*Short DreamT*

□【忍足】君がいてくれるから
1ページ/1ページ

東京の街に雪が舞う、一月のとある週末。
ここ氷帝学園高等部も、心なしかピリピリしたムードに包まれる。
今日は、大学入試センター試験だ。

朝起きて時間を確認してから、私は先輩に激励のメールを送る。
『がんばってください! 応援してます』
そして携帯を閉じる。
今日が本番。全ての努力はこの日のために、してきたって言っても過言じゃない。
私に出来ることなんて、応援メールをすることくらいだけど…。
テレビをつけて、チャンネルをニュース番組にあわせる。
ちょうど、そのことが報じられていた。
『今年の受験者は約五十二万人で――』
こげ茶色の講堂をバックに、アナウンサーが交通情報を読み上げる。
結構雪が降ってるけど、幸いにもダイヤの乱れはなかった。
「…よかった」
そうポツリと言ってから、私はテレビを切った。
『――落っこちたら、お前に一年会えへんくなる』
前に言われた言葉が蘇る。
会えなくなるのもつらいけど、だけどそれよりも、
今までずっと頑張ってきた忍足先輩の努力が、報われたらいいな。


***

「…あ、ドレッシング切れてる」
冷蔵庫を開けて、私はそんなことに気がついた。時計を見ると、もう夜の九時前だった。
「コンビニ行こっ」
私はコートを羽織って、財布をカバンに入れて飛び出した。
「…寒いな」
両手をこすりあわせながら、私はブーツで住宅街を歩く。吐く息が白い。
銀世界ってほどじゃないど、結構積もってて、スニーカーで来れば良かったって後悔した。
街路樹の積雪が、時期は違うけど、クリスマスのオーナメントみたいでキレイだ。
「そうだ!」
コンビニに行く途中にある小さな公園のことを、思い出して私は声を上げた。
(せっかくだし)
思って私はそっちの方に足を向ける。
雪国出身の子には怒られちゃうけど、やっぱりまだ雪が降るとワクワクする。
ほんのちょっとだけ寄っていこう。
「――忍足先輩?!」
公園に着いた瞬間、意外すぎる人の姿が目に入って、私は思わず駆け寄った。
「…っ! 何しとんねん、郁」
ちょっとやつれた表情の先輩は、私に気がついた瞬間、目を丸くして驚いた。


***

「…ホンマびっくりしたわ。何しとんねん、こんな時間に」
「ちょっと、コンビニ行こうって思って… 先輩はどうしたんですか?」
「…ああ、俺もコンビニ行こ思うてな」
先輩はそう言って軽く微笑んだ。
だけど、暗闇の中でも分かるくらい、先輩の具合は悪そうだ。
「…大丈夫ですか? 何か調子悪そうですけど」
「別に平気やで。 …でもちょっと、最近なかなか飯も食えんくてな」
自嘲気味に、先輩は苦笑した。
センター直前は、高三の先輩たちはみんなピリピリしてたけど、忍足先輩も例外じゃなかった。
先輩の志望校の、前期のボーダーを思い出して胃が痛くなる。
センター得点率九十%なんて、私なんかじゃ絶対ムリだ。
「そんな顔すんなや、俺ならホンマに平気やから」
先輩はまた苦笑して、手袋をはめた手で私の頭をくしゃって撫でた。
「で、でも…」
「…ホンマに、お前とおると癒されるわ」
私を見つめたまま、先輩はふっと笑った。
「本当は、今日お前に会いたかったんや」
微笑んだまま、先輩は続ける。
「そんで、伝えたかったねん。センター九割いけたって」
「ホントですか!?」
嬉しくて、私は思わず声を上げていた。
「そんな喜ぶなや、本番は明日の数学と来月の二次試験やで」
冷静にそんなことを言ってるけど、でも先輩は嬉しそうだった。
『明日も上手く行くといいな』心の中で、そっと願った。

「…春になったら、俺らは何しとるんやろうな」

不意に視線を外して、先輩はそんなことをつぶやいた。
きっとそれは『受験が終わって春になったら』ってことなんだと思って、私は答えた。
「桜の木の下で、みんなに胴上げしてもらってると思います」
先輩は、クスリと笑った。
「本郷の大学の合格発表みたいやな」
「俺の第一志望はそんなんやっとるんかな」って言って、先輩はまた遠くを見つめた。
『落っこちて浪人になったって、私はずっと待ってます』
って励ましたかったけど、縁起が悪いからやめておいた。
…受験が終わって春になった時、私たちはどうしているだろう。
出来ることなら『よかったね』って、笑いあっていられればいいな。
もしかしたらその前に、卒業式で涙を枯らしているかも知れないけど。
忍足先輩は小さく息をついてから、
「…ほな、コンビニ行くで」
そう言って、私に片手を差し出した。

「てか、雪なのになんでそんなクツ履いてくんのや」
早速、私は先輩にツッコまれる。
「…ヒールのないクツってやっぱイヤなんです」
唇を尖らせて、私は先輩に言い返す。
「うちの姉貴みたいなこと言うなや」
溜息と一緒にそう言って、でも急に先輩はいたずらっぽい笑みを浮かべた。
「…コケても今日は面倒見てやらんで?」
「コケませんし! それに転んでも一人でなんとかできますっ」
「ホンマか〜?」
そうやって、また私のことからかうけど、
でも、優しい先輩は例え今日でも、私に何かあったら絶対助けてくれる。
今年の春から秋にかけて色々あって、私はそんな図々しい確信を持つに至った。
だけど、当たり前だけど変な心配はかけたくないし、
できればこれからは私も、大好きな人を支えたり、助けてあげたりできる子になりたいな。
…そうこうしているうちに、コンビニの緑の明かりが見えてきた。

それぞれの買い物を済ませて、私たちは帰路につく。
真冬だからか、夜空の星の瞬きが見える。
吐く息が白くなるくらい寒いけど、忍足先輩と一緒なら、それだけで温かい気持ちになれる。
だから、そんな先輩の力になりたくて、私は自分に出来ることを必死に探した。
…あ、そういえば。ひとつだけあった。私が先輩のためにできること。
「…先輩“あの約束”覚えてますか?」
ちょっと照れるけど、私は先輩にその話を振った。
「覚えてへんなぁ」
「ウソっ?!」
「ウソや」
また、ニヤニヤと笑われる。だけど、先輩は急に真顔になった。
「もちろん、ちゃんと覚えとるで」
真面目な顔で言われて、頬がちょっと熱くなる。
だけど、私は先輩の目を見つめて言った。
「じゃあ、ちゃんと約束果たしてくださいね。私、待ってますから」
「…ほんなら、ちゃんとお姫様迎えにいけるように頑張らんとアカンな」
Sっぽい声でそんなことを言って。先輩は、いつもよりカッコイイ笑顔を私にくれた。


End

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ