*Short DreamT*

□【忍足】僕だけの君でいて
1ページ/2ページ

「――髪、切ったん?」
吐息のかかる距離で、そんなことを言われて髪に触れられる。

昼休みの、学校の図書館の奥。
今ここにいるのは、私と忍足先輩の二人だけ。
地下のあまり人が来ないこの場所は、内緒話をするのにピッタリなんだ。
「…ちょっとだけですけど、よく分かりましたね」
薄暗い中で見上げる先輩は、やっぱりカッコ良くてドキドキする。
「お前のことなら、俺はなんだってわかるんやで」
私の頬に手を添えて、先輩はいつもみたいに微笑んで…。
「だから、今朝駅でルドルフのオトコからもろとったラブレター、見してみ?」
ムギュッと頬をつねられる。
「…見てたんですか」
「俺は朝の補講は行っとらんからな、時間ほぼ一緒なんやで。
お前は気づいてへんかったと思うけど」
そこまで言って、やっと先輩は私の頬をつねる手を離してくれた。
心なしか、笑顔がちょっと引きつっててコワい。
「…もらったメモなら、もう捨てちゃいましたよ」
「ホンマか?」
先輩は、疑いの目で私を見る。
「本当ですよ!」
もちろんウソだ。ホントはメモはまだカバンの中にある。
やっぱり、あんなふうにもらったものを捨てるなんてできない。
「…まぁええわ、何て書いてあったん。つか、知り合いなんか?」
「知らない人です。“電車で見てて好きになったから連絡下さい”って、名前と携帯の連絡先が」
先輩はちょっと目を細めると、
「…これで三人目やね」
「二人目です! でもちゃんと断ってますよ?」
「人数なんてどうでもええわ! 断るんも当たり前や!」
声のボリュームは落としたまま、先輩はどこか怒ったような様子で、私から距離を取った。
腕組みをされて見下ろされる。
「お前は隙が多いからな。ちゃんと用心するんやで」
なぜかトゲのある言い方をされて、思わず私は先輩に言い返していた。
「あんなのただのナンパじゃないですか! それに先輩だってすごくモテてるのに」
「はぁ? 何で俺の話になるんや。今はお前の話しとるんやろ」
「でも、私はちゃんと断って」
「そういう問題ちゃうわ! お前、俺の言いたいことわからへんの?」
今度は呆れた表情で、先輩は溜息を吐いてこめかみに手を当てた。

そのとき、予鈴が鳴った。
もうすぐ午後の授業が始まる。
「…まあ、この話は今度でええわ。ほな週末な」
先輩は不機嫌そうにそう言って、踵を返した。
「…なんで、あんな怒るんだろ」
前はそんなことなかったのに、付き合いだしてから、先輩は時々私に細かいことで怒るようになった。
もちろん納得できることが大半だけど、
(…ちゃんと断ってるのに)
今回は納得できなくて、私は唇を尖らせて自分の教室まで走って戻った。


***

「…つかありえへんやろ。何であんなモテんねん」
午後の授業には出ずに、忍足はテニス部の部室でそんな愚痴をこぼしていた。
ソファーに腰掛け、頬杖をつきながら言う。
「あいつホンマ俺よりモテるんちゃうか」
「…お前も大変だな」
さりげないナルシー発言に引きつつも、宍戸は忍足をねぎらう。
「でも、学年次席がサボってていいのかよ」
宍戸の当然の指摘に、だが忍足はイヤそうに返した。
「自習やったから保健室行く言うてきたわ。つか、サボリはお前らもやろ」
「俺らは内部進学だC〜」
わざとらしい声が響く。ジローだ。
三人はテニス部の正レギュラー専用の部室でサボっていた。
今はもう秋で忍足たち三年生は引退してしまったから、
こういうときでないと、もうこの部屋で寛ぐこともできない。
「…つか、結城ムカシから割とモテてたぜ? 顔も悪くねえし、他のオンナと違って性格キツくねぇし」
宍戸は苦笑する。
「郁、押しに弱そうに見えるもんね〜 “本気で迫れば落とせそう”って言ってたヤツ何人もいたC〜」
どうでもよさそうにジローも同調したが、
「…ジローそれ言うとったん誰や」
不機嫌そうに、忍足はジローを睨みつける。
「え〜 言ったら侑ちゃんその人のこと怒るデショ」
「ハハ、俺なんて“襲いてー”とか言われてんの聞いたことあるぜ」
「…………」
無言で立ち上がり、忍足は宍戸の襟元を掴んだ。
「俺が言ったワケじゃねえよ! 聞いてただろお前!」
「…ホンマ悩みは尽きへんわ」
宍戸から手を離し、忍足は再度ソファーに腰を下ろした。
「別に放っとけばいーじゃん! 郁は侑士一筋なんでしょ?」
明るくジローは忍足を励ます。
「そうそう。それにお前だって、イケメンだしモテんだから気にすることねーよ」
宍戸もジローに同意する。これ以上絡まれてはたまらない。
「…まあ、確かに俺以上のスペックのオトコは、そうそうおらへんやろうけれども」
そう言って髪をかきあげる忍足を見つめて、宍戸は言った。
「お前、最近跡部に似てきたよな」


***

(…信じてないわけやあらへんし、自分に自信がないわけでもない。
だけど、やっぱイヤやねん。これが独占欲っちゅうモンなんかね)
部室を出て、忍足は保健室に向かう。
本当に具合が悪い気もするから、休ませてもらおうかなどと考えながら。
「―――!」
忍足は、知った顔を見つけて息を呑んだ。
渡り廊下で談笑する、郁と跡部だ。
廊下は二階にあるけれど、下からでもその様子はよく見える。
違和感なく、跡部は郁の髪に手を伸ばす。
髪に触れられているのにも関わらず、郁は全く意に介さない様子で、
跡部と視線を絡ませて笑い合っていた。
「何やアレ…」
忍足は無意識にそんなことをつぶやいて、目を伏せる。
(しばらく前まで付き合うとったんやし、別にええんやけど…)
けれどその瞬間。なぜか脳裏に、跡部にキスをされている彼女の姿が妙に鮮明に浮かんだ。
忍足の脳内の跡部は、そのまま彼女を抱きしめて押し倒す。
「…っ!」
付き合っていたとき、彼女は跡部にそんなことをされていたんだろうか。
(あの跡部が手ぇ出さんなんてありえへんし、それに郁だって)
無意識にずっと考えないようにしていたことを、急に突きつけられて動揺する。
(…でも別に、あいつらが悪いわけやあらへん)
強いて挙げるとすれば、悪いのは、大好きな女の子をひとときでも他の男に譲った自分だ。
それはわかっているのに。
「ホンマ、けったくそ悪…」
イライラなんて生易しいものじゃない、どうしようもない苛立ちを抱えて
ふたりを見ないようにして、忍足は保健室に向かって走った。


***

放課後。三人は、学校近くのファミレスにいた。
「…侑ちゃん機嫌直して? いい加減ウザイし」
「……お前は相変わらず自由やな」
ジローの露骨すぎるお願いを、忍足はそう一蹴した。
「だから、気にしなけりゃいいだけだろ。つか何で俺らオトコ三人でこんな話題」
そんな二人を宥めようと、宍戸は忍足を慰める。
「お前らしかこんな話出来るヤツがおらへんからや」
やはり機嫌が悪そうにそう言ってから、忍足はテーブルのコーヒーをあおった。
「てゆーか、侑ちゃんこの集まりの目的忘れてない?」
「忘れとらへんよ、鳳と日吉きたらちゃんと祝うたるわ。そんで二次会はビリヤードやろ」
機嫌を直そうともせず、忍足はそう答える。
仕方がなさそうに、ジローは肩を竦めた。
「――お待たせしてすみません、宍戸先輩! お誕生日おめでとうございます!!」
出し抜けに、そんな声が聞こえて
宍戸の目の前に真っ赤なバラの花束が差し出された。
突然の意外すぎる出来事に、忍足たち三人は絶句する。
「あれ?」
花束の主は、ポカンと立ち尽くす。
「…だからそんなんやめろって言ったんだ俺は!」
立ち尽くす彼に、日吉は焦って耳打ちをした。
花束の主を見つめて、宍戸は言う。
「……長太郎、お前も跡部に似てきたよな」
必死に否定する鳳を横目で眺めながら、忍足はまたコーヒーを口に運ぶ。
だけど彼の脳内では、昼間見た郁と跡部の姿が、いつまでもリピート再生されていた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ