*Memo*

□【共通/慈郎】星降る夜に
1ページ/1ページ

びゅうびゅうと風の音が聞こえる。今日も天気は悪い。
(なんかもう台風みたいだC〜)
慈郎は外を見た。店番をしているカウンターから、自動扉の向こうの様子をうかがう。
この時期らしいあいにくの曇天で、雨は降っていないようだけど、風がとても強い。
緑の葉を茂らせた街路樹はザワザワと揺れ、通行人も顔をしかめながら、
あるいは髪の毛を押さえるようにしながら、皆そそくさと早足で歩いている。まるで嵐の前触れだ。
自分の実家であるクリーニング店の外に飾ってある七夕の笹も、
強風にしなって、今にもなぎ倒されそうになっている。
笹飾りを固定している紐も、心なしか緩んでしまっているようにも見える。
(う〜ん、心配かも…)
自分以外に誰もいないカウンターから離れるのは少し気がとがめたが、
少しの間なら大丈夫だろうと思い直して、ジローは外に出た。

ごうごうびゅうびゅう。風の唸りが両方の鼓膜を、今度は直接震わせる。
容赦なく煽られて金色の巻き毛がくしゃくしゃになる。
笹飾りのもとに駆け寄って、飾りを固定している紐を改めて強く縛り直す。これでオッケーだ。
そして、さあ戻ろうとしたとき。
「あ」
思わず声が出ていた。
ちょうど慈郎の目の高さに揺れているうすピンクの短冊と、それに書かれている見覚えのある名前。
『氷帝テニス部が全国優勝できますように!!』
少しだけ丸みを帯びた綺麗な字で、気合いを入れて大きく書かれた願い事。
けれど、慈郎は思わず吹き出してしまう。その隣には小さくこう付け加えられていたからだ。
『あと、成績が上がりますように(とくに英語)』
…なんで“特に”がひらがななんだろう。

懐かしさにも似た温かな気持ちがこみ上げて、
慈郎の胸はほんの少しだけしめつけられる。甘くほろ苦いギュッとした痛みだ。
奇しくも今日は恋人たちの記念日。現在遠距離恋愛中のあの二人は今、どこで何をしているんだろう。
「…ちゃんと会えてれば、イイな」
らしくない願いを、曇り空の向こうにかける。
人の恋路には今も興味はないけれど、あの二人だけは特別だ。
“天の神様お願いします”
ミルキーウェイに願いをかけて。強い風の中小走りで、慈郎は店のカウンターに戻る。


End

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ