*Shoet DreamU(更新中)*

□【謙也】二枚目半の王子様
1ページ/2ページ

本日最後の授業を終えて。謙也はテニスコートに向かっていた。
大学生になった今でも続けているテニス。
もちろん謙也が入っているのは華やかなインカレサークルではなく、
中高時代とほとんど変わらない『テニス部』だ。
ほぼ男だけの環境で真面目にスポーツに取り組む、楽しくも武骨な部活動。
今日もまた授業が終わるや否やジャージに着替えて、謙也はラケットを手に駆けてゆく。
練習が始まるまでまだ時間はあるけれど、これはもう癖のようなものだ。
早くコートに立ちたくて、必要もないのに急いでしまう。けれど、その途中。
「――何これ、面白すぎるよ!」
風に乗って聞こえてきた覚えのある明るい声に、謙也は足を止める。
声の主を見やると、予想通り自分の彼女の郁だった。
しかし、彼女は男と一緒だった。
といっても、相手は二人の共通の知人である白石蔵ノ介。何もおかしなことはない。
学部は違うけど同じ大学で、同じテニス部のチームメイト。
そんな白石もまた、コートに向かう途中のようで、ジャージ姿でラケットを小脇に抱えている。
まだ、部活が始まるまでは時間があった。だからなのだろうか。
白石は楽しそうに手の中のスマホを郁に見せていた。
女子と絡むのは基本的にあまり好きではない白石が、そんなことをしているのは珍しい。
相手が友人の恋人で顔見知りとはいえ、彼らしくない行動だ。しかも。
(何や、あの笑顔……)
スマホの画面に、何が表示されているのかは分からないけど。
白石は謙也でもあまり見たことがないほどに、屈託なく、心から楽しそうに笑っていた。
パーフェクトなイケメンらしい、あまりにも爽やかな笑顔。
漫画ならきっと背景に花とキラキラのエフェクトが舞っている。
白い歯をのぞかせた輝く笑顔は、まるで少女漫画のヒーローか、あるいは。
(歯磨き粉の宣伝かっちゅーねん……)
心の中で、謙也はそうぼやく。
中高時代を含めればもう十年来の付き合い。だからこそ分かる。
白石のあの表情はごく限られた、心を許した相手にしか見せないものだ。
けれど、それは郁の方も同じだった。
普段は大人しい彼女なのに、今は白石のスマホの画面を覗き込みながら、両手を口元にやって大笑いしている。
甲高い笑い声が少し離れた場所にいる謙也の耳にまで届くほどで、まさに大爆笑という表現がぴったりの。
いつのまにそんな仲良しに。というか、そもそも何で、二人してそんなに楽しそうにしているのか。
気になった謙也は、二人に声を掛けようとするが。
「――おい、ケンヤ! 何ぼさっとしとんねん、早よ来いや!」
しかし、真の悪いことに謙也は部の先輩に呼ばれてしまう。
練習開始まで時間はあるけど。ここは関西の大学で、通っている学生もそのあたり出身の人が多め。
謙也に声を掛けてきた先輩もせっかちで有名な人だった。待たせるわけにはいかない。
「あッ、すいません」
謙也は軽く謝って、急いで先輩の方へと向かった。

ナイター設備のないコートでは、練習は日没前に終わる。
「――お、ケンヤ。お疲れさん」
「ッ、白石」
「今日も練習キツかったな〜」
「お、おう…」
その日の練習を終えてすぐ。白石が声を掛けてきた。
しかし。先ほどのことが尾を引いていた謙也は、つい歯切れの悪い返事をしてしまう。
けれど。白石はあっけらかんとした様子で、そのことに触れてきた。
「あ、さっき郁ちゃんと会うたで」
名前を出されて、謙也は僅かに肩を震わせる。
部活中は集中していて忘れていたけど、それでも気になっていたこと。
白石の方から口にしてくれたのはありがたかった。
「意外と明るいし、さっぱりしとって話しやすいエエ子やな。お前が選ぶん分かるわ」
「……ッ、当たり前やろ」
愛しの彼女を褒めてもらったというのに少しも喜べないのは、相手が白石だからだろうか。
中高と大学まで一緒の長年の友人。友達はみんな大事だし自慢だけど、中でも白石は特別だ。
男の自分から見てもカッコいいし尊敬できる、
まるで少女漫画の王子様のような、非の打ちどころのない出来た男。
『――ごめんなさい、謙也くん。私ね、白石くんが好きなの』
そう、彼になら。自分が敵わなくても仕方がないと思えるくらいに。


***

「――……くん、謙也くん!」
「ッ!」
鼻にかかった甘い声で呼びかけられて、謙也はハッと我に返る。
「……もう、何度も呼んだのに。デザートにプリン食べる?」
キッチンの方からそう尋ねてくるのは、もちろん郁だ。
自宅マンションのリビング。眼前にはバラエティ番組の点いたテレビ。
謙也は雑念を振り払うように小さくかぶりを振る。今までのことを回想した。
あれからすぐに白石と別れて、家に帰ってシャワーを浴びて。謙也は約束していた郁を迎えたのだった。
そして、一緒に晩御飯を食べたあと。部活の疲れからか、ソファーに座ったままぼんやりとしていたようだ。
「プリン……」
口の中で彼女からの問いかけを反芻して。
「……いや、俺はええで」
謙也はそう断った。甘いものは嫌いじゃないから、普段は一緒に食べるんだけど。
今はそんな気分になれない。何となく胃が重かった。
「そっか。じゃあ私食べよっと」
しかし、郁はそう呟くと自分の分だけ持ってきた。
このプリンは謙也のマンションに来るときに、彼女がわざわざ持ってきてくれたもの。
美味しいと評判の、彼女の好物だった。
スリッパのぱたぱたという足音を立てて。
キッチンから戻ってきた郁は、プリンとスプーンを手に持って謙也の隣に腰を下ろした。
いたくご機嫌な様子で食べ始める。
その様子が何となく気になって、謙也は郁の方を見た。
「…………」
幸せそうに大好きなスイーツを食べている、可愛い横顔。
ずっと眺めていたいと思いながら、しかし謙也はすぐに正面のテレビに視線を戻す。
――郁の笑顔が好きだ。
甘えて拗ねたり、空気を読まずにセクハラしようとしたら怒ったりとか、そういう他の表情も好きだけど。
自分にとって一番なのはやっぱり笑顔だ。だからこそ、今日の白石との一件が気になって仕方がない。
あのときの彼女の姿が、謙也の脳裏に蘇る。
白石まで郁を好きになるんじゃないかとか、らしくないことを心配したくらいの可愛い笑顔。
あんな表情を、自分の前で見せてくれたことなんて一度もなかった。
それに、普段は女子と距離を置いている白石が楽しそうにしていたのも、気がかりだった。
けれど、どんなに気になっていても、謙也は切り出せない。
意味もなく流しているバラエティ番組を眺めながら悶々とする。
ちょうどテレビの画面では、ドラマの番宣で出ていた女優さんの笑顔が、抜かれて大写しになっていた。
同世代の、整った容姿の綺麗な子。
けれど気さくな子のようで、芸人の身体を張ったギャグに、口元に両手をやって大笑いしていた。
元々が綺麗な人だから、笑顔は極上の可愛らしさだ。
自分のような単純な男なら、コロッと好きになってしまいそうなくらいの愛くるしさ。
白石といたときの郁もあんなふうに笑っていた。
訊かないつもりだったのに。こらえ性のない謙也は、気がつくと尋ねてしまっていた。
「……今日の帰り、白石と何話しとったん?」
その瞬間、郁はゴホッと盛大にむせた。
「っ、平気か!?」
あまりにも大げさなその反応に、謙也は慌てて郁の背中をさすってやる。
「ゴホゴホ、べっ、別になんでもないよ!?」
食べていたプリンをテーブルの上に置いて、郁は咳き込みながらも、焦って言い訳をする。
しかし、そのリアクションはどう見てもおかしい。
これはフリなのか、ツッコミ待ちなのかというくらいのコテコテさ。
明らかに何でもなくはない。ギャグなのかこれは笑うところなのか。
けれど、謙也は笑えなかった。
心が狭いと言われようとも、いつものように笑って流すことができなかった。
「…ちょい待ち、何やそのリアクションは」
低い声で、郁の腕を掴む。
(つか、アイツより俺のが絶対オモロイやろ……!!)
心の内で、謙也は妙な対抗意識に燃えていた。コテコテの関西人。お笑いの血が騒ぐ。
けれど郁はあからさまに、彼から逃げようとする。
「あっ、わ、私、食器洗ってくるよ! 謙也くんテレビでも見てて待って…」
「あとでええわそんなん! 逃がさへんで!」
けれど、当然謙也は逃がさない。郁を自分の腕の中に引き寄せて、足の間に座らせた。
彼女の胸の下に腕を回して、背後からギュッと抱きしめる。彼女の頭上に自分の顎を乗せた。
こうなったら意地だ。絶対に聞き出してやる。
「ちょっ、も、なんでそんなムキに……」
しかし、熱心に迫られても。やはり郁は話したくないようだ。
困ったような様子で、自分の腹部に回された謙也の腕に、小さな手のひらを重ねた。
過剰なスキンシップに何となく恥ずかしそうにしている。
けれど、謙也はそんな彼女に無意味に凄んだ。
「あいにく待つのは苦手なんや。ほら、ちゃんと話してもらうで!」
「だから、何でもないってば」
「何でもないなら、とっとと話したらええやん!」
二人とも大学生なのに、まるで子供のケンカのようだ。
ムキになった謙也が子供じみたことをしているせいなんだけど。
郁はそんな彼をなんとか宥めようとするが。
「べ、別にわざわざ聞く必要ない話だよ、ほら、ただの…… そう、無駄話だから!」
最後、うっかりドジを踏んでしまう。無駄という言葉は件の完璧王子の口癖だった。
「ッ! 俺にとっては無駄やあらへん!」
彼のことを思い出し、謙也はつい過剰に反応してしまう。そして。
「つか、いつまでも話さん悪い子ォはこうやで!」
なぜか、郁の脇腹をこちょこちょし始めた。
くさっても関西人。ギャグめいたことしかしないのは、もはやポリシーのようなものだ。
「アハハ、もッ、やめてよ、謙也く……」
目尻に涙を浮かべて笑いながら、郁は身体をひねって謙也の腕から抜け出そうとする。
けれど、謙也はもちろん逃がさない。ギュウギュウと郁を抱きしめながら、飽きもせず彼女をくすぐっていた。
しかし。そんなことをしながらも、謙也は郁の表情が見えないことを残念に思う。
今の姿勢では、後頭部や横顔しか見えないのだ。それに。
(つか、今まで付き合っとって、こいつが一番笑うとるの今やないん……?)
気づきたくなかったことに気がついてしまい、ふと謙也は真顔になる。
(くすぐって笑かしとるだけなんやけど……)
形容しがたい寂しい気持ちに襲われた。
郁の恋人は自分なのに。男友達の白石に出来ていることが、自分はできない。
「も… ちょっと… ダメ…だって…」
けれど、爆笑の合間に、タイミングよく郁がダメと言ってきた。
ちょうどそれが合図になった。謙也は郁をくすぐるのをやめて腕を緩める。
それをいいことに、郁は今がチャンスとばかりに、謙也の方を振り返った。
上気した頬に、しっとりと濡れて潤んだ瞳。さっきまで笑っていたせいだろう。
そんな彼女が謙也の頬にそっと片手を添える。そのまま、郁は謙也にキスをしてきた。
あまりない、彼女の方からのキス。
郁が何を考えているのかは分からないけど、謙也はついそれを受け入れてしまう。
柔らかくて温かな、あまりにも幸せなこの感触。拒める男なんて。
(おらへんやろ……)
口づけの合間に、郁は身体ごと謙也に向き直ると。今度は胸のふくらみを押しつけてきた。
謙也の両肩に手を置いて、伸び上がるようにキスをしながらのその行為。珍しく積極的で大胆だ。
テクニック自体は使い古されたベタなもの。けれど、謙也への効果は抜群だった。
単細胞な彼の脳内から、当初の目的が追い出される。
ああ、やっぱり女子は最高だ。何にも代えがたいこの温かさと柔らかさ。
甘すぎる心地よさに浸りながら、謙也は郁の背中に腕を回す。先ほどとは違い、そっと優しく。
(ほんまに、ずっとこうしてたいわ……)
謙也が能天気にそう感動していると、おもむろに唇が離された。
愛しの彼女はまたも自分を至近距離から見つめてくる。
大きな瞳は相変わらず濡れていて、頬は淡く色づいていて、
呼吸だってわずかに荒くて、薄く開かれた唇は誘うような色っぽさで。
可愛い。本当に可愛い。
謙也が見惚れていると、郁は嬉しそうなはにかみ笑顔を浮かべた。そして。
「……それじゃ、お風呂の支度してくるね」
さりげなく立ち上がろうとする。が。
「――ちょい待ち! めっちゃときめいたけど誤魔化されへんで!」
謙也はハッと我に返る。
色仕掛けで逃亡を図ろうとした可憐な容疑者の腕を掴んで、自分のもとに引き寄せた。
「え〜 ダメなの……」
謙也の腕の中に再び閉じ込められた郁は、あからさまに不満そうだ。
明らかに企みが失敗したのを残念に思っている様子。
「って、やっぱ誤魔化す気ィやったんかい!」
郁の発言に謙也はちょっとだけ声を荒らげる。当前だ。
しかし、謙也は一瞬だけ何かを考えるようなそぶりをすると。
「……そんな悪い子ォはお巡りさんが署まで連行や!」
「え、キャッ!!」
ソファーから立ち上がると同時に、郁を軽々と担ぎ上げた。
まるで米俵でも運ぶかのように、ひょいっと肩に乗せる。
さすが大学生になったいまでも現役のテニス部。鍛えた身体は飾りじゃない。
「お姫様だっこじゃないの……」
突然抱き上げられたことへの驚きよりも米俵扱いが不満なのか、郁は拗ねた様子で呟く。
けれど、そんな彼女をスルーして。謙也は郁を担いだまま寝室へと向かった。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ