を送った。
ザワザワとした街の声が、いやに遠くに聞こえる。

「ふふ、ゴメンね。ちょっとうらやましかったんだ。
ボクはそんなふうに、誰かを好きになったことなんてなかったから」

そう答えて、不二はカバンから小さな封筒を取り出した。
「気を悪くしないで。これ、お詫びと誕生日プレゼント。
フォトショップっていう写真を加工するソフトで作ってみたんだ。よかったら使って」
忍足に一方的に押しつけて、「じゃあまたね」と言って、不二は駅とは反対方向に歩いて行った。
不審に思いながらも、忍足は封筒を開けて中身を取り出す。
「…ッ!!」
絶句し思わず中身を封筒に戻す。
かわいらしいデザインのその洋封筒には、一枚の写真が入っていたのだが…
「…アイツっ」
急いで携帯を取り出し、忍足は不二に電話をかけていた。

『何やねんアレは!』
電話越しの忍足の怒声に、不二はうれしそうに答える。
「ふふ、グラビアでよく似た子がいたから、思わず遊んでみちゃった」
その悪意のない声に、忍足の機嫌はさらに悪くなる。
『趣味悪いにもほどがあるやろ! アイコラみたいな真似すんなや。
しかもグラビアやあらへんやろアレは』
「静止画の画像なんだから、グラビアでしょ?」
悪びれもせず、不二はそんなふうに答える。
しばらく無意味なやりとりをしたあと、画像の消去を約束させて、忍足は電話を切った。
「…ったく、天才の考えることはわからんわ」
自分の二つ名のことも忘れて、忍足はそんなことを毒づく。
(いくら趣味が写真でも、あんなことせんやろ普通…)
けれど、あの写真は忍足がどう頑張っても、頭から離れてはくれない。
かぶりを振って、改めて忍足は駅に向かって歩き出す。
しかし、モヤモヤとした情動は身体の中からとめどなく沸いてくる。
そんな自分がイヤになって、忍足は駆けだした。
駅まで走る間に、全てを忘れられればいいと願いながら。

「――模試お疲れ様でした、先輩! 
今お誕生日のケーキ準備しますから、待っててくださいね!」
「…ああ、ありがとうな」
電車を乗り継いで、忍足は"かわいいカノジョ"の家に来ていた。
いつもどおりの無邪気な笑顔を向けられて、なぜか罪悪感を覚える。
もしかしたら、まっすぐココに来たのは失敗だったのかもしれない。
(…ああもう、あの画像全然アタマから離れへんわ。ったく、不二のヤツ)
行き場のない想いが、カラダの中で疼く。
不二に渡された写真は、いわゆるセクシー女優の画像の顔の部分をいじったものだった。
修正前の写真は知らないが、修正後の写真はあまりにも眼前の彼女にソックリで、
コラージュのようなものと理解していても、なぜかヘンな気分になってくる。
「ケーキと、あと先輩が前見たいって言ってた映画のDVD用意したんで、見ながら食べましょう!」
ニコニコと笑う彼女と、いまだに平常心を取り戻せない自分に一抹の不安を覚えたが、
忍足は素直に彼女に従った。


***

…ふんわりとヘアコロンとおぼしきシトラスが香って、かわいらしい寝息が自分の耳元で聞こえる。
たしかに映画は、予想だにしない難解な内容で微妙だった。
自分も日頃の疲れかなんだか眠い。だけど。

(何でこのタイミングで寝るんやコイツは…)

ソファーに並んで座っている忍足の肩によりかかって、彼女はすやすやと眠っていた。
なぜかその頬はピンクに染まっていて、忍足はコッソリと息を吐く。
(ありえへんわ、つーか俺がおんのに寝るか普通)
モヤモヤとしたイライラがフツフツと沸くが、
テーブルの上に転がっている、洋酒入りチョコの包み紙を見て溜飲が下がった。
(…人の気も知らんとホンマに)
肩から頭を外して、そっとソファーに寝かせる。
本当はすぐにベッドに運んでやるべきなんだろうが、そんな気はおきなかった。
だってこんな無防備な彼女を、ベッドに寝かせてしまったら、
“はじめて”は受かってからっていうあの約束が、守れるかどうかわからない。
さっき見てしまったあの写真が、ずっとアタマから離れない。
あの瞳も、あのカラダも、ソックリな別人だってわかっているのに。
――ベッドに寝そべり、Tシャツと下着をずり上げて
脚を開いて、潤んだ瞳で自分を見上げる愛しい彼女… とうりふたつの別の少女。
丈の短いスカートから伸びる、本物の彼女の脚を眺めながら
写真の彼女のそれと真剣に比較検討している自分に気がついて、忍足は思考を止めた。
(…なんで比べるんや、オカシイやろ)
それが目当てなわけじゃないのに。
邪念を消そうと、幼さの残る寝顔を見つめても、どうにも出来ない感情は、消えるどころか増幅される。
キスをして抱きしめたことくらいもう何度もある。
一人暮らしの自分の家に泊めたことだってあるのに、なんで今更こんな気持ちになるんだろう。
こんなことになるんなら、跡部に勝って学年トップを取ったときに、
ご褒美が欲しいとか言ってさっさと頂いておけばよかった。
大学に受かったらなんて言うんじゃなかった。
口車に乗せて強引に迫って、その場でYESの返事を引き出すくらい、
自分にはカンタンに出来たハズだったのに…。
ほんの少しの後悔で、胸が苦しくなる。

…今でも時々、夢なんじゃないかって思うことがあるんだよ。
ずっと好きで大切すぎて、だから触れることもできなかった君が、
俺のとなりで寝息を立てているなんて。

メガネを外してテーブルに置いて、彼女の髪をそっと撫でる。
昔はわからなかった気持ちだ。
手に入れることさえできれば、それで満足できると思ってた。
でも実際に手に入れてしまったら、それだけではすまなくなった。
自分だけを見て欲しい、失いたくない、ずっと自分の手の届くところにいてほしい。
――触れたいときに、そのカラダに触れさせて。
相手に対する欲望は際限なく沸いてくる。
「こんな苦しい思いさせられるなんて、ホンマ思っとらんかったわ」
俺ばっかり、とも一瞬思ったが、
いつか見た彼女の泣き顔が思い出されて、苛立ちが消えた。
喉元には、以前自分がつけたキスマークが未だに薄く残っている。
「…まあええわ。空腹は最高のナントカ言うしな」
そうつぶやいて苦笑して、忍足は彼女に上着をかけてから、
いまだにDVDが流れ続けるテレビを消した。

しばらく寝かせて、それから起こそう。
だってまだ、ちゃんと「おめでとう」も言ってもらっていないんだから。


End

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ