*Short DreamT*

□【跡部】最初からこうなることを知っていた
1ページ/2ページ

イギリスへの留学を彼女に告げたその日の夜。
『しばらく距離を置かせて欲しい』と電話で言われた。
同じ日に彼女が忍足に告白されたということは、幸か不幸かジローから聞かされて知っていた。
劇的な勢いで不利になっていく風向きを感じながらも、
だけどその時の俺は、彼女の要求をただ受け入れることしかできなかった。
俺とつきあってからもずっと、
アイツは忍足の名前が出るたびに、普段と違う反応をしていた。
彼女は気づいていたんだろうか。
そう俺は、遅かれ早かれこうなることを、最初から知っていたはずだったのに…。


***

…闇の中でひとり歩く彼女の背中が見える。
俺は彼女の背中を追う。あとちょっとで手が届く。
名前を呼ぼうとした瞬間、伸びてきた手に口を塞がれ、俺は何者かに突然背後から抱え込まれた。
「君が、景吾くんだよね?」
知らない男の声で名前を呼ばれて、ぞわりと恐怖が駆け抜ける。
この記憶は。

ハッと跳ね起きる。視界に飛び込んできたのは自分の寝室の景色で、安堵する。
まだあの男の身体の感触が残っているような気がして、自分を抱きしめて落ち着かせる。
心拍数は上がり、体はじっとりと嫌な汗をかいていた。
自分がまだ小さな子供だった頃の出来事。
「…クソっ!」
最悪の夢見に吐き捨てるようにつぶやいて、俺はベッドから起き上がる。
部屋の隅の冷蔵庫から、ミネラルウォーターを取り出し一気に飲み干す。
全部、洗い流して忘れられればいいのに。
ガラにもない物思いも、無かったことにしたい出来事も。
ふと、彼女のことを思い出す。
自分の事件は即座に両親の知れるところとなり、周囲のバックアップと協力が得られた。
でもアイツは?
去年の夏頃、一時期忍足が朝練に遅く来ていたことを思い出した。
家族は遠いイギリスで、本人は一人暮らし。
被害の性質上『誰にも言えなかった』というのは本当なんだろう。
当時のアイツが頼れたのは、忍足だけだったという事実を改めて思い知らされて、
また胸の中に影が落ちた。
でも絶対に、事件のことも忍足のことも忘れさせると思いながら、一緒に過ごした数ヶ月を思い出す。
自分の気持ちは、伝わっていたんだろうか。


***

鏡の前で制服のネクタイを結びながら、私は昨日の出来事を思い出していた。
空港で忍足先輩に『ありがとう』と『さよなら』を伝えた昨日。
そしてやっぱりどうしても、私には跡部先輩を忘れることなんて出来ないと気づけた昨日。
(今日は… 跡部先輩と仲直りしなきゃ)
勇気を出して、今度は私の方からぶつかって行かなきゃ。
今までずっと私に、精一杯向き合ってくれていた先輩に。
支度を終えてすぐ、私は家を飛び出した。


***

清冽な朝の空気を感じながら、学校までの道のりを早足で歩く。
こんな早い時間に登校するなんて初めてだ。
…校門に入った瞬間、テニスコートが目に入った。ボールを打ち合う音が遠くに聞こえる。
(…行ったら、跡部先輩に会えるかな)
普段はウワサされるのがイヤで、コートには近寄らないようにしていたんだけど。
でもこの時間なら、きっと女のコたちはいない。私はコートに向かって走った。

氷帝のテニスコートは広い。
朝練中の部員の人たちに探るような視線を送られながらも、私は跡部先輩の姿を求めてあたりを見回した。
だけど、やっぱりコートにいるのは二年生ばかりで。
想定内だけどちょっと落ち込みつつ、私は引き返した。
歩きながら考える。
先輩はどこにいるのかな。ていうかそもそも、こんな時間に来てるのかな?
次は生徒会室に行こうと思いながら、校舎の裏手を歩いていた、そのとき。
「――郁ちゃんだよね?」 
突然声をかけられて、知らない上級生の人たちに前途を塞がれた。
馴れ馴れしく下の名前を呼ばれて、緊張が走る。
「何してんの、こんな時間に」
「あの跡部フッたってマジ?」
先輩たちは、からかうような薄笑いで尋ねてくる。校内とはいえ、知らない男の先輩ばかりだから怖い。
「そんなこと… お話したくないです」
絞り出すように返事をしたら、突然背後から声が聞こえた。
「――次は忍足と付き合うの?」
その瞬間、いつのまにか後ろにいた男の子に、私は手首を掴まれた。容赦なく片腕をひねりあげられる。
「…ッ! 離してくださいっ」
「ほっそいよねぇ、前から思ってたけど。跡部には言われたことないの?」
大好きな先輩の名前を出されて動揺する。
「ないです! だから離してって…」
逃げ出したくて、精一杯もがいて睨み返しても、
相手は嬉しそうにするばかりで、ひねりあげる力がさらに強くなる。
「今フリーなら、俺らの相手してよ」
校内でこんなことになるなんて思わなかった。
自分に目をつけていたのは、女の子たちだけじゃなかったことに今更気がつく。
「別にいいでしょ? 初めてでもないんなら」
近寄ってきた先輩たちの一人がそう言って、私の胸元のネクタイを手に取った。
…ハラリ、と赤茶色のネクタイが地面に落ちる。
こんなことをされるのは初めてで、私は恐怖に身体を硬くした。けれど。

「――何やってんだよ!」

そのとき、怒りのこもった低い声が響いた。この声は。
「…っ! 日吉かよ」
「やべーコイツ、ケンカ超強ぇってよ!」
先輩たちは焦って私を突き飛ばす。
「ジョーダンだよ! 日吉クン」
「他のヤツには言わないでね〜」
そんな捨て台詞を言いながら、そそくさと立ち去った。
日吉くんは私と同じ二年生で、今はテニス部の部長をしている。
おうちは古武術の道場で、テニスだけじゃなくてケンカもすごく強いことで有名だった。
あんまり話したことはないけど、すごくマジメそうな感じの子だ。
日吉くんはしかめっ面のまま、私に駆け寄ってくる。
「アンタ本当バカだろ!!」
だけど、聞こえてきたのはいたわりの言葉じゃなくて怒声だった。
予想通りではあったけど、私はやっぱりヘコんでしまう。
「さっきアンタがコートに来てたとき、すげー見られてたの気づいてました?
それは別にいいんだけど、そんときからずっと、アイツらアンタのコト見ながらヒソヒソ笑ってたんだよ。
そんでアンタの後追っかけてったから、ヤバイと思って来てみりゃ案の定だよ。もっと警戒しろよ!!」
ものスゴイ剣幕でまくし立てられる。あまりの迫力に言葉が出ない。
「あと! イヤならもっと抵抗しろよ!!
グーで殴るとか、きったねぇ罵声浴びせるとか、股間蹴るとか、
他の女ならそれぐらい平気でやるだろ!
なんで大人しくネクタイ取られてんだよ、ヤられたいのかよ!!」
(普通の女の子はそんなことをするんだ…)
ショックを受けながらも、日吉くんの正論に何も言い返せない。
「ごめんなさい…」
自分に情けなくなって、私は唇を噛んで俯いた。
「ホント絶滅危惧種だわ。アンタ、オンナの友達いんのかよ」
吐き捨てるように言われて、ジト目で見られて、私は思わず言い返した。
「と、友達くらいいるよ!」
「…どうだかね」
だけど、あんまり信じてもらえなかったみたい…。
「で、コートに何の用だったわけ?
跡部さんなら多分生徒会室だし、忍足さんはまだ来てないと思うよ」
「ほ、本当?!」
日吉くんに知りたかったことを教えてもらえて、私のテンションは急に上がる。
「…違うかもしれないけどな」
「いいの! ありがとう日吉くん。私、生徒会室行ってみるね!」
早く跡部先輩に会いたくて、私はまた駆けだした。
落としていたネクタイのことも忘れて…
後ろで日吉くんが何か言っていた気がしたけど、その時の私は気にも留めていなかった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ