*ねこのひかる*

□09 夫婦善哉
1ページ/2ページ

それから、季節が変わって。吹く風がぐっと冷たくなった、秋深く。
これまでと変わらず、光と静は日々を仲良く過ごしていた。
光の体力が落ちたために、二人の生活習慣が変化したりといった、
ネガティブ要素はあるけれど。
それ以外は、今までとそこまで変わらない穏やかな時間。
無理のない程度に近所を一緒に散歩したり、
お部屋でゆっくりと過ごしたり、くっついて一緒に眠ったり。
元々これ以上ないくらい、互いを想い合って大事にしていた静と光。
光の余命があとわずかだと知っても、急に過ごし方を変えたりなんてしない。
静は毎日大学に通い、勉強を頑張り、時には友人たちと遊びに出かけたりして、
自分が今やるべきことをきちんとやって、毎日を過ごしていた。
いくら光のことが大好きで離れがたいからといっても、べったりと依存しない。
それは光本人や小春とユウジの妖精二人の願いでもあり、
そして静自身との約束でもあった。
猫も含めたペットは十年程度で飼い主のもとから旅立ってゆく。
それはどんなに辛くとも悲劇などではなく、最初から分かり切っていた当然の帰結だ。
人間に八十年もの長い時間が与えられているのも、
猫に十年という短い時間しか与えられていないのも、
全ては神の思し召しであり、恨む方がお門違いなのだ。
大いなる自然の営為や生命の輪廻に、小さな個が抗っても、
それは天に唾する行為でしかなく、何の意味もなさないこと。
いくらペットは人生の伴侶といっても人間のパートナーとは違う。
どんなに願っても八十年を一緒に過ごせるわけではない。
それを理解した上で、それでもお互いを愛して大事にする。
互いに依存せず、節度を持ったお付き合いをする。それが静と光の約束だった。
当たり前のことだけどそれが一番難しく、それでいて大切で尊いことだった。

「……寒くなったね」
のんびりとした口調で、静は光のすぐそばでしゃがみ込み、猫の姿の彼に話しかける。
光は晩ごはんの流動食を、静かに行儀よく食べていた。
体力が落ちた今は、かつてのようなドライフードはもう食べられない。
食費は嵩むが、それは仕方のないことだ。
穏やかな優しい瞳で、静は光の背中をそっとなでる。
「……お洋服、似合ってるよ。かっこいい」
深い赤色のベスト。
体温が低めの光が寒い日でも温かく過ごせるように、静が買ってきたウェアだ。
完全室内飼いだけど、一日中エアコンをつけているわけにもいけないから用意した。
少しでも快適に過ごして欲しい。
「でも、これからお出かけだから、脱ごうね」
ちょうど、光がご食べ終わったタイミング。
光のウェアを脱がせて、口元を拭いて歯磨きをして。
静は光を抱え上げて、瞳を閉じてキスをした。
愛を込めた静のキスで、猫の光は人間の男の子に姿を変える。
一日四時間十分だけの逢瀬の始まりだ。今夜の予定は手を繋いでのお散歩。
光の外気浴を兼ねて、スーパーまでお買い物に行く。

「こうやってお出かけするの久しぶりだね」
「……せやな」
手を繋いで、二人は近所のスーパーまでの道を歩いていた。
肌寒い秋の気候が二人の距離を自然と近づける。
肩と肩が触れ合うほどの近い距離で、静と光は寄り添って歩く。
「あ、そうや。忘れんうちに言うとかんと」
「え、なあに?」
「さっきの猫缶、あれ魚の苦いところ入っとるやろ」
「えっ?」
先ほど光にあげた流動食。あの猫缶は青魚丸ごと一匹使用が宣伝文句の新製品だった。
栄養がありそうだったから、買ってみたんだけど。
「やっぱ苦いの気になるわ。他のがええ」
「わ、わがまま……!」
「しゃあないやろ。苦手なもんは苦手なんや。これでも頑張って全部食ったんやで」
しかし、気恥ずかしそうにそう続けられて、静は溜飲を下げた。小さく息を吐く。
「もう……」
可愛い恋人にそうねだられてしまったら、従うほかない。
お手頃価格が魅力だったけど、他のものにしよう。
「つか、俺がやった指輪はどうしたんや。今もつけとらんやろ。なんでしとらんのや」
しかし、唐突に光はそんな言葉を口にして、
静と繋いでいる右手にギュッと力を入れてきた。
車通りの少ない住宅街の小路。光が歩道側で静が車道側を歩いていた。
本来は逆なんだろうけど、病気の光が心配な静は、進んで車道側を選んでいたのだ。
おっかなびっくりといった様子で静は光を見上げる。
不機嫌というわけじゃないけど、光はあからさまにすねていた。
普段はそっけないのに、今は感情むき出しだ。
眉間に皺を寄せて、唇を尖らせて、これ以上ないほどに不満そうにしている。
人の姿の外見は静と同い年、大学生くらいのはずなのに。
今の光はまるで中学生の男の子のようだ。
先ほどから彼に握られている静の左手が、にわかに熱を持つ。
大人と子供のはざまの、少年らしい格好よさと可愛らしさ。
愛おしさが込み上げて、静は彼から目が離せなくなる。
しかし、返事もせずに見つめていたら。
光は静の答えを急かすように、右手にギュッと力を込めてきた。
焦った静は、しどろもどろに弁解する。
「……ッ、だ、だって」
「だって、なんや」
「だって、もったいないんだもん……」
光に詰め寄られて、静は頬を淡く染めて答える。
「大事すぎて、つけられないよ……」
「はぁ? あんなんつけてなんぼやろ……」
指輪はそう高いものではなかった。シルバーのカジュアルなものだ。
宝石もニセモノで、可愛らしい日常使い用。
なのにそんなことを言う静に、光は呆れる。しかし、彼は嬉しそうに微笑むと。
「……静は、ほんまにアホやな」
発言自体は辛辣だけど、その口調と瞳はとても温かい。
静のことを愛おしく大切に思っているのが伝わってくる。
静は小さく息を呑むと、頬を淡く染める。
光は静と繋いでいる手を自分の口元に持っていくと。
静の左手の甲、薬指の付け根あたりに、
チュッと小さな音を立てて、可愛らしいキスをした。
「っ、光……」
いつ誰が通りかかるかも分からない路上なのに。
静は恥ずかしがって彼を拒もうとするが、光は静の手の甲から唇を離さない。
しかも、そのまま歯を立ててきた。
静は肩をすくませた。痛いわけじゃないけど変な感じだ。
恥ずかしいやら、妙な情動を催してきたやらで、静の瞳が潤み始める。
「光、だめだよ、こんなとこで……」
自宅からも大学からも近い住宅街の小路。
いつ知り合いに見られるかもわからない場所で、恋人とこんなことをするのは、
さすがに静も抵抗があった。けれど。
「こんなとこやからええんやろ」
「ッ!」
自分が歯を立てたところ、静の左手の薬指の付け根に舌を這わせながら、
光は楽しげにつぶやいた。
「……外ですんの、なんやむっちゃ興奮するわ」
うっとりと細められた瞳の奥に、たしかに潜む欲望を感じて、静は呼吸を忘れる。
ずっと一緒にいるとつい忘れてしまうけど、
人の光はやっぱり人間の男の子で、だからそういう欲求もあるわけで。
「っ」
反射的に静が光から離れようとするが。しかし、その瞬間。静は光に抱きしめられた。
つないだ手を引き寄せられて、光の腕の中に閉じ込められる。
そのまま光は数歩後ろに下がった。
往来の邪魔にならないように、静に危険がないように、
なるべく道路の左側、歩道側に寄る。
「も、光」
「唇にはせえへんし」
「そ、そういう問題じゃないよ……!」
渋る静にはお構いなく、光は繋いでいない方の手を静の腰に回して、
彼女の身体を自分の方にぐっと引き寄せた。
「ッ!」
鼻先が触れ合いそうなほどに顔を近づけて、光はまるで煽るように言う。
「チューされるん、どこがええ?」
とてもご機嫌な様子だ。そして、明らかにふざけている。
分かりやすく恥ずかしがっている静をからかっている。
「唇以外なら、どこでもしたるよ」
「だ、ダメだよ。離してよ」
「ちえっ、まーしゃーないな」
なぜか恩を着せるようにそう言うと。
光は静の額にキスをして、彼女の腰に回す手を緩めた。
今まで強引に背伸びさせられていた静は、
アスファルトの上に着地して、安堵の表情を浮かべる。
しかし、光は懲りもせず、静の首筋に顔を埋めてきた。
「も、光……」
「ちょっとだけ、こうするだけやから」
その場所に何かされるのかと、静はつい身体を固くしてしまったけれど。
光は本当になにもしなかった。静の匂いを楽しむように、ときおり鼻を鳴らすだけ。
今は人間の姿なのに、まるで猫のような彼に、静の胸に温かなものが込み上げる。
息遣いはくすぐったいし、道端でこんなことをするなんてと思うけど、
すっかりほだされてしまった。
光の言う通り、外でするのってなんだかすごく興奮する。
誰が通りかかるかも分からないこんなところで、
見られてしまうスリルを味わいながらする行為は、恥ずかしいけど気持ちいい。
悔しいから言わないけど。


***

途中で色々としていたら遅くなってしまった。
ようやく静と光はスーパーにたどり着く。
お客さんで賑わう店の前の駐車場で、静は不意に空を見上げると。
「もうすぐ満月なんだって」
漆黒の夜空には少しだけ欠けた丸い月が浮かんでいる。
秋の月はやはり綺麗だ。金色の大きなお月様。しかし、光は興味がなさそうだ。
「……へえ」
「もう、どうでもよさそう!」
光の気のない相槌に静は怒るが。
けれど、光はいつもこんな感じだ。そっけないのはいつものこと。
おおらかな彼女は気にせずに、すぐに話題を進める。
「あ、ねえお団子買う? きっと売り出しになってるよ」
季節のイベントも甘い物も、静はどちらも好きだった。光に明るく尋ねる。
だけど、光は乗り気ではなさそうだ。
「ん…… せやなあ」
「え、だめ?」
不安そうな静に、光は普段通りのそっけない口調で。
「……どうせなら、団子よりぜんざいがええわ」
「ぜんざい?」
「昔猫カフェでお前がよお食っとったあれや。あれがええわ」
懐かしい話題を出されて、静は表情を緩める。
もう何年も昔のことなのに、覚えていてくれたなんて。
「じゃあ、白玉ぜんざいだね」
急に冷え込んできた秋の夜にぴったりの、温かなスイーツ。
汁気のある甘い粒あんに、もちもちの白玉が入ったそれは、
静の家に引き取られるまで光が過ごした猫カフェ『ぜんざい』の看板メニューだった。
様々なトッピングをのせて、寒い時期はホットで、暑い時期はアイスで供されるそれは、
さながら和風パフェといった趣で、静は光に会いに行くたびにそれを注文していた。
けれどそれは、もう五年以上も前の話だ。
「……でも、そんなことよく覚えてたね」
「いつも美味そうに食っとったからな」
まるで何でもないことのように、光はそうつぶやいたけど。
彼の頬は隠しようもないほど熱を帯びていた。
そう、静のことなら。どんな些細なことでも全部覚えている。
光はそれほどまでに彼女のことが好きだった。
それは猫カフェにいた頃から変わらない。光にとって、静はずっと昔から特別だった。
世界中でたった一人の、特別で大好きな女の子。
もう何年も憧れていて、そして諦めていた。
あの春の日、神様に人になれる力を与えてもらうまでは。
「もう、光ってば」
光の分かりやすい照れ隠しに、静は嬉しそうに笑う。
彼女にとっては、世界で一番愛おしいあまのじゃく。
本人ですら記憶が曖昧な昔のことまで覚えているくせに、
まるで大したことじゃないとばかりに強がっている。
静は改めて、光の愛の深さを感じる。
(……その頃から気にしててくれたんだ)
まさに積年の想い。気恥ずかしくも、面はゆい。
(……嬉しいよ、光。ありがとね)
夜風は冷たく、秋らしい気候だけど、静の胸は温かいもので満たされる。
「じゃあ、今日のデザートはぜんざいにしよっか。それから……」
幸せいっぱいの笑顔で、静がそう言った、そのとき。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ