*Short DreamT*

□【忍足/一族】ずっとそばにいるよ
1ページ/1ページ

巨大なビルみたいな建物を指さして、先輩は言う。
「――あれが大学の付属病院や」
「わぁ、大きいですね!」
「せやろ。大阪でも結構デカイ病院で、ドクターヘリなんかも飛ばしとるらしいで」
そんなことを言いながら、先輩は笑った。
受験生時代はすごくクールだった忍足先輩も、
大学に受かって肩の荷が下りたのか、なんだかノビノビとしている。
…今日は連休の初日。私は先輩に会いに大阪まで来ていた。

「ドクターヘリって、前ドラマでやってたやつですか?」
何となく聞いたことのある単語が出てきて、私は先輩を見上げた。
「せや。あのアイドルが出とったやつやね」
街路樹の点在するゆるやかなスロープを、先輩と並んで歩く。
先輩の大学のキャンパスはすごく広くて綺麗で、散歩するだけでも楽しい。
「んで、これが医学部の校舎や。でもここで本格的に授業受けるんは来年からなんやけどな」
今度は正面のヨーロッパ風のデザインの建物に視線をやって、先輩はそんなことを教えてくれた。
「そうなんですか?」
「そうなんやで。今は別のキャンパスで授業受けとるんや」
今日の先輩はなんだかすごく機嫌がいい。
ニコニコと話す口ぶりからは、自分の大学を本当に誇りに思ってるのが伝わってきて、
私の方まで嬉しくなった。
…すごく頑張って受かった第一志望だもん、嬉しいに決まってるよね。
しばらく歩くと、テニスコートが見えてきた。
八面くらいあってびっくりする。結構広くて本格的なコートだ。
だけど、先輩が選ぶ大学らしいなと思って笑みがこぼれた。
「…今でも、テニスしたりするんですか?」
「時々するで。サークルには入っとらんのやけどな。
でも、しつこく勧誘されてちょっと困っとるんや」
私の質問に先輩は苦笑する。だけど、すぐに別の方向に視線をやると、
「…こっちまっすぐ行ったら正門やから、そっから出て公園まで歩くで」
そう言って、私に手を差し出してくれた。
キャンパス内を散歩して、近くの大きな公園に行くのが今日の予定。
公園は夕方には閉まってしまうから、ちょっと急がないといけない。
空の隅は、既に赤くなりはじめている。

…休日のキャンパスには、ほとんど人はいない。
今までも、ほとんど誰ともすれちがわなかったんだけど、正面から派手な金髪の男の子が歩いてきた。
学生さんかな、なんてことをぼんやりと思った瞬間。
「ッ!! なんでアイツがこんなトコにおるんや…!」
妙に焦った声が聞こえて、驚いて私は先輩を見上げた。
すごくイヤそうな顔で、忍足先輩は前方の男の子に視線を送っている。
『知り合いなんですか?』そう尋ねようとしたとき
「ユーシ?! 何しとるんやお前!」
その子は、先輩に気づいてそう言った…。


***

「…お前に関係あらへんやろ。そっちこそ、大学休みなのになんでこんなトコにおるんや」
先輩はなぜかワナワナ震えながら、その子に突っかかる。
こんなに感情むきだしの先輩を見るのは初めてで、なんだか戸惑う。
これが関西ノリってヤツなのかな。
「別にええやろ! それこそお前に関係あらへんっちゅー話や!
つーかなに学内でオンナ連れとるんや、一年のくせに!!」
突っかかられたその子は、私にちらりと視線を送ると先輩に言い返す。
「ええやろ別に。高校ンときから付き合うてんねん」
挑発的に答えると、繋いだままの手を引っ張って、先輩は私を自分の方に引き寄せた。
「ッッ!! ユーシのクセに生意気や!」
その子はちょっと頬を染めながら焦る。
…ていうか、私もこの状況かなり恥ずかしい。どうしていいのか分からなくてうつむく。
「ええやろ、めっさラブラブやねん。自慢のかわええカノジョやねんで」
肩に手をまわされて、そんなふうに言われて、なんかもう恥ずかしすぎて顔が上げられない。
「…か、可愛さなら俺のスピーディーちゃんのが遙かに上や!」
男の子の動揺した声が聞こえる。こんな状況なら当たり前だよ…! 
だけど忍足先輩は、そんなことはお構いなしで
「何やねんスピーディーちゃんて」
「俺のペットや!!」
その子の、ひときわ得意げな声が聞こえた瞬間。
「お前のペットてイグアナやろ!!!!」
忍足先輩の半ギレの怒声が聞こえた。私は思わず肩を竦める。
「イグアナのどこが悪いんや!! お前こそスピーディーちゃんの可愛さを」
金髪の子は物怖じせずに先輩に言い返す。
その子のイグアナトークと忍足先輩のツッコミは延々と続く。
私は肩に腕を置かれたまま、二人の話が終わるのを待っていた…。

「――まあええわ。お前なんてせいぜいイグアナと仲良うしとれ。
俺はコイツと連休をエンジョイしてくるわ」
腕時計の時間に気がついて、ケンカを終わらせたのは忍足先輩の方だった。
「行くで、郁」
そう言って、私から腕を降ろして歩き出す。
「…ッ!!」
男の子は一瞬くやしそうな顔をしたけど、何か叫びながらどこかに走って行ってしまった。
…走るの速いんだな。すごいスピードだ。
「……さっきの人、大学のお友達なんですか?」
その子の後ろ姿を見送りながら、私は先輩に尋ねた。
「…イトコや」
「え」
先輩の意外な返答に、私は思わず、持っていたカバンをとり落としていた…。


***

「わぁ、これがあの万博の!」
…気を取り直して、私たちは公園にやってきていた。
巨大な円錐状の塔を見上げる。
「意外とデカイやろ。自由の女神よりデカイらしいで」
中央にはヘンな顔があって、シュッっとした腕みたいなのが左右に出ている。
あまりにも有名な塔だけど、これが太陽をイメージしてるなんて、言われなきゃわかんないよね。
「一番上の金色の顔、あれ目が光るらしいで」
ニヤニヤと忍足先輩は笑う。
「えっ、そうなんですか?!」
暗闇の中、あの目だけを光らせる塔を想像して、思わず私のテンションは上がる。
そのシュールな光景、ちょっと見てみたいかも。
「でも、飛行機が間違えたら困るからって、あんま光らせられんらしいけどな」
「飛行機ですか?」
意外な単語に私は驚く。
「せや。空港近いねん、ここ」
ほら、と先輩に言われて空を見上げたら、石を投げたら当たりそうなくらい、飛行機が低い空を飛んでいた。
…その瞬間、昔の色んな思い出が蘇った。
「お前の親、まだ海外おるんやっけ」
突然、その話題を出されて動揺する。隠していたつもりでも、やっぱり顔に出ていたみたいだった。
「寂しい?」
先輩に尋ねられる。
付き合う前はきっと、先輩は気づいても触れなかった。
でも今は違う。
「…寂しくないです」
言葉を選びながら、私は答える。
「三年生になって、女の子の友達も増えたんですよ。
あと、テニス部の鳳くんや日吉くんとも、少しですけど話すようになって…。
日吉くんには、なんかいつも怒られちゃうんですけど」
先輩は苦笑する。
「だから平気です。それに、離れてるけど忍足先輩がいるから、だから寂しくないですよ」
そう言って見上げたら、
「…ほんならええわ」
って言って、先輩は私の頭をなでてくれた。
これが模範解答だったのかは、私には今でもわからない。

やがて、閉園のアナウンスが流れ始めた。
「帰んで」
いつも通りに微笑んで、先輩は私の手を取った。手を繋いで駅に向かう。
(…この先どんなことがあっても、ずっと先輩のそばにいれたらいいな)
茜色の空の下、先輩の背中を追いかけながら、私はそんなことを思った。


***

「晩メシはウチでええ? それともどっか外食する?」
冷蔵庫の中身を見ながら、先輩は私に問いかける。
モノレールを乗り継いで、私たちは先輩のマンションに戻って来ていた。
「どっちでもいいです」
「ならウチで食うか。材料あるし」
カレーでええ?と聞かれて、それでいいですと微笑んだ。
先輩の手料理なんて久しぶりで、ワクワクする。
手持ちぶさたで、私はソファーに腰掛けたまま、部屋の中を見回した。
そしたら、白いシャツみたいなものが、ハンガーに掛かっているのに気がついた。
「あれ、これって…」
思わず私はそれに近づく。
「ああ、白衣やねんそれ」
「白衣ですか!?」
やっぱり、と思って私は瞳を輝かせた。
特別好きなわけじゃないけど、なんだか医学部っぽい気がしてときめいてしまう。
「学生でも実習で着るんやで。それ大学の生協で買うたやつやねん」
着てやろうか?ってニヤリと笑われたから、せっかくだしと思って着てもらった。

「先輩、似合ってます!」
「せやろ?」
先輩は得意気に両手をポケットに突っ込む。
まだ学生なのに、着こなしに違和感がなさすぎて面白い。
「忍足センセイですね」
「センセイかぁ、なんやヘンな気分やわ」
私の『先生』呼びに、忍足先輩は目を伏せて笑った。
「…でも六年後くらいには、そんな風に呼ばれるとるんやろね」
先輩の言葉に、私も視線を落とす。
医学部は六年制。
私は先輩が先生になるまで、ずっと一緒にいられるのかな。
「つーか、お前いつまで名字呼びで敬語なん?」
急に上から先輩の不機嫌そうな声が聞こえて、私は顔を上げた。
「何や距離感じるわー 幼なじみのハズやのに」
「…えっ、でも」
突然そんなことを言われて戸惑う。
「まさかとは思うけど、俺の下の名前知らんなんてことは」
「知ってますよ!!」
ありえないことを言われて、私は思わず叫んでいた。
なんだか先輩、キャラ変わってるような気がするけど…。
「なら言うてみて?」
期待に満ちた目で見つめられる。
なんだか上手いことノセられてる気がするけど、まあいっか。
「…侑士センパイ」
「――ハイ正解。これからはソレな?」
満足げに先輩は微笑んだ。
「ご褒美に今から、このカッコで相手してやるわ」
そう言って先輩は白衣姿のまま、私の手をとってキスをした。


End
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ