*Shoet DreamU(更新中)*

□【跡部】雨上がり
1ページ/1ページ

イギリスに梅雨はないけれど。ここ数日間降り続いていた雨が止み、
久し振りに太陽がまぶしい姿を現した、ある日のこと。
雨上がりの濡れた緑が輝くお屋敷の庭園を、跡部は恋人の郁と散策していた。
今日の散歩のお目当ては庭のあちこちで咲いているバラだ。
美しく整備された庭園はまさにバラづくしといった様相で、
庭の中央の噴水では水面に浮かべられた花びらが香気を放ち、
アイアン製のアーチには蔓バラが絡みつき沢山の花を咲かせていた。
その蔓バラの一輪に顔を近づけて、芳しい香りを楽しんでいた郁が、
ふと何かを思い出したように口を開く。
「――あ、そういえば」
「どうしたんだよ?」
「今朝、すごく大きな虹が出たんだそうですよ」
「今朝? ……ああ、そういえばそうだったな」
郁に水を向けられて、跡部は思い出す。
今から数時間ほど前の、雨上がりの空に輝く太陽が顔をのぞかせたときのこと。
薄青く澄んだ空に架かる美しい姿を見たのは、一体どれくらいぶりだっただろうか。
しかし、そんな跡部の何の気のない返答に、郁は声を上げる。
「えっ、景吾先輩見たんですか?! いいなあ〜」
もう大学生だというのに。
幼い子供のように羨ましがってくる彼女に、跡部は笑みをこぼす。
「なんだよ、お前は見逃したのかよ」
「そうなんです。部屋で本読んでたら見損ねちゃいました」
しょんぼりと肩を落として、郁は眉を寄せる。
「見たかったなあ……」
見逃してしまったのがよほど残念だったのか、郁はすっかり意気消沈していた。
悲しげなため息を吐く彼女の姿に、跡部は黙り込むが、しかし。
「……おい、郁。だったら――」
彼がおもむろに口を開いた、そのとき。
「――ワンワンッ!」
どこからか犬の吠え声が聞こえてきて、跡部と郁は弾かれたようにそちらを向いた。
「あっ、マルガレーテ!」
満面の笑みを浮かべて、郁が『彼女』に向かって大きく手を振る。
マルガレーテは跡部の飼い犬のアフガンハウンドだ。
金茶の毛並みをなびかせて、跡部と郁めがけて駆けよって来た。
二人のそばまでやってきたマルガレーテは「ワン!」とひと吠えすると、
大きな瞳を輝かせて二人を遊びに誘ってきた。
久しぶりの晴れ間で気持ちが昂ぶっているのか、しっぽを左右にパタパタと振っている。元気いっぱいといった様子だ。
「なんだよ、お前どっから来たんだよ」
「マルガレーテ、遊んで欲しいの?」
「ワンっ!」
そうだよっ、とばかりにマルガレーテはキラキラとした瞳でお返事をする。
そんな彼女に郁は目尻を下げて微笑むと、腰を落として金色の額をよしよしと撫でた。
「もう、可愛いんだから。それじゃあ、向こうで遊ぼっか!」
「ワンっ!」
「あ、景吾先輩も!」
つい先ほどは、あれほどしょんぼりとしていたのに。
もう元気を取り戻した郁に、跡部は苦笑する。仕方がなさそうにつぶやいた。
「……なんだよ、しょうがねえな」

バラ園から少し離れたところにある芝生で、郁はマルガレーテとボールで遊んでいた。
いわゆる『とってこい』だ。郁が投げた小さなボールを、マルガレーテが追いかける。
楽しそうな二人を横目に、跡部はスマホをポケットから取り出すと、
どこかに電話を掛け始めた。
「――おい、俺だ。ミカエル」
相手はお屋敷の執事のようだ。跡部は声をひそめると、彼に何事かを依頼した。
短く要件をまとめると、的確に指示を出していく。 
数分以内の短さで通話を終えると、跡部はおもむろに満足げな笑みを浮かべた。
まるで、とっておきのいたずらを仕掛け終わった子供のような。
「……ま、俺様にかかればこんなもんだろ」
この上もなく楽しげにつぶやくと。彼は何事もなかったかのように、
ボール遊びをしている郁とマルガレーテのもとに向かっていく。

それから数十分後のこと。出し抜けに跡部のスマホが鳴り始めた。
郁と二人でいるときに、彼のスマホが鳴ることはあまりない。
郁は不思議そうに跡部を見上げる。
「お、きたな」
しかし。跡部は嬉しそうに笑うと、郁に断わりも入れずに電話に出た。
「……そうか、手間かけたな。 ……ああ、いいぜ。やってくれ」
意味ありげに、そう答えて通話を終えると。
跡部は郁にちらりと視線を送ってから、出し抜けに空を見上げた。
「――しっかし、今日の空はずいぶんと綺麗なんだな」
「え……?」
彼がそんなことを話題にするなんて珍しい。
郁はつられて自分も空を見上げてしまう。ちょうど跡部が視線を送る、その先を見つめる。
すると、そのとき。
「――えっ、嘘! ちっちゃいヘリコプターだ!」
独特のモーター音とともに、どこからともなく現れたのは小型のヘリだった。
ラジコンヘリよりもずっと大きな農薬散布に使われる無人機で、
下部にタンクのようなものが取り付けてある。
ヘリは跡部と郁の正面の位置までやってくると、中空でホバリングを始めた。
高度を維持したままその場に停止している。
まるで何かを待っているようだ。
状況を理解できずに呆然としている郁に、跡部は改めて声を掛ける。
「よし、お前もしっかり見てろよ」
そして、跡部はおもむろに右腕を上げると、高らかに言い放った。
「――ショータイムの始まりだぜ!!」
フィンガークラップの音が鳴り渡ると同時に。ヘリがひと息に高度を上げた。
ホバリングからの垂直上昇だ。
雨上がりの澄んだ空に、小さな機体があっという間に吸い込まれてゆく。
一体何が起きるのか。郁は固唾を呑んでことの成り行きを見守る。
すると、ヘリの下部のタンクから大量の水が噴霧された。まるで大がかりな霧吹きだ。
元々は農薬散布用だから、こういうことも可能なわけだ。
今は雨が上がったばかりの晴れ間。
薄青い空からは柔らかな太陽の日差しが降り注いでいて。
「――わあ、虹だ!」
「ワンワンっ!」
跡部邸の空に七色の美しい虹が架かる。
本物と比べたら小さいけど、本物以上に美しい人工の虹。
雨上がりの空に、跡部が郁のために架けてくれた光の橋。
『虹が見たい』だなんてメルヘンな願い事を叶えてもらえるなんて思わなかった、
郁は喜びと興奮に頬を染める。
「すごい…… こんなことってできるんですね……」
感嘆に息を吐く彼女の隣で、跡部は得意げに胸を張る。
「――俺様に不可能なんてねぇんだよ」
まるで歴史上の英雄のような台詞だ。けれど、跡部になら似合ってしまう。
「も、いつもそんなことばっかり……!」
彼の軽口に郁は呆れるが、とても喜んでいる様子だ。
叶いっこないと諦めていた願い事を、大好きな跡部が叶えてくれたのだ。
嬉しいに決まっている。
いつも格好よくて出来ないことなんてない、完全無欠の王子様。
そんな跡部に、郁は改めて惚れ直してしまう。
「……景吾先輩、ありがとうございます」
「礼には及ばねえんだよ」
頬を染めてはにかむ郁に自信に満ちた笑みで応えると、跡部は彼女の肩を抱く。
ひとときの間、二人は身体を寄せ合って屋敷の空に架かる虹を見上げた。
淡く優しい七色の光はすぐに消えてしまうけど、
この雨上がりのロマンチックな思い出を、郁が忘れることはないだろう。
けれど、それは跡部も同様だ。郁との思い出は全て、跡部にとっては永遠に輝く宝物。
二人の足元のマルガレーテも、そんな仲睦まじい跡部と郁を、幸せそうに見つめていた。
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ